tkmov(バイクとローカル線と)

バイクでローカル線を巡るという、少し変なブログ。訪問駅のリストは、カテゴリ「事務連絡」の中の「駅名リストのリスト」から辿る事が出来ます。

このBLOGについて

バイクでローカル線をめぐるという、少し変なブログ。鉄分がほぼゼロなので、鉄道趣味的なものは期待しないでください。やってみると駅探訪になってしまいそうですが、あくまでローカル「道」を走るという事が主眼ですから。

訪問後に記事を順次アップするので、記事日付と訪問日はバラバラですし、データベースとして使用しているので後から情報を追記・修正することもあります。訪問した駅名リストは、カテゴリ「駅名リスト」から参照できます

駅名リストのリスト - tkmov(バイクとローカル線と)

 

宇野線:迫川駅 (はざかわ)

(備前片岡) - 迫川 - (常山)                          (訪問日: 2019/11/02)

常山駅から西へ山沿いの旧道を走ると、迫川集落内で幅員が狭いので、交互通行用の信号でとめられます。そしてこの停止線がえらく手前(100mくらい?)に引いてあるので、前を走ってる車が止まったら、思わず追い越しをかけてしまうところでした。

下の写真の撮影場所が停止線で、向こうの車が離合しているところが信号。
f:id:tkmov:20200224164239j:plain

f:id:tkmov:20200224164244j:plain

下の写真のように道路がくびれているので交互通行にしているようですが、国道375なんかもっと狭い隘路があったし、四国の酷道もすごいもんでしたが。(最近はだいぶ改善されたけど) で、このくびれている所を右に入った所が迫川駅の入口です。
f:id:tkmov:20200224164249j:plain

下は迫川駅入り口からみた全景。駅前ロータリーには送迎用駐車場枠が3台、駐輪場は屋根付きで約55台分。周囲は住宅だけで店舗、売店は無し。トイレは無かったように思います。
f:id:tkmov:20200224165218j:plain

駅舎は無く、ホームは2面2線で各々ホームに待合所があります。1番線(岡山から見て右側)はブロック造で2番線は鉄骨プレハブ造。1番ホーム入口にはタッチ式改札機、待合所内に自動券売機(チャージ機能付)が設置されています。

f:id:tkmov:20200224165223j:plain

f:id:tkmov:20200224165228j:plain

f:id:tkmov:20200224171044j:plain

ホームは跨線橋で連絡していて、ホーム長は166歩。1番ホームが待合所のところだけ広いのは、昔の駅舎の跡かもしれません。(待合所にかけてあった説明板のとおり古い駅ですからね)
f:id:tkmov:20200224171050j:plain

下はホームから見た宇野方面。
f:id:tkmov:20200224171054j:plain

跨線橋から見た岡山方面。ここからみると左側の1番線がクランク状に曲がってますが、次の写真で宇野方面を見るとクランク曲線は2番線の方。これはこの駅を通過する列車がないという事だろうか。(それとも減速すればあんまり関係ないのかな)

f:id:tkmov:20200224171658j:plain

f:id:tkmov:20200224171703j:plain

駅の北を見ると広がる干拓地。
f:id:tkmov:20200224172523j:plain

f:id:tkmov:20200224172821j:plain f:id:tkmov:20200224172825j:plain

f:id:tkmov:20200224172834j:plain f:id:tkmov:20200224172827j:plain

(旧駅名) 由加
駅名の由来は、明治43年6月12日の宇野線開業当時、四国こんぴらさんとの両参りで名高い、瑜伽神社への参道となる駅として「由加」と称した。
その後、時代とともに本宮への参道も変わるなどし、昭和27年11月15日当地の地名である「迫川」へと駅名が改称された。
また、隣接駅の備前片岡常山駅は、昭和14年1月1日に開業している。 

やはり、かつての鉄道では神社仏閣への参詣客が重要だったのだとわかる由来ですが、一方で由加山の参道は南側の海を向いています。金毘羅宮との両参りが売りなんだから海側を向いているのはある意味当たり前で、参道の鳥居の建立年が文久年間だったりして、やはり昔からの本流は金毘羅からの船便が使える児島側だったんではないでしょうか。そして、その参拝客を鉄道で取り込もうとしたのが駅名にも表れていた、ということなのでしょうかね。

 

f:id:tkmov:20200224175102j:plain f:id:tkmov:20200224175105j:plain

f:id:tkmov:20200224175108j:plain

f:id:tkmov:20200224175328j:plain





 

宇野線:常山駅 (つねやま)

(迫川) - 常山 - (八浜)                          (訪問日: 2019/11/02)

