tkmov(バイクとローカル線と)

バイクでローカル線を巡るという、少し変なブログ。訪問駅のリストは、カテゴリ「事務連絡」の中の「駅名リストのリスト」から辿る事が出来ます。

このBLOGについて

バイクでローカル線をめぐるという、少し変なブログ。鉄分がほぼゼロなので、鉄道趣味的なものは期待しないでください。やってみると駅探訪になってしまいそうですが、あくまでローカル「道」を走るという事が主眼ですから。

訪問後に記事を順次アップするので、記事日付と訪問日はバラバラですし、データベースとして使用しているので後から情報を追記・修正することもあります。訪問した駅名リストは、カテゴリ「駅名リスト」から参照できます

駅名リストのリスト - tkmov(バイクとローカル線と)

 

篠ノ井線:冠着駅 (かむりき)

(聖高原) - 冠着 - (姨捨)                       (訪問日: 2022/10/14)

聖高原駅から北の善光寺平への峠越えは、国道403は聖高原を、篠ノ井線姨捨山ふもとをトンネルで抜けますので、ここは線路沿いに東山道古道を走ります。山間の集落を過ぎて山道に入る所にあるのが冠着駅です。

冠着駅は木造平屋の有人駅、この和風の造りは聖高原駅とお揃いです。駅前には線路と県道との間に長い空地があり駐車場になっています。駐車枠は約30台ですが一時利用は4台分のみです。広場の道路わきにはトイレと駐輪場(屋根付で15台分)があります。

山に挟まれた谷あいの駅で周囲に民家数軒しかないところなので、契約車が居るのだろうかとも思いましたが、金曜夕方で写真のように10台くらいが停まっています。ここから南に500mくらには小学校と割と大きな集落があるし、長野まで普通列車で30分くらいなので、通勤で使う人もいるのでしょう。

窓口は筑北村の委託ですが業務時間は7:00~15:45、自動券売機、自動改札機は無く、代わりに乗車駅証明書発行機があります。待合室は小綺麗と言うか、何もないという印象。ストーブとかエアコンがないけど冬はどうなるのか、有明駅で聞いた話(委託になると窓口閉まった後に暖房が無い)から想像するとちょっと心配です。

ホームは単式2面2線で、駅舎側が1番線で松本方面、対向が2番線で長野方面、跨線橋で連絡してます。ホーム長は2番線が233歩、1番線が270歩で駅舎横にある千鳥配置。

両ホームとも待合室があります。下の写真は2番線、その次は1番線の待合室。

2番ホームの長野側には駅裏に分岐する側線があり、森の中に消えてます。単なる待避線かな。 で、その待避線の先、2番ホームの裏側には何やらキャンプ場の様な公園の様な森が。Wikipediaに書いてあったマレットゴルフ場?

下の写真は1番線ホームの長野よりの部分ですが、ホームの1/3が草が生えているというか藪になっていて線路寄りの縁石しか歩けない状態。まさか駅のホームで藪漕ぎすることになるとは思わなかった。坂北駅や聖高原駅のホーム端も草叢にはなっていても、まだ歩けましたが、あの駅のホームもいずれこうなるんだろうか。他の路線の駅だとこうなる前に柵で進入禁止になるもんですけどね。

そうこうするうちに日も暮れて、暗いホームで藪漕ぎしながら長野行き特急を見ていると、何か別世界の列車を見ているような感じ。

 

本当はこの先の中山道古道で峠を越えて姨捨駅に行きたかったのですが、日没で探索終了。この次の機会があれば行ってみたいものですが、5年前に姨捨SAに来た時も同じことを考えていたんだよなあ。

 





篠ノ井線:聖高原駅 (ひじりこうげん)

(坂北) - 聖高原 - (冠着)                        (訪問日: 2022/10/14)

