tkmov(バイクとローカル線と)

バイクでローカル線を巡るという、少し変なブログ。訪問駅のリストは、カテゴリ「事務連絡」の中の「駅名リストのリスト」から辿る事が出来ます。

このBLOGについて

バイクでローカル線をめぐるという、少し変なブログ。鉄分がほぼゼロなので、鉄道趣味的なものは期待しないでください。やってみると駅探訪になってしまいそうですが、あくまでローカル「道」を走るという事が主眼ですから。

訪問後に記事を順次アップするので、記事日付と訪問日はバラバラですし、データベースとして使用しているので後から情報を追記・修正することもあります。訪問した駅名リストは、カテゴリ「駅名リスト」から参照できます

駅名リストのリスト - tkmov(バイクとローカル線と)

 

宇部線:岩鼻駅 (いわはな)

(居能) - 岩鼻 - (宇部)                        (訪問日: 2021/05/08)

宇部駅山陽本線から分岐して宇部線岩鼻駅へ。宇部線は街路と無関係に走るので、少し離れた県道29で厚東川の向こうの岩鼻駅へ走ります。地図で見た琴川橋を渡ろうとすると通行止め。

f:id:tkmov:20210509180310j:plain
この時はしようがないので南の厚東川大橋を通りましたが、すぐ上流に新琴川橋が宇部線のすぐそばに出来てました。下は帰りに撮った新琴川橋と新川方面へ行く列車。いずれにせよ、古い地図を使ってはいけませんな。
f:id:tkmov:20210509180609j:plain

で、南側の宇部市街地から寄っていくと、こういう狭い道しかないという。

f:id:tkmov:20210509181259j:plain

岩鼻駅は山沿いの住宅地にあり、線路も道路からは見えにくいので、入口が分かりません。行きつ戻りつして最初に見たのは階段で登ってゆく道(下の写真の自転車が停めてあるところを入って、白い手すりの階段を上った所が駅)。駅舎がまた、普通の民家にしか見えない。
f:id:tkmov:20210509181927j:plain

下の写真が、たぶん普通の入口。
f:id:tkmov:20210509182136j:plain

で、もう一つ南側にある入口にバイクを入れたんですが、これが完全に裏道の生活道で、これ以上入れないので歩いて駅に行くことになってしまいました。勘で走っているので、いつもこんな調子。それと、住宅街の裏の生活道の奥にあるアプローチの感じは、山田線の山岸駅に似てます。
f:id:tkmov:20210509182738j:plain

f:id:tkmov:20210509183140j:plain

岩鼻駅は斜面上に線路に隣接して木造駅舎が建つ無人駅。駐車場は無く、駅への斜道脇は一列の駐輪場でタイヤ止め整備(約50台分)。なので自動二輪車を停めるスペースがありません。仮にタイヤ止めの隙間に入れたとしても、この向き(坂上に対して前輪を右に振った停め方)は、左サイドスタンドのバイクにとってはかなり不安定で、この向きには停めたくないものです。

f:id:tkmov:20210509183435j:plain

f:id:tkmov:20210509183308j:plain

駅舎は木造トタン葺きで待合室には券売機(ICOCA非対応)を設置、改札機はなし。時節柄、3密防止のポスターもあります。トイレは駅舎とは別棟でホーム内に設置。
f:id:tkmov:20210509184842j:plain

f:id:tkmov:20210509184846j:plain

f:id:tkmov:20210509185219j:plain


ホームは相対式で2面2線、駅舎の部分が1段低くなっていますが、それも含めて128歩。対向ホームとは跨線橋で連絡されています。

下の写真は順に、跨線橋から見た宇部方面、居能方面、ホームから見た宇部方面、居能方面。
f:id:tkmov:20210509185658j:plain

f:id:tkmov:20210509185704j:plain

f:id:tkmov:20210509185709j:plain

f:id:tkmov:20210509185714j:plain

 

f:id:tkmov:20210509190111j:plain f:id:tkmov:20210509190115j:plain

f:id:tkmov:20210509190119j:plain f:id:tkmov:20210509190122j:plain

 

山陽本線:宇部駅 (うべ)

(厚東)(岩鼻) - 宇部 - (小野田)                         (訪問日: 2021/05/08)

