tkmov(バイクとローカル線と)

バイクでローカル線を巡るという、少し変なブログ。訪問駅のリストは、カテゴリ「事務連絡」の中の「駅名リストのリスト」から辿る事が出来ます。

このBLOGについて

バイクでローカル線をめぐるという、少し変なブログ。鉄分がほぼゼロなので、鉄道趣味的なものは期待しないでください。やってみると駅探訪になってしまいそうですが、あくまでローカル「道」を走るという事が主眼ですから。

訪問後に記事を順次アップするので、記事日付と訪問日はバラバラですし、データベースとして使用しているので後から情報を追記・修正することもあります。訪問した駅名リストは、カテゴリ「駅名リスト」から参照できます

駅名リストのリスト - tkmov(バイクとローカル線と)

 

吉備線:大安寺駅(だいあんじ)

(備前三門) - 大安寺 - (備前一宮)                            (訪問日: 2019/11/02)

吉備線宇野線で行きそびれていた岡山付近をまわってきました。まずは大安寺駅に向かおうと国道180号(バイパス)で北からアプローチしましたが、線路北側の沿道に入るのに失敗(吉備線跨線橋のずっと北から側道に入らないと左折できない)、吉備線を越えて新幹線沿いの県道から再アプローチ。この県道242はロードサイド店が多く、大安寺駅へはスーパーの角を入ります。
f:id:tkmov:20200113223205j:plain

大安寺駅は県道から入った先、吉備線の踏切横に待合所のある無人駅。踏切から待合所までの間には通信設備とトイレと、あとは駐輪場(およそ60台くらいが露天に駐輪中)、周囲は古い住宅街で道は狭く駐車場は無し。
f:id:tkmov:20200113223841j:plain

f:id:tkmov:20200113224011j:plain

f:id:tkmov:20200113224315j:plain

待合所には自動券売機(ICOCAチャージ機能付)と自動改札機(切符対応)を設置。
f:id:tkmov:20200113224338j:plain

ホームは島式1面2線で待合所から構内踏切(遮断器・警報機無し)で渡ります。隣の道路用踏切に警報機があるのと比べると、なにかチグハグなような、それとも素朴というべきか。
f:id:tkmov:20200113224544j:plain

ホームは待合所側(岡山から見て右側)が1番線で岡山行き。ホーム長は191歩で少し長め。線路の曲線に合わせてS字にカーブしてます。ところで建物資産票によれば、下の写真のホームの屋根も待合所だそうで、上屋との違いはどこにあるんだろうか。
f:id:tkmov:20200113225057j:plain

f:id:tkmov:20200113225101j:plain

下はホーム端から見た吉備一宮駅方面。
f:id:tkmov:20200113225348j:plain

 

f:id:tkmov:20200113225745j:plain

JR西の建物資産標は建物の種類も書いてあるので分かりやすい。JR東海なんか数字しか書いてませんし。
f:id:tkmov:20200113225756j:plain f:id:tkmov:20200113225800j:plain

f:id:tkmov:20200113225803j:plain f:id:tkmov:20200113225806j:plain

f:id:tkmov:20200113230039j:plain

 

おまけ:吉備線北側にある並走路。古い道筋の様で立派な門構えや蔵の古民家がつらなってます。
f:id:tkmov:20200113231001j:plain

f:id:tkmov:20200113231006j:plain

f:id:tkmov:20200113231327j:plain

 

高山本線:下油井駅 (しもゆい)

(飛騨金山) - 下油井 - (白川口)                                      (訪問日: 2019/10/06)

飛騨金山駅からもう一度、金山の街を通って国道41で南下、隣の下油井駅に向かいます。飛騨川の右岸が国道41、対岸が高山本線。同じ川幅の中国地方の川と比べると、やはり飛騨川は「岩を噛む」という表現が似合います。
f:id:tkmov:20200111093403j:plain

下油井駅に入るため、金山や下原と似たようなトラス橋で飛騨川を渡り、橋の先で線路の下をくぐります。
f:id:tkmov:20200111094319j:plain