岡山市街地の備前西市駅から先の宇野線は以前に探索したので、今回は干拓地を突っ切って常山駅に行ってみました。国道30号は干拓地の直線路で、倉敷川を渡ると児島半島沿いの旧道に出ます。
f:id:tkmov:20200223234140j:plain

f:id:tkmov:20200223234144j:plain

下は国道30号から旧道に行く脇道、一気に細くなります。国道からこの脇道に入るのは分かりにくいので、彦崎駅あたりから山裾の旧道沿いに来るのが吉です。
f:id:tkmov:20200223234148j:plain

児島半島沿いの旧道から常山駅への入口(左側が駅)。
f:id:tkmov:20200223234437j:plain

常山駅と旧道側のロータリー全景。ロータリーには駐車枠2台と送迎用枠が2台、駐輪場は屋根付きで約150台分、右手の公園に公衆トイレがあります。左手には公民館(藤木ゆうりん園)。売店、食堂は付近に見当たらず。
f:id:tkmov:20200223234810j:plain

ホームへは岡山側にある踏切脇から入ります。ホームは岡山から見て右手に1面1線、入口にタッチ式改札機を設置、ホーム上には待合所が一棟あります。ホーム長は173歩ですが、宇野側の端が1段低くなってチェーン止めされている部分が14歩。昔、ホームがかさ上げされたのかも。
f:id:tkmov:20200223234815j:plain

待合所とホームには宇野線アートプロジェクトの迷彩模様、待合所の中には自動券売機(チャージ機能付き)が設置されています。下の写真はホームから見た宇野方面。
f:id:tkmov:20200223235710j:plain

下は岡山方面とアートプロジェクトのラベル。番号がun05ですが、常山駅宇野駅から4番目ですから、ここ以外にもストッカーさんのアートがあるという事かな。
f:id:tkmov:20200223235714j:plain f:id:tkmov:20200224000313j:plain

たまたま入線してきた茶屋町行き列車。土曜の昼過ぎにしては結構な人数の降車客がいましたが、みんな宇野からの乗客ですかね。
f:id:tkmov:20200224000922j:plain

f:id:tkmov:20200224001614j:plain f:id:tkmov:20200224001618j:plain

f:id:tkmov:20200224001624j:plain f:id:tkmov:20200224001629j:plain



 

宇野線:備前西市駅 (びぜんにしいち)

(大元) - 備前西市 - (妹尾)                          (訪問日: 2019/11/02)

大元駅からは県道21で南下して、国道2号から回り込めばいいやと思ったのは甘く、2号線は高架バイパスなので、駅へ通じる側道に入れず何度か東奔西走することに。

備前西市駅は踏切脇のどちらからでも入れる無人駅。少し離れた国道高架下が駐輪場ですが、駅前の歩道にも無理やり止めた自転車がちらほら(平日だともっと増えるかも)。駐車場は無し、駅の南東側正面にはセブンイレブンの広い駐車場がありますが、さすがにここには長時間止められまい。

f:id:tkmov:20200222232620j:plain

ホームへの入口に自動券売機(チャージ対応)とタッチ式改札機があり。トイレは見当たらず。

f:id:tkmov:20200222232905j:plain

ホームは2面2線の相対式で、どちらのホームにも入口がある上に跨線橋で連絡して今う。ホーム長は176歩で各々に待合所つき。岡山から見て右側が1番線。
f:id:tkmov:20200222233051j:plain

下は跨線橋から見た両ホームと宇野方面。周囲はすっかり住宅街。
f:id:tkmov:20200222233056j:plain

こちらは跨線橋から見た岡山方面と接近する列車。この踏切を渡っても反対側のホームへ行けます。
f:id:tkmov:20200222233100j:plain

 

f:id:tkmov:20200222233901j:plain

f:id:tkmov:20200222233903j:plain f:id:tkmov:20200222233906j:plain

 

宇野線:大元駅 (おおもと)

(岡山) - 大元 - (備前西市)                         (訪問日: 2019/11/02)

岡山駅北口から少し西へ戻って高架下をくぐり、高架の宇野線に沿って南下すると大元駅につきます。

大元駅は高架下が駅舎になった有人駅。線路の両側に広いスペースがあり、ロータリー、駐車場になっています。駐輪場は駅舎南側の高架下で自動二輪は210円、ただし二輪用は10台くらいしかスペースがない。この日は休日だったので空いていますが、周囲は住宅街なので平日には空いてないかもしれませんね。駅に売店はありませんが周囲は商店多数、南隣にはスーパーもあります。

f:id:tkmov:20200215203436j:plain

f:id:tkmov:20200215203440j:plain

f:id:tkmov:20200215204427j:plain

f:id:tkmov:20200215204431j:plain

f:id:tkmov:20200215205544j:plain

トイレは駅舎と駐輪場の間。トイレへの通路にある自転車止め、よっぽどこの近道を暴走する自転車が多いんですかね。
f:id:tkmov:20200215211421j:plain

