tkmov(バイクとローカル線と)

バイクでローカル線を巡るという、少し変なブログ

若桜線:隼駅 (はやぶさ)

(因幡船岡) - 隼 - (安部) (訪問日: 2017/04/16) いわずとしれたハヤブサの駅。8月のイベントでは数百台のハヤブサが集まるそうで、きっと付近の道路はワンメイクレースみたいになるんだろうかとか、迷惑じゃなかろうかとか、逆に心配になってしまいます。(…

若桜線:安部駅 (あべ)

(隼) - 安部 - (八東) (訪問日: 2017/04/16) 八東駅から線路沿いの県道を進んで、次の集落の日下部にある安部駅に。集落と違う駅名になった由来は Wikipediaをご参照を。 県道を北に右折して踏切を渡ったところが安部駅。駅前スペースには駐車場が10~15台程…

若桜線:八東駅 (はっとう)

(安部) - 八東 - (徳丸) (訪問日: 2017/04/16) 徳丸駅からは八東側左岸に移って県道6号で八東駅へ。八頭町にある八東駅・・・ややこしい。*1 駅舎とプラットホームは登録有形文化財、車寄せにはなぜか注連縄。無人駅の委託販売ですが、訪れた日曜日は営業し…

若桜線:徳丸駅 (とくまる)

(八東) - 徳丸 - (丹比) (訪問日: 2017/04/16) 丹比駅から西へ約2km、若桜線が八東側の右岸から左岸へ渡る所に徳丸駅があります。ここまでの東は若桜線の沿線は国道29号でしたが、ここから西は県道6号の旧道になります。 国道側からのぞむ、田んぼの中の徳丸…

若桜線:丹比駅 (たんぴ)

(徳丸) - 丹比 - (若桜) (訪問日: 2017/04/16) 若桜駅は山間の駅でしたが、丹比駅*1まで下ってくると鳥取に続く平野に出てきます。ここから西は八東町八頭町*2ですし駅周辺の雰囲気も少し変わります。訪問時、日曜昼間ですが乗降客が数人あり。国道から少し…

若桜線:若桜駅 (わかさ)

(丹比) - 若桜 (訪問日: 2017/04/16) 因美線から分岐して次は若桜線。訪れたのは桜の季節でしたが、約1月後れの投稿です。 因美線から若桜線に入るには郡家駅で分岐ですが、バイクで行くには河原駅まえの県道を通ってバイパス、とりあえず終点の若桜駅まで国…

若桜線:駅名

若桜鉄道 若桜線の駅名リスト郡家 - 八頭高校前 - (因幡船岡) - (隼) - (安部)(八東) - (徳丸) - (丹比) - (若桜)その他の記事

因美線:沿線-物見峠

(那岐) - 物見峠 - (美作河井) (訪問日: 2017/04/16) 因美線は岡山-鳥取県境を2kmくらいのトンネルで抜けるので、並走の県道6号で物見峠を越えて鳥取県へ。すでに4月も半ば過ぎで3シーズンジャケットも暑い天気の中、峠の道端には残雪あり、春遅い山道です…

因美線:美作河井駅 (みまさかかわい)

(那岐) - 美作河井 - (知和) (訪問日: 2017/04/16) 津山から加茂川沿いに山道を詰めていって、峠手前の岡山側最後の河井駅です。県道から川向こうに渡り、右に折れて登り坂を少し登ったところの駅舎とその奥の保線スペース。この構図は備後落合駅や下久野駅…

北松江線:沿線 屋根瓦

沿線:屋根瓦観察 出雲地方では、屋根の棟が少しそっている家が散見されます。もう少し南の広島に近い山間部は棟の妻側や軒先に鯱を載せているのですが、宍道湖に近づくと鯱がなくなる代わりに棟の両側が少し持ち上がります。 こちらは、棟瓦の積み方の工夫…

北松江線:布崎駅 (ぬのざき)