このところ、宇部線小野田線を中心に訪ねていたら宇部駅に行きそびれていたので再訪問。厚東駅から山陽本線ぞいに国道2号で宇部に向かいます。市街地路線の宇部線とかと違って、こういう主要道沿いの線路というのは久しぶりです。
f:id:tkmov:20210509154919j:plain

そうこうしているうちに宇部駅の入口に至るのですが、宇部市の中心は厚東川左岸の新川駅の方にあるので、どうしても西宇部宇部駅のほうは寂しい感じが否めません。
f:id:tkmov:20210509154925j:plain

宇部駅は駅前ロータリーを備えたコンクリート造平屋駅舎のある有人駅。ロータリーにはタクシー常駐、駐車場は16台(そのうち業務用枠が2台)。ロータリーに隣接してコインパーキングもあります。駐輪場は駅舎右手ですが、現在改装中なので左手の空地が仮駐輪場です。
f:id:tkmov:20210509155727j:plain

f:id:tkmov:20210509172929j:plain

仮駐輪場は改装中の駐輪場よりかなり広く、今ここに溢れかえっている自転車は、本設駐輪場に収まるんだろうかと、心配になります。
f:id:tkmov:20210509172937j:plain


駅舎入口はブロックガラスの明りとりで、待合室は明るい雰囲気。みどりの券売機プラスと在来線券売機を設置。売店は無いけど待合室奥で、うどん屋が営業中です。(そばも売ってるけど、何人か注文するのを見てたけど皆うどんでしたね)
f:id:tkmov:20210509161719j:plain

f:id:tkmov:20210509161725j:plain

改札は窓口からの対面改札。でも入場券で入るときに改札は無かったし、ちょっとそういう点はJRは鷹揚ですよね。乗場は駅舎側の0,1番が宇部線跨線橋の向こうの3~6番が山陽本線です。その跨線橋はエレベータ付きの新設。
f:id:tkmov:20210509162309j:plain

f:id:tkmov:20210509162316j:plain

f:id:tkmov:20210509162726j:plain

プラットホームは単式1面(一部切欠きで0番線と1番)、島式2面(3~6番)の6線。その他に側線多数。下は跨線橋から見た小野田方面。
f:id:tkmov:20210509162903j:plain

こちらは厚東駅方面。構内投光用の照明等を久しぶりに見たような気がします。
f:id:tkmov:20210509162909j:plain

下は5番線から見た小野田方面、1番線には新山口行き(たぶん宇部線経由)。ホームの両端はフェンスで閉鎖されていて、ここのホームの閉鎖区間内は212歩で、小野田側の閉鎖部分は約70歩、厚東側が約65歩(構外から見た目視ですけど)。単式ホームは跨線橋から西は閉鎖されていて190歩。詳しくは別図として、閉鎖部分も入れると約350歩で山陽本線としては標準的な長さ。

f:id:tkmov:20210509163246j:plain

下は0番線に入ってきた宇部線からの到着便。
f:id:tkmov:20210509163254j:plain

f:id:tkmov:20210509173253j:plain

 

f:id:tkmov:20210509173319j:plainf:id:tkmov:20210509173323j:plain

f:id:tkmov:20210509173331j:plain




津山線:弓削駅 (ゆげ)

(神目) - 弓削 - (誕生寺)                          (訪問日: 2021/04/30)

神目駅から津山街道(国道53号)で津山線、誕生寺川に沿って北上し、久米南町の中心、弓削の街に入った所にあるのが弓削駅です。国道から一本脇道に入った、ロータリーを備えた駅前広場の奥にある木造駅舎、広い軒先を持った姿は玉柏駅と似たものがあります。(改築前の玉柏駅はこういう姿だったのかもしれませんね)

駅前広場にはタクシー枠が2台分の他、4~5台分のスペースがあり、訪ねた時も数台駐車していました。駐輪場は駅舎右隣りに20台分、更に右手の奥には40台分くらい、いずれも屋根付きです。

f:id:tkmov:20210505234903j:plain

駅舎の半分はアンテナショップ「夢元(ゆげ)」ですが、コーヒー+マドレーヌで200円は安い。ただ最近のコロナ禍のせいか閉店中です。
f:id:tkmov:20210505234937j:plain