明科から峠を越えて坂北駅まで下ってきましたが、ここからは国道402に出て、麻績川上流に向かって聖高原駅に向かいます。途中気になったのは沿道の山際に並ぶ立ち枯れで、稜線に沿って枯木が並んでいます。樹形から見ると近年話題になっているナラ枯れではなく針葉樹のようですが結構な数です。30年ほど前の瀬戸内で見た松枯れに似た光景で、広葉樹と樹種交替している途中のように見えます。今回気づいたのはこの付近だけですが、今後少し気を付けて山を見ることにしよう。

聖高原駅には国道402から右折、少しの脇道を通って到着です。写真では分かりにくいですが、こんな小さな(といっては失礼だが)通りにも洒落た街灯が並んでます。長野、山梨はこういう山間の集落にも装飾街灯がついている事が多いような気がします。

聖高原駅は木造平屋瓦葺きの有人駅。駅前広場にはタクシープールとバス停。駐車場は駅前広場の左右にたくさんありますが契約車用らしい。駐輪場は駅前広場手前左手の脇道に約40台分(屋根付き)があります。駅舎左手には別棟のトイレを設置。

待合室には出札窓口がありますが営業は15:50分まで。自動券売機、タッチ式改札機は無いので、運賃は車内か到着駅で払うことになります。窓口には丁寧に入場券販売終了のお知らせもありましたので、坂北駅で「入場券は無いよ」と言われたのは、面倒だったわけじゃないんだと理解した次第。

待合室の奥にはもう一つ待合室。ここの座布団も有明駅のように、近在の人が作ってくれているのでしょうかね。

ホームは駅舎側が単式1面1線で1番線、長野方面行き。対向が島式1面2線で(たぶん)2,3番線で松本方面行き、単式ホームとは跨線橋で連絡しています。

下は跨線橋から見た長野方面。正面に見えるのはたぶん冠着山(姨捨山)でこうしてみると三角錐の山容が良く目立ちます。次のは松本方面の風景。

ホーム長は両方とも342歩、駅舎側が松本側に39歩ずれた千鳥配置ですが、どうも両方のホームが重なった部分しか整備していないようで、駅舎側ホームの端っこはこんな感じで草伸び放題です。

島式ホーム上には待合室と、変わった所では観音堂があります。

 

観音堂建立の趣意
信州には今から四百年ほど前より信濃三十三番観音札所めぐりの霊場があり、江戸時代中期よりこの霊場めぐりに観音信仰の人気が高まり、歴史探訪と相まって活況を呈し今日に至っている。
麻績村には三十三番札所の一番法善寺、二番宗善寺があるので、巡礼の旅はこの地より始まった。このほかに国の重要文化財薬師如来像をはじめ、かずかずの歴史的遺産にめぐまれている。このように歴史と信仰の里である、この村の玄関口・国鉄聖高原駅に厄除諸願成就の霊験あらかたな聖観世音菩薩像と観音堂を建立し、聖高原駅並びに麻績村のふるさとつくりへの活性化と発展を祈願するものである。尚、この観音堂麻績村民の寄付により竣工したものである。
 昭和六十二年三月吉日  麻績村観光協会
 観音像寄付者   長野鉄道管理局

ここに信濃三十三番めぐりの1番札所があるので観音堂なのだと分かりましたが、それはそれとして、今でも麻績村が借用している「駅名物」なんですね。(安曇追分駅の水吞台貸付標示票といい、長野の人は律義だなと思いますね)


ところでホームにあるトイレが閉鎖されているのは、委託になって人手を減らすため?