(雲州平田) - 布崎 - (湖遊館新) (訪問日: 2017/05/01) 布崎駅に行くにはR431から平田船川沿いに南に折れて旧道に入るのですが、なかなか交通量の多い国道で曲がり角は分かり難い。何度か行き過ぎてしまい、結局国道から一本南の旧道の橋を渡って布崎駅にた…

北松江線:園駅 (その)

(湖遊館新駅) - 園 - (一畑口) (訪問日: 2017/05/01) 出雲方面から平野の中を抜けてきた北松江線ですが、園駅からは宍道湖沿岸に沿って国道431と並走するようになります。 園駅は国道沿いの倉庫のような駅舎(というか待合室)。39年前は有人駅だったとの事で…

北松江線:沿線 一畑薬師

一畑薬師 (訪問日:2017/05/01) 一畑口から北上して、一畑電車(電鉄)の名前の由来になった一畑薬師へ向かいます。県道23号を1km程進んでから看板に従って左折、西側の山上へ上ると一畑薬師になります。広い駐車場にバイクを停めて、本堂までは徒歩で約20分。 …

北松江線:一畑口駅 (いちばたぐち)

(園) - 一畑口 - (伊野灘) (訪問日: 2017/05/01) 平田からここまでR431で線路と並走してきますが、線路は一畑口にむけて道路を置いてけぼりにして急カーブで北上します。北松江線はあまり道路や集落にお構いなしにルート取りする印象です。(まあ、道路の方も…

呉線:水尻駅 (みずしり)

(小屋浦) - 水尻 - (坂) (訪問日: 2017/05/20) 海岸の国道31号沿い、入江の小さな平地にはまり込むように水尻駅が建っています。海岸にはベイサイドビーチ坂という人工海岸があって、水尻駅は、ほぼここ専用みたいな感じです。夏になると海水浴客が浮き輪を…

北松江線:雲州平田駅 (うんしゅうひらた)

(旅伏) - 雲州平田 - (布崎) (訪問日: 2017/05/01) 平田の中心部(といっても学校や旧市街は国道の北側だけど)、一畑電車の本社のある雲州平田駅です。平田市が出雲市と合併した時に、平田市駅から今の駅名に戻したとの事ですが、何で「雲州」とつけないとい…

北松江線:旅伏駅 (たぶし)

(美談) - 旅伏 - (雲州平田) (訪問日: 2015/05/01) 出雲方面から線路をたどってきて、平田市街の手前にある旅伏駅。R431脇の古びた軽四駆が停まるレトロな事務所の角を曲がった先にあります。 駅前は広場になっていて、駐車場5台分の区画、屋根付き駐輪場が…

北松江線:美談駅 (みだみ)

(大寺) - 美談 - (旅伏) (訪問日: 2017/05/01) 大寺からはR431と線路が田の中を並走し、美談神社を過ぎた集落の中に美談駅があります。美談は「御田を見る」といういみで「三太三」と書いたのを、例の好字二字に揃えた通達で変えたとの事。こういう郷名まで…

北松江線:大寺駅 (おおてら)

(川跡) - 大寺 - (美談) (訪問日: 2017/05/01) 川跡駅から北松江線は斐伊川に沿って北東へ、宍道湖北岸を目指します。線路は相変わらず田の畦道を斜めに横切って直進するので、北を並走するR431からのアプローチになります。駅自体は田んぼの真ん中にあるの…

北松江線:川跡駅 (かわと)

(武志) - 川跡 - (大寺) (訪問日: 2017/05/01) 大社線との分岐駅、川跡駅です。分岐駅とはいっても周辺は農地の中に学校が点在するだけで、特に店舗、住宅街があるわけではありません。 駅舎前のロータリーとかに駐車場が約10台分、駐輪場は屋根付、トイレは…

北松江線:武志駅 (たけし)