券売機は無く窓口で購入(たぶん委託販売)で、入場券はPOS端末(?)での印刷です。久米南町は河童と川柳の町ということで、待合室には川柳の展示が多数。トイレは駅舎左手に別棟になります。
f:id:tkmov:20210505234941j:plain

f:id:tkmov:20210505234945j:plain

プラットホームは相対式2面2線で、駅舎北側に側線あり。ホーム土台は福渡駅と同じく煉瓦(イギリス積み)が使われています。駅舎側が2番線でホーム長は187歩、対面ホームが1番線で165歩、跨線橋で連絡しています。

f:id:tkmov:20210506000650j:plain

下は跨線橋から見た岡山方面。
f:id:tkmov:20210506000659j:plain

f:id:tkmov:20210506000705j:plain

下は1番線ホームから見た岡山方面、次の写真は2番線ホームから見た津山方面。

f:id:tkmov:20210506001536j:plain

f:id:tkmov:20210506001541j:plain

1番線ホームから見た岡山行きと津山行きの列車行き違い。向こうの津山行きが蛇行しながらポイントを通過していて、2番線が直線化されているのが分かります。
f:id:tkmov:20210506002040j:plain

1番線ホーム上の待合所と跨線橋跨線橋福渡駅と同じく、内側の壁無し鉄骨むき出しというデザインです。待合所の方には川柳の展示が一杯。
f:id:tkmov:20210506002028j:plain

f:id:tkmov:20210506002516j:plain

f:id:tkmov:20210506002615j:plainf:id:tkmov:20210506002620j:plain

f:id:tkmov:20210506002520j:plain f:id:tkmov:20210506002657j:plain





津山線:神目駅 (こうめ)

(福渡) - 神目 - (弓削)                             (訪問日: 2021/04/30)

福渡から国道53(津山街道)で津山線と並走し北上、神目集落で誕生寺川を渡って神目駅に着きます。下は誕生寺川左岸の土手道と、そこから分かれて駅への登り道。
f:id:tkmov:20210505172236j:plain

f:id:tkmov:20210505172242j:plain

神目駅は純和風な木造平屋瓦葺の駅舎がある無人駅。中央は待合室、左は駅事務所、右がトイレになっています。駐車場はありませんが駅舎右側に何台分かのスペースあり、右手奥には屋根付駐輪場が40台分くらいあります。駅前の店舗跡には、ローカル駅の定番通り美容院の看板が残っていました。

待合室の出札窓口は昔のとおり残っていますが使われておらず、自動券売機、改札機は設置無し。

f:id:tkmov:20210505172517j:plain

f:id:tkmov:20210505173118j:plain

f:id:tkmov:20210505172524j:plain

f:id:tkmov:20210505172530j:plain

f:id:tkmov:20210505173425j:plain

ホームは駅舎に隣接して単式1面1線。駅舎のトイレはホーム側から入ります。ところでトイレを主屋に組み入れるようになったのは、特に田舎の家屋では昭和40年前後なので、この駅舎もその頃以降の建築なのか。(建物財産票が無いのではっきりとはしませんが、室内も新しいしもっと最近、平成ぐらいの様な気もします)
f:id:tkmov:20210505174612j:plain

ホーム長は165歩で意外と長く、レールの曲率でホームの端から端は見通せません。下の写真はホームから見た福渡方面。
f:id:tkmov:20210505175331j:plain

レールの向こうには、昔の相対ホームの跡が草叢にのこっています。で、かつての相対ホーム連絡用のなごりか、弓削駅側(北側)の踏切は「構内踏切」の名称のままです。
f:id:tkmov:20210505175341j:plain

f:id:tkmov:20210505175336j:plain

 

f:id:tkmov:20210505180815j:plain

おまけ:普通の家屋なら鬼瓦とその下には家紋や翁媼の面が入るのですが、切妻の破風の細かい造作と比較すると、ちょっと中途半端な感じ。JR以後なら家紋はJR瓦にする方法もあったろうし、泊駅(山陰線)の待合所の様に翁面をつけてもよかったのに、と思います。
f:id:tkmov:20210505181831j:plain

 

[追記 2021/05/05]