 

駅舎はこの10年で外観がかなり変わってますが(Wikipediaの写真を見ると)、建物財産票が昭和7年という事は外装のリフォームだけで建替えていないという事でしょうかね。それよりも、倉庫が明治33年というのは開業期から変わってないという事ですが、それにしては新しそうに見えましたけどね。

ホームの観光案内板によると「姨捨山遥拝の地」だそうで、観月の名勝地として古今集の時代から有名だったとの事。善光寺参りの旅人も最後の難所を控えて、姨捨山にかかる月で気も新たにしたのかと、少し想像してみる。*1 (残念ながら今回は日没で、善光寺までたどり着けませんでしたが)

 

 

おまけ:

駅前右手(西側)には詩碑が並ぶ公園のようになっていて明治神宮が建ってますが、由緒書は無く、鎮座の経緯は分からず。

 

*1:我が心なぐさめかねつさらしなや姨捨山にてる月を見て 古今和歌集 詠み人知らず

篠ノ井線:坂北駅(さかきた)

(西条) - 坂北 - (聖高原)                        (訪問日: 2022/10/14)

西条駅から東条川沿いに篠ノ井線は北上して、麻績川に合流する手前が坂北駅です。駅に行くには国道403から右折して旧道を通りますが、善光寺街道らしく立派な民家が続きます。

善光寺街道から更に脇道に入って駅前に入る所。

坂北駅は木造平屋トタン葺き(一部瓦)の有人駅、きれいに化粧直しされていますが集札口が残っていたりして、造りは昔のままのようです。駅前広場の周りにはデイリーヤマサキと笹屋(たぶん菓子舗ーもしかして有明駅前にあった店と同じ系列?)。

駅舎左手には月極駐車場と一時利用が12台分、駅舎右手にも駐車場(たぶん契約車用)があります。駐輪場は屋根付きで90台分。大型二輪で停めるには、屋根が少し狭い事と、奥向きに下り傾斜がついているのが難点。自転車だと下り傾斜が安定するんでしょうけど、二輪は引っ張り出すのに苦労するので出来れば上り傾斜にしてほしい、というのは我が儘?。

待合室には出札窓口があり、自動券売機、改札機はなし、代わりに乗車駅証明発行機を設置。トイレは駅舎右手の別当です。窓口は7時業務開始ですが、16時に訪問したときは既に営業終了でした。

駅舎の線路側、出窓の柱には建物財産票がついている事が多いのですが、この駅には「曲尺」と書かれた謎の板が打ち付けてあります。

ホームは駅舎側が単式1面1線、対向が島式1面2線で跨線橋で連絡してます。下写真は跨線橋から見た長野方面、その次は松本方面。ホーム長は両方とも247歩で、島式ホームの方が松本側に80歩ずれた配置です。また島式ホームには木造の待合所が1棟あり。

下は島式ホームから見た長野方面。このあたりはきちんと除草されてますが、松本側のホーム端まで行くとかなり草に埋もれてます。駅舎側2/3しか使ってないのか?




篠ノ井線:西条駅 (にしじょう)

(明科) - 西条 - (坂北)                        (訪問日: 2022/10/14)

大糸線に沿って安曇追分まで走ったのですが、ここで篠ノ井線に乗り換えて走ってみました。2017年に姨捨SAまで行って下道に降りる機会が無かったので、5年ぶりのリベンジです。

最初は明科駅に寄ろうとしたのですが、平日下校時間のせいか通学生が大量にやってきて、ちょっと行きそびれてしまいました。なので国道403で西条駅に向かいます。

道中やたらとダンプとすれ違うなと思ったら、新道の建設中。もしかしたら旧篠ノ井線遊歩道の整備もしているのかも。時間があればこの遊歩道も寄りたかった。

新設された矢越トンネルを越えると、ぼほ新道になっていて、崖に張り付いた旧道との対比が大きい。親知らずの旧国道8号北陸道から見るような感じ(って良くわからん比喩だな)ちょっと疑問なのは、高低差だけを考えるなら、こういう峠を越えなくても犀川ー麻績川に沿えば、この先の西条や坂北まで行けるという事。やはり犀川の渓谷沿いは鉄道は無理だったという事か。(また確かめることが増えてしまった)

峠を下ってすぐ、国道からすぐ入った所が西条駅になります。山道から直ぐの駅前で意外(失礼)と店舗も数件あります。(一軒は休業中かも)