(大津町) - 武志 - (川跡) (訪問日: 2017/05/01) 北松江線は大津町駅から川跡駅にかけて、出雲平野を南から北に横切ってゆきます。別の言い方をすれば斐伊川に沿って宍道湖岸へ向かう訳ですが、平野部の真ん中に武志駅があります。線路は農地や道路とは無関…

北松江線:大津町駅 (おおつまち)

(出雲科学館パークタウン前) - 大津町 - (武志) (訪問日: 2017/05/01) バタデンの北松江線は出雲科学館パークタウン前駅から山陰本線と分かれ、おおむね斐伊川に沿って宍道湖北岸に向かいます。線路が斐伊川手前で北へカーブするところ、古い街並みの中に大…

北松江線:出雲科学館パークタウン前駅 (いずもかがくかんぱーくたうんまえ)

(電鉄出雲市) - 出雲科学館パークタウン前 - (大津町) (訪問日: 2017/05/01) 北の大津町駅から来た松江北線が西にカーブして、丘陵をかすめて今市の平地へ高架で出るところにあるのが、出雲科学館パークタウン前駅。(一畑電鉄の駅名は長い) 線路わきの歩道と…

山陰本線:出雲市駅 (いずもし)

(直江) - 出雲市 - (西出雲) (訪問日: 2017/05/01) 直江駅から国道184号で斐伊川を越えたところで国道から分かれ、北松江線の大津町駅の横から掘割に沿った旧街道を通れば、今市市街とその奥にある出雲市駅に出ます。 出雲市駅に向かう途中の掘割と街道筋 と…

山陰本線:直江駅 (なおえ)

(荘原) - 直江 - (出雲市) (訪問日: 2017/05/01) 斐伊川の東側、少し丘陵が張り出して線路が迂回して回り込んでいるところに直江駅があります。駅前には出雲に続く旧道が通っていますが、食堂とかの店舗はあまり見当たりません。 街道から少し入った広場の奥…

北松江線:出雲市駅 (いずもし)

電鉄出雲市 - (出雲科学館パークタウン前) (訪問日: 2017/05/01) GWになっても少々肌寒い天気の中、出雲方面に出発。出雲といえば出雲大社がメジャーですが、今回は一畑電車の名前の由来となった一畑薬師を目指します。(あ~、まだ若桜線の記事もアップしてい…

北松江線 駅名

一畑電鉄 北松江線の駅名リスト (電鉄出雲市) - (出雲科学館パークタウン前) - (大津町) - (武志) - (川跡)(大寺) - (美談) - (旅伏) - (雲州平田) - (布崎)湖遊館新 - (園) - (一畑口) - 伊野灘 - 津ノ森高ノ宮 - 松江フォーゲルパーク - 秋鹿町 - 長江 - …

因美線:知和駅 (ちわ)

(美作河井) - 知和 - (美作加茂) (訪問日: 2017/04/16) 加茂町の盆地から県境へ向けて川沿いに進む中、県道から川を渡った先が知和駅です。訪れた日はちょうど町内マラソン大会の日で、知和駅前も選手運搬車(自動車学校の練習車ですけど)の待機場になってい…

因美線:美作加茂駅 (みまさかかも)

(知和) - 美作加茂 - (三浦) (訪問日: 2017/04/16) 津山から加茂川沿いに因幡に抜ける街道の途中、旧加茂町の中心地にある美濃加茂駅です。県道6号から分かれた旧道沿いに駅舎があります。 駅舎は待合室の上に六角形の小ドームがついた木造平屋で、10年余前…

因美線:三浦駅 (みうら)

(美作加茂) - 三浦 - (美作滝尾) (訪問日: 2017/04/16) 津山盆地と加茂町の集落の間、加茂川に両側から山が迫る隘路に三浦駅があります。山際なので線路は県道から一段高い集落の中にあり、県道から分かれた旧道で一度斜面を登り、坂を下った先にホームへの…