「さいきの駅舎訪問」のサイトによれば、駅舎は1998年築だそうです。2000年時点の写真では相対ホームはまだ残っていますが、レールはすでに撤去されて年数がたっている様子です。

津山線・神目駅−さいきの駅舎訪問

 

津山線:福渡駅 (ふくわたり)

(武部) - 福渡 - (神目)                         (訪問日: 2021/04/30)

建部駅から昔の津山街道で津山線に沿って田畑の中を北上、旭川を渡った所が福渡駅です。このあたりは昔は建部町と言っていたので、建部駅の方が中心と思い込んでましたが、訪れてみれば福渡には銀行、旧役場や商店街もあって、こちらの方が行政の中心だったと悟った次第。福渡の前の旭川備前・美作の国境でかつては街道の渡し場があった所という位置づけは、美濃金山駅を連想します。駅前の街道筋の雰囲気も似ているような気がします。

下の写真は商店街から福渡駅への入り口の風景(写真中央のT字路を右折した所が駅)。
f:id:tkmov:20210505012044j:plain

f:id:tkmov:20210505012505j:plain

福渡駅は木造平屋の駅舎がある無人駅。駅舎左手に露天の駐輪場が40~50台分、右手には有料駐車場が40~50台分、トイレは駐輪場奥に離れて置かれてます(非水洗)。駅舎前のスペースはタクシーと駅業務用です。(列車到着のときは駅員が通いでやってくる様です)
f:id:tkmov:20210504193342j:plain

f:id:tkmov:20210505012954j:plain

f:id:tkmov:20210505012959j:plain

待合室の出札窓口は閉鎖で自動券売機(ICOCA非対応)を設置、自動改札機はありません。写真は撮り忘れたけど、下の写真の背後に飲料自販機があったと思います。駅には売店・食堂は無いですが、近くの市街地には店舗はいくつかありそうです。
f:id:tkmov:20210505013901j:plain

下で写っている駅員さんは列車到着に合わせてやって来て、発車後は業務車に引き上げてたので、通い業務ではないかな。
f:id:tkmov:20210505013905j:plain

プラットホームは単式1面1線+島式1面2線で岡山側で跨線橋で連絡。駅舎のある単式ホームが1番線で岡山から見て左側(西側)にあり、島式ホームが2,3番線です。駅舎の南(岡山側)に側線と小さな車庫があります。ホーム長は島式が147歩(そのうち延長分が30歩)、島式が124歩。
f:id:tkmov:20210505014517j:plain

f:id:tkmov:20210505014526j:plain

f:id:tkmov:20210505014532j:plain

下は1番ホームから見た津山方面と、岡山方面の景色。

f:id:tkmov:20210505015157j:plain

f:id:tkmov:20210505015201j:plain

島式ホームには待合所が1棟、このバス停みたいなデザインは津山線でよく見かけた形。それから壁を剥がしたかのような鉄骨むき出しの跨線橋もこの先の津山線でいくつか共通しています。
f:id:tkmov:20210505015206j:plain

 

おまけ:フラットホーム基礎に使われている煉瓦積。福渡駅の設置が明治30年というと東京駅や北陸旧線(今庄ー敦賀)の建設と同時期なので、煉瓦を多用した時代ということでしょうか。北陸旧線のトンネルと同じくイギリス積が使われています。
f:id:tkmov:20210505015947j:plain

おまけ2:岡山行きと津山行きの列車行き違い。この行き違いがあったので、駅員が通ってきたのかも。

f:id:tkmov:20210505021050j:plain

f:id:tkmov:20210505021506j:plain f:id:tkmov:20210505021511j:plain

f:id:tkmov:20210505021524j:plain f:id:tkmov:20210505021521j:plain

f:id:tkmov:20210505021707j:plain

駅舎の財産票が明治42年ということは、駅設置から10年余で本格的に駅舎を建てたということですかね。



津山線:建部駅 (たけべ)

(金川) - 武部 - (福渡)                          (訪問日: 2021/04/30)

旭川に沿って登ってきた津山線は、金川駅の北からは昔の街道にそって旭川と国道53号を離れて支流に沿って山越えをします。

f:id:tkmov:20210504174745j:plain

下は峠をトンネルで抜けて、武部の街を見下ろしたところ。津山線は下に見える平地の端っこ、山際を通っています。
f:id:tkmov:20210504174752j:plain