西条駅は木造平屋の有人駅(たぶん委託販売)、駅前広場の左右に駐輪場が屋根付きで約150台分。右手駐輪場の奥には駐車場もありますがこれは月極の様子。

駅舎前の植栽には開駅百周年記念碑。

待合室には出札窓口あるので自動券売機、改札機はなし。代わりに乗車駅証明書発行機があります。窓口で入場券を求めるも、休憩十分そうな係員に入場券はないと言われてしまいました。

ホームは駅舎側(長野方向を見て左側)が単式1面、対向ホームが島式1面2線。ホーム長は239歩で、50歩程度の千鳥配置。ホーム間は松本側にある跨線橋で連絡してます。

下は駅舎前から見た長野方面、次は松本方面。

島式ホームには待合室が一棟。壁が囲われているのは半分くらいで、これは山陰本線の駅でよく見た形式です。

おまけ:草叢に埋もれるモーターカー


そういえばトイレが見当たらなかったような気がします。

 

大糸線:安曇追分駅 (あずみおいわけ)

(有明) - 安曇追分 - (細野)                        (訪問日: 2022/10/14)

有明駅で「風情があるよ」と言われた安曇追分駅です。有明駅から線路沿いに国道142北上して、有明山通りの分かれ道のとこで線路側に曲がって駅に行きます。

で、線路について踏切の所から駅に入ろうとしたら車止めで塞がれている。見たところ進入禁止標識が無いので二輪なら入れそうですが、四輪はさっきの分かれ道のもう一つ北の脇道を使う必要あります。下の写真で正面に見える三角屋根の建物が駅。

安曇追分駅は木造平屋トタン葺きの有人駅。駅舎前や広場周辺に桜の木があり、春は遠景の北アルプスと相まって、確かに風情があろうと納得。駐車場枠は無いけど駅前に数台の駐車が可能。駐輪場は駅舎右手で多数停められます。

ちょっと意外だったのは、駅の向かい(国道から入って来る所)に食堂が2軒もある事。しかも新しい。他の駅と違って客層が違う(単身者が多いとか)という事?

待合室には出札窓口があり、自動券売機・改札機は無し。一応有人駅(安曇野市の委託)ですが、訪問時(14時過ぎ)は営業時間外でしたので入場券は購入できず。

ホームは島式1面2線で駅舎からは松本側にある構内踏切(遮断機付き)で連絡、ホーム長は198歩です。

ホームには屋根付きのベンチがありますが、冬にはちょっと厳しんじゃなかろうか。下は写真2枚はホームから見た松本方面。

こちらはホーム北端から見た大町方面。線路構造で言えば、駅舎と反対側が直線です。

 

おまけ:改札口に、この駅を使った青春18きっぶのポスターが掲示されてます。今年のポスターだったんですね、知らんかった。やはり桜と北アルプスの残雪が絵になりますが、手前に食堂脇の街灯が映っていて、背景の北アルプスのアングルからすると、結構遠くから望遠で狙った構図ですかね。

何にも考えないでコンデジで撮ると(35㎜焦点 25)こうなって、背後のアルプスは入りませんので。まあ雲がかかっているというのもありますが。


おまけ2:駅舎前の水呑台。使われていない様なのですが、きっちり貸付票がついていて来年春まで借用中らしい。

 


追伸:駅名標を撮影するのを忘れた。。。。




大糸線:有明駅 (ありあけ)

(穂高) - 有明 - (安曇追分)                          (訪問者: 2022/10/14)

穂高市街地から北へ国道172を通って有明駅へ。このあたりはアルプスから出る穂高川、烏川が犀川へ向かって集まっていて、わさび栽培が盛ん。下の写真は烏川にかかるトラス橋ですが、橋脚が斜めのせいか鉄骨が斜め。

穂高駅から川を挟んで2km程で有明駅に着きます。国道から少し入った所が駅で駅前広場に車は入れますが、駐車場は無さそう。駅舎は木造平屋瓦葺、正面左側の1/3が待合室です。駅に売店は無く、近くには国道も含めて店舗は無さそう。あ、でももう少し先にコンビニがあるか。