因美線:美作滝尾駅 (みまさかたきお)

(三浦) - 美作滝尾 - (高野) (訪問日: 2017/04/16) 高尾駅を過ぎると因美線はR53から離れて加茂川に沿って北上し、物見峠を目指します。そして津山盆地がきれて加茂川が山を刻む直前に、美作滝尾駅があります。 滝尾駅は昔の風情を良く残した無人駅で、登録…

因美線:沿線-屋根瓦

因美線沿線 (訪問日:2017/04/16) 前から旅先では屋根棟端の飾り瓦(いわゆる鯱)を観察していますが、因美線の岡山側には、広島加茂盆地と同じようなりっぱな鯱を付けた家がいくつか見られます。こちらの特徴は皆黒瓦であること、羽飾りタイプが半分くらいを占…

因美線:高野駅(たかの)

(美作滝野) - 高野- (東津山) (訪問日: 2017/04/16) 高野駅から県道345、R53で北上して加茂川にぶつかる所に高野駅があります。駅舎はきれいな赤瓦葺き、舎内は無人駅で券売窓口は板で閉鎖されています。券売機、自販機は無し。駅前津山側に10台程度止められ…

因美線:東津山駅(ひがしつやま)

(高野) - 東津山 - (津山) (訪問日: 2017/04/16) 春の嵐のすきをついて、昨年行きそびれた若桜線と因美線の残りを走ってきました。 まずは津山駅の隣、東津山駅。国道53号に面して結構街中にあります。駅前の駐輪場は自転車で一杯なので隣の大型書店の駐車場…

呉線:川原石駅(かわらいし)

(呉) - 川原石 - (吉浦) (訪問日:2017/03/19) 呉市街地から西進して海岸通りのR31から1本山側に入った旧道から川原石駅にアプローチ。旧道から線路が見えたので、いつものとおり勘で入ってみたけど、階段道なのでバイクを置いて線路沿いに広島方向に向けて歩…

樽見線:沿線-旧谷汲駅

(谷汲) - 長瀬 (訪問日:2016/10/02) 谷汲口駅から西に、揖斐川とR303へ抜ける県道40沿いにある、旧谷汲線谷汲駅へ寄り道。谷汲線は2001年に廃線になってますが、今でも県道沿いには軌道跡の盛土が見られます。 駅舎ホーム跡には往時の列車が静態保存されてい…

樽見線:谷汲口駅 (たにぐみぐち)

(木知原) - 谷汲口 - (神海) (訪問日: 2016/10/02) 神海駅付近で樽見線は左岸へ渡ってしまいますが、県道255は一貫して右岸をたどりますので、県道沿いにバイクを走らせた結果、今回は神海駅に行きそびれてしまいました。 下の写真は県道から谷汲口駅へ入る…

樽見線:高科駅 (たかしな)

(神海) - 高科 - (鍋原) (訪問日: 2016/0/10/02) 県道255は根尾川右岸をたどる一方、樽見線は根尾川を渡りながら両岸を通ります。鍋原駅は県道と反対側でしたが、高科駅は県道と同じ右岸側。鍋原駅の方からくると根雨川沿いの山道から急に平地集落に出たとこ…

樽見線:鍋原駅 (なべら)

(高科) - 鍋原 - (日当) (訪問日: 2016/10/02) 日当駅から鍋原駅まで、樽見線は蛇行する根尾川を串刺すように直進しますが、旧道は根尾川右岸を山越えしながら川沿いをたどります。 日当駅で渡河したら直ぐ峠越えでこんな道。 根尾川右岸の県道255からは一度…

可部線:大町駅 (おおまち)

(古市橋) - 大町 - (緑井) (訪問日: 2016/12/25) 古市橋から大町を経て緑井まで、安川が太田川に流れ込むあたりは旧国道は可部線は並走する道路もなく住宅地の中を横切って進みます。昔は安川沿いの田畑の中だったと思いますが。今はモノレールのアストラム…