津山線に並走する生活道。昔風の牛小屋兼納屋が残る農家が点在しつつ、こういう道が建部駅から福渡駅まで続きます。
f:id:tkmov:20210504175243j:plain

f:id:tkmov:20210504175249j:plain


建部駅は明治33年設置時からの木造駅舎が残る無人駅。駅舎向かって左手に駐車場が6台分、駐輪場が約50台分。右手にヤマザキ店がありますがどうも閉店中の様。トイレは駅舎左隣でホーム内外から入れます(簡易水洗)。f:id:tkmov:20210504175736j:plain

f:id:tkmov:20210504184718j:plain

登録有形文化財になっているだけあって、待合室内や出札窓口などは昔の趣を残しています。逆に言うと山陰の駅の様な絵や写真、手芸の展示は無く、そういう意味では少し寂しいかも。木次線八川駅因美線那岐駅は小さな書架があったり、芸備線野馳駅は事務室がそのままタクシー会社の事務所で人が居たりして、そういう人の気配がした方が好ましいと思うのは、旅行者の身勝手な感想か。
f:id:tkmov:20210504181513j:plain

f:id:tkmov:20210504175742j:plain

f:id:tkmov:20210504175746j:plain

f:id:tkmov:20210504182759j:plain

f:id:tkmov:20210504185202j:plain

待合室には昭和35年の駅舎写真が掲示、駅舎外観は今とほぼ同じですが待合室に半間四方の小部屋があるようにみえます。便所は同じ場所で建替えられてますね。

国指定 登録有形文化財
  平成十八年三月二日 登録
  登録番号第三十三 - 〇一〇三号
JR津山線(旧中國鉄道)
建部駅 駅舎
 所在地   岡山県御津郡建部町中田四〇三 - 三
 構造・規模 木造平屋建・瓦葺
       建築面積 八十四平方メートル
 建築年   明治三十三(一九〇〇)年
沿革
 中國鉄道株式会社の岡山駅津山駅(現、津山口駅)間が開通したのは明治三十一(一八九八)年である。
 今日まで県南と県北を結ぶ五八.七営業キロメートルの鉄路として大きな役割を果たしてきた。
 当駅舎は、開通の二年後の明治三十三(一九〇〇)年に地元から請願駅として設置された。その後、昭和十九年(一九四四)年に、国に移管された。

駅舎
 梁間三間桁行六間、基礎は花崗岩の切石を廻しており、沓石は幾星霜を経て足下で光っている。切妻屋根はセメント瓦葺き(改変)で乗降場の上屋まで一体で葺降ろす構造になっている。外部の腰壁は堅羽目板貼、壁は白漆喰塗、開口部は木製建具が嵌っており、一部の増築や屋根葺材が改変されているものの、全体構造は当初の姿をよく留めている。内部もほぼ球場が保たれ、一文字型の小荷物取扱口や出札口の窓口カウンターは当初の姿で残されており、往時の姿を偲ぶことが出来る。津山線の当初の姿をとどめている駅舎として貴重である。
  建部町教育委員会

 

ホームは単式2面2線で駅舎のある東側が2番線で、こちらのレールが直線です。(1線スルーというのですか? といってもレール形状でしか見てないので、信号システム上でスルーになっているかどうかは分かりませんが) 駅舎反対側の1番ホームへは福渡駅側の構内踏切で連絡、ホーム上には開放型の待合所が1棟あります。ホーム長は構内踏切側を起点として1番ホームが70歩、2番は120歩ですが、どちら側も鉄骨枠で149歩まで延長されています。
f:id:tkmov:20210504183412j:plain

下は1番ホームから見た福渡駅方面。
f:id:tkmov:20210504183416j:plain

f:id:tkmov:20210504183422j:plain


f:id:tkmov:20210504185616j:plain

f:id:tkmov:20210504185621j:plainf:id:tkmov:20210504185623j:plain

f:id:tkmov:20210504185630j:plain


おまけ:2番線を通過する岡山行き列車
f:id:tkmov:20210504185021j:plain