高架下には自動券売機(チャージ機能付き)と券売窓口、改札はタッチ式の自動改札機があります。
f:id:tkmov:20200215203948j:plain

f:id:tkmov:20200215203953j:plain

 

ホームは高架上で2面2線、ホーム長は237歩で、岡山方面が1番ホーム。高架線のせいか、列車の接近音はかなり遠くから「ヒューン」という甲高い音で聞こえます。

ホームから見た岡山方面
f:id:tkmov:20200215205734j:plain

ホームから見た宇野方面と、岡山行き列車
f:id:tkmov:20200215205739j:plain

街中の結構立派な駅なんですけど、停車するのは1時間に1本か2本。山間のローカル線なみ?
f:id:tkmov:20200215210212j:plain

f:id:tkmov:20200215210959j:plain

f:id:tkmov:20200215211006j:plain

f:id:tkmov:20200215211013j:plain



 

 

山陽本線:岡山駅 (おかやま)

(西川原)(法界院) - 岡山 - (北長瀬)(備前三門)(大元)                        (訪問日: 2019/11/02)

吉備線から宇野線に移動するので必然的に岡山駅前を通りましたが、まあこれだけ大きな駅だと予備調査無しでは駐輪する場所は見当たりません。なので駅前を通り過ぎながらのフライバイ撮影です。(いや、何にも情報のない記事になってしまいました。次は下調べをしてから行こう)

岡山駅西口駐車場。この地下に駐輪場があるらしいのですが、二輪車が入れるのかどうか?
f:id:tkmov:20200212215821j:plain

岡山駅西口から駅舎を望む。
f:id:tkmov:20200212220003j:plain

岡山駅西側の市街地。このあたりは昔からなのか、細い路地が密集しています。

f:id:tkmov:20200212220313j:plain

f:id:tkmov:20200212220319j:plain



吉備線:備前三門駅 (みかど)

(岡山) - 備前三門 - (大安寺)                        (訪問日: 2019/11/02)

大安寺駅から山沿いの沿道をたどって岡山市街地方面の備前三門駅へ。途中の道は昔の街道筋なのか、立派な門構えの家や、小さなお堂とかが並びます。

f:id:tkmov:20200115224651j:plain

f:id:tkmov:20200115224702j:plain

途中で吉備線を越えた所からは、岡山駅まで真っすぐの街道になります。途中で県道236(関西高のとこで国道180から分かれて南下する大きな道)を越えると、左折して備前三門駅になります。
f:id:tkmov:20200115225139j:plain

で、踏切を渡って国道180号に出たら駅になると思ったら、踏切の前後に車止めのポール。リアのパニアがギリギリで通れましたが、進入禁止の標識もないという事は、ホールをすり抜けられれば通ってもよいという事ですよね。
f:id:tkmov:20200115225649j:plain

f:id:tkmov:20200115225654j:plain

備前三門駅は国道180から少し入ったところにある無人駅。休日なので国道はあまり交通量は多くは無いとはいえ、右折で入るのはちょっと難しい。国道脇ですから周囲に店舗あり、さっき通った踏切脇の角は焼き肉屋。駅南側は住宅街なので、列車到着前はかなりの待ち客がいます。
f:id:tkmov:20200202102532j:plain

f:id:tkmov:20200202103824j:plain

駅前にタクシー待機枠が3枠で駐車場は無し。駐輪場は駅左手の脇道に雑然と80台くらい。といっても通路は確保されているので、他の駅よりはかなり良いですけどね。

f:id:tkmov:20200202102554j:plain

f:id:tkmov:20200202104218j:plain

駅舎は無く、待合所に自動券売機(チャージ機能付)、タッチ式改札機を設置。トイレはホーム内です。
f:id:tkmov:20200202104941j:plain

f:id:tkmov:20200202105031j:plain

ホームは1面1線で、ホーム長は123歩。下はホームから見た大安寺駅方面。ホーム端に見える踏切がさっき通った、車止めのある踏切。
f:id:tkmov:20200202105727j:plain

下は岡山方面で、こっちのホーム端の踏切も車止めがあります。まあ、こっちは道幅がないので、車両通行止めでもしようがないと思うけど。
f:id:tkmov:20200202105717j:plain

f:id:tkmov:20200202105722j:plain

 

f:id:tkmov:20200202110415j:plain f:id:tkmov:20200202110419j:plain

f:id:tkmov:20200202110421j:plain f:id:tkmov:20200202110425j:plain

 

ところで吉備線のトイレは古いのが多く、ここは吉備津駅と同じく明治37年築(約150年前)です。この屋根組とかは何か新しそうな気がするけど、明治の造りはこうだったんかなあ。
f:id:tkmov:20200202110752j:plain f:id:tkmov:20200202110802j:plain