樽見線:日当駅 (ひなた)

(鍋原) - 日当 - (高尾) (訪問日: 2016/10/02) 金原ダムからR157で本巣方向に移動、梶尾川を渡る所で旧道へ入って川沿いに日当駅へ。駅は旧道から更に脇道の坂を下ったところにあります。駅看板は入口の道路に、写真に見えるのはホーム上の待合室の屋根。無…

樽見線:高尾駅 (たかお)

(日当) - 高尾 - (水鳥) (訪問日: 2016/10/02) 根尾川右岸(西側)を樽見線に沿って県道255で南下して高尾駅へ。近くにはキャンプ場もあって、自転車ツーリングの人もチラホラ。 下は高尾駅入口付近の県道255。国道157に比べ、民家や寺社、駅もある所を見ると…

樽見線:水鳥駅 (みどり)

(高尾) - 水鳥 - (樽見) (訪問日: 2016/10/02) 樽見駅から南下して途中から県道255で線路沿いに走って水鳥駅に到着。写真は県道255に入る直前のR157と樽見線橋脚。(といっても、どうしても車載カメラのシャッターが遅れ気味で橋脚がフレームアウトしてしまう…

樽見線:樽見駅 (たるみ)

(水鳥) - 樽見 (訪問日: 2016/10/02) 木知原駅から山間部に入りますが、国道172は写真の様にバイパス化されていて快走。一旦この国道で樽見駅まで入って、そこから旧道を戻ってくることにしました。(ここから福井に抜けて九頭竜線沿いを走るというのも頭をよ…

樽見線:木知原駅 (こちぼら)

(綾部) - 木知原 - (谷汲口) (訪問日: 2016/10/02) 樽見線を南からたどってきましたが、ちょっと時間が無かったので本巣中心部をパスして濃尾平野の北端、木知原駅まで移動。ところで「こちぼら」は初見では読めないなあ。 本巣は富有柿発祥の地との事で沿道…

樽見線:北方真桑駅 (きたがたまくわ)

(美江寺) - 北方真桑 - (モレラ岐阜) (訪問日: 2016/10/02) 瑞穂市の美江寺駅を過ぎて北方真桑駅へ行くと、そこは本巣市の真桑。マクワウリの名前がここからとられたというのは知りませんでした。でも沿道で目に付くのは「富有柿の里」という案内ばかりです…

樽見線:美江寺駅 (みえじ)

(十九条) - 美江寺 - (北方真桑) (訪問日: 2016/10/02) 十九条駅から美江寺駅にかけて、碁盤目状の道路に並行してはしる樽見線の線路沿いに走れそうに見えながら、用水路の行き止まり等のために線路から離れて県道171まで迂回しなければならない。という点で…

樽見線:十九条駅 (じゅうくじょう)

(横屋) - 十九条 - (美江寺) (訪問日: 2016/10/02) このあたり、輪中の田の間を碁盤目状の道路が走っているので走りやすいかと思いきや、道路が用水路や堤防で途切れていたり、一方通行になっていたりと、目検討で走ると全然目的地にたどり着けません。横屋…

山陽本線:向洋駅 (むかいなだ)

(海田市) - 向洋 - (天神側) (訪問日: 2016/11/20) 広島から山陽本線沿いの県道164は、自動車関連の工場がひしめく交通量の多い生活道。その工場の元締めのようなかんじでマツダ本社が建っている前の交差点を横に入ると向洋駅です。 写真左に見えるのがマツ…

樽見線:横屋駅 (よこや)

(東大垣) - 横屋 - (十九条) (訪問日; 2016/10/02) 大垣は揖斐川の西側ですが、樽見線のほとんどは揖斐川の東側なので、東大垣駅と横屋駅の間で揖斐川を越えることになります。東大垣から揖斐川を渡るには樽見線、東海道本線の南に出てから国道21号が近いの…