駅舎左手は露天の駐輪場で約25台分、平日は御覧の通り通学客多数なので、ちょっと大型二輪は無理かな。その向こうに見える駐車場は契約車用なので停められません。

有人駅で待合室には出札窓口があるので、自動券売機は無し。でも駅員は7:00~12:00にしかいないので、入場券は買えずじまい。タッチ式改札機もなし。特徴は鑑賞石の展示で、梓川など近所以外にも田沢の亀石とかがあります。

ホームは島式1面2線で駅舎からは構内踏切(遮断機付き)で渡ります。ここはホームまでの間に1線分の空地があるので、穂高駅ほどの遮断機のインパクトは無いですね。

下はホームから見た大町方面で、右側が1番線。1番線側に上下両方の行先案内がついているので、行き先別にホームが区別されているわけではなさそう。

下は1番ホームから見た松本方面。駅舎側に単式ホームの跡らしきものが見えます。

 

待合室入口の建物財産票を撮影していると近所の女性から、何を撮っているのかと声をかけられました。昔からここに通っていて、今は待合室に座布団を揃えるボランティアをする程かかわっていても、財産票には気づかなかったという話で、興味なければそういうものかもしれない。今日は夏の薄物から冬用の毛糸に座布団を変えに来たとの事。駅員がパートタイムになって午後不在時は暖房を停められるのが困るとか、昔は登山客で駅前が人で一杯だったとか(ここは燕岳の登山口だったらしい)、駅前国道沿いの団子屋の笹屋さんが閉店して寂しくなったとか、(私がつい"隣のほだか駅"といったら)「穂高の読みは濁りません」とたしなめられたり、隣の追分駅はもっと風情があるので是非行ってみなさいとか、いろいろ話を聞かせてもらいました。

なので、ここから犀川を渡って明科方面に行こうと思っていたけど、次は安曇追分駅に行ってみます。

 

大糸線:沿線-穂高神社 (ほたかじんじゃ)

(穂高)                    (訪問日: 2022/10/14)

穂高駅の駐輪場が分からなかったので駐車場をお借りした穂高神社にお参りしてきました。ところで大町線は基本的に直線に敷設されているのに、穂高駅のホームはなんで、あんなにカーブしてるのかと思って地図を見たら、ちょうど穂高神社を避けるように「くの字」に線路を曲げているように見えます。あくまで想像ですけどね。

そんな事を考えながら駅から駅前通りをやってくると、お土産屋さんと大きな石鳥居、その奥に駐車場がありますが(下写真)、これは脇道で、奥穂高を遥拝するように参道正面は東側になります。

三殿方式高穂造りの本宮と、境内には神楽殿、境内右手には若宮社が鎮座。地名の元になった安曇氏が祖先を祀った神社なので、海と縁の深い穂高見命、綿津見神瓊瓊杵尊が祭神なのですが、本宮は通例の南面とは違って穂高岳を遥拝する様に東面しているし、奥宮は上高地、嶺宮が奥穂高岳山頂に鎮座、と形式だけを見れば山岳信仰に合わせている風なのが興味深い。

境内にはひと月早い七五三の参拝者も見られました。

こちらは境内の北側に座す若宮社。祭神は駐車場傍に像がある安曇比羅夫相殿神は物ぐさ太郎が出世した姿の信濃中将、なのでご利益に立身出世があるのか。物ぐさ太郎が都で認められて信濃を治めたという説話は、安曇氏の入植伝承と重なります。





大糸線:穂高駅 (ほたか)

(柏矢町) - 穂高 - (有明)                       (訪問日: 2022/10/14)

(沿線-穂高神社)

今年は久しぶりにトランザルプミーティングに出かけたので、ついでに武州信州方面をぶらついてみました。まずは松本から北へ、穂高駅です。(かつて行っていた野菜おやきの店が安曇野に移転したので寄ってみたのです)

駅前のロータリー辺りで駐輪場が見当たらず、しようがないので穂高神社の駐車場にバイクを置いて行ってきました。下の写真は神社前の通りから駅前を眺めた所。駅前はロータリーになっていてタクシープールと送迎用の駐車場枠が6台分、駐輪場はやはり駅表側にはなくて駅裏(西側)です。駅に店舗は無いけど県道(穂高停車場線)や周辺に食堂、スーパーなどがあります。

綺麗に整備された石灯篭付きロータリーの奥にある穂高駅は木造平屋の有人駅。駅の開業は大正4年だそうですが、建物財産票によると駅舎は昭和15年築。格子天井の待合室にはみどりの券売機を設置、自動改札機はありません。トイレは駅舎右手の別棟です。

ホームは島式1面2線で改札前の構内踏切で渡ります。構内踏切に警報機、遮断機がついている所は多いですが、駅舎の改札を出た所がいきなり遮断機になっているのは、ちょっとインパクトあります。(この位置の遮断機が珍しい訳ではないですが、やはり木造駅舎の大きな瓦屋根との組み合わせだからでしょうか)

ホームは松本から見て右側(駅舎側)が1番線で、踏切からのスロープになっている分だけ少し短くて222歩、2番線は250歩です。直線的な大糸線穂高神社を避けるようにここだけ、くの時に曲がっているので、ホームは島内駅ほどではないですがカーブして、カーブの内側に側線の跡が残っています。(まだ使っているのか?)

下はホームから見た西側のロータリーとその中の駐輪場(屋根付き)。ただし見たところ駅に西口は無くて、北側の踏切を通ることになります。訪問した時は平日の昼前でしたが、何故か学生で結構混んでましたね。

 

そういえば駅名標のハングルと中国語、2016年の島内駅には無かったので、その後に駅名標を付け替えたのか。

 

 

山陰本線:江原駅 (えばら)

(八鹿) - 江原 - (国府)                        (訪問日: 2022/07/31)

八鹿駅から山陰本線円山川沿いに国道312を北上して、養父市から豊岡市に入ったあたりで線路の東側の旧街道を通って江原駅に入ります。

和風建築の街道を曲がって駅前に入ると、とたんに欧風メルヘンチックな街並みに変わり、駅前ロータリー周囲のバス停、タクシー乗場もメルヘンタッチです。

江原駅も周りの建屋に合わせるようにパステル調ライムグリーンで統一された橋上駅舎です。こちらは東口ですが、駐車場は有料が約60台、駐輪場は約70台分、西口は車用が約20台(有料)、駐輪場が約20台分。ただし駐輪場は自転車用のタイヤ台付きなのでバイクは停められません。トイレは駅舎から離れたロータリーに。ロータリーの反対側には喫茶店などの店舗が何軒かあり。あとは国道まで出ればロードサイド店がいくつかあります。

下の写真は東口の駐輪場と駐車場、その次は東口の様子。

改札、窓口は橋上の連絡通路にあり、自動券売機、タッチ式改札機を設置。駅員の居る営業時間は07:05~17:20ですが、昼間も1時間ごとに不在時間があって、窓口で出会えるかは結構運しだいになりそう。

ホームは島式1面2線で、東側が上りで1番線。下の写真はホームの和田山側端から見た豊岡方面と駅舎。その次は和田山方面を見たところ。ホーム長は326歩で結構長いです。

ホームの豊岡側端には構内踏切の跡のようなものがあり、かつてはここからホームに入っていたのかも。

こちらは入線してきた城崎温泉行列車。

 

 

おまけ:ここが植村直己の生誕地と言うのは知りませんでした。それと神鍋温泉の看板の方は観光案内と言うよりも、単なる広告看板ですね。

おまけ2:八鹿駅にもあった書状授受箱。各駅にあるという事は今でも使っているんだろうか。

おまけ3:側線に保管されているロータリー車。訪問したのは夏ですが、雪国まで来たというのが分かります。