駅に向かう、何やら街道風の沿道。そういえばこの道路、あの酷道256号なんですね。いつかこの国道も走ってみたいもんです。
f:id:tkmov:20200111094735j:plain

下油井駅への入口。この道を何台もバイクが通ってゆくのでちょっと不思議に思っていたけど、今にして思えば、あれはここから飯田方面へ走ろうというライダーだったんだ。
f:id:tkmov:20200111100750j:plain

下油井駅は木造平屋の無人駅。駅舎にも周囲にも食堂・売店の類は無く飲料自販機のみ設置、ただし川向うはR41なのでドライブインあり。駅前スペースに駐車枠が10台、駐輪場は屋根付きで15台分です。トイレは別棟で跨線橋下に設置、入口はホーム側にあります。
f:id:tkmov:20200111101234j:plain

f:id:tkmov:20200111101245j:plain

Wikipediaに乗っている写真(2011年)では事務所窓口や改札口のシャッターが残ってましたが、いまは完全に壁で塞がれてます。自動券売機、改札機は無し。
f:id:tkmov:20200111101252j:plain

f:id:tkmov:20200111101258j:plain

ホームは相対式で2面2線、ホーム長は130歩で、更にフェンスの先の立入禁止箇所が30~50歩ぐらい。ホーム間は跨線橋で連絡していて約30歩の千鳥配置です。
f:id:tkmov:20200111103414j:plain

跨線橋から見た白川口駅方面。
f:id:tkmov:20200111103421j:plain

こちらは飛騨金山駅方面。
f:id:tkmov:20200111103428j:plain

対向ホームにある待合所。
f:id:tkmov:20200111104205j:plain

建物資産標は、駅舎(03-1001)、待合所(05-1008)、便所(39-1012)のもの。駅の開業はS3年3月21日ですが、資産票は12月付なんですね。駅舎が遅れて建てられたということかな。
f:id:tkmov:20200111104314j:plain f:id:tkmov:20200111104318j:plain

f:id:tkmov:20200111104352j:plain f:id:tkmov:20200111104359j:plain

f:id:tkmov:20200111105027j:plain

ここにもアニメのポスターが。これもご当地アニメというんでしょうが、岐阜基地はちょっと遠いと思うな。
f:id:tkmov:20200111105033j:plain







 

高山本線:飛騨金山駅 (ひだかなやま)

(下油井) - 飛騨金山 - (焼石)                          (訪問日: 2019/10/06)

トランザルプミーティングの帰り、飛騨路にちょこっと寄ってきました。東海北陸道の富加関ICから県道58号で金山町まで走ったのですが、美濃-飛騨間のショートカットルートだけあってRも緩く快走路です。飛騨川沿いに出たら国道41で金山に向かいます。
f:id:tkmov:20200108235144j:plain

国道41から金山市街地に入る所。ここからは古い町並みながら、日曜早朝から空いてる店もあり「生きてる」感じがします。
f:id:tkmov:20200108235148j:plain

f:id:tkmov:20191006082059j:plain

金山の市街地を抜けると鉄橋で飛騨川を渡って、飛騨金山駅に着きます。(そういえばこのあたりの飛騨川にかかる鉄橋は皆同じ構造、同じような色のトラス橋ですな)
f:id:tkmov:20191006082113j:plain

f:id:tkmov:20200109001550j:plain

f:id:tkmov:20200109001557j:plain

さっき渡った鉄橋のところは昔、飛騨川の渡し場があり、渡し場から北が飛騨国、南が美濃国で国境があったところ。細かく言えば飛騨金山駅のある方は飛騨国大船渡村で、対岸が美濃国金山村なので、駅名は両方を折衷したような名前になっています。駅員の方に言わせれば、名古屋方面からみて飛騨の入口という意味でこういう駅名になっているけども、地元の意識としては美濃の方を身近に感じるとの事です。

飛騨金山駅は木造平屋の有人駅、自動券売機は無いので昔ながらに窓口で購入するのですが、入場券を買おうとしたら「写真ならそのまま入って」と言われて、かえって買いそびれてしまいました(次からは遠慮せずに買うことにしよう)。駅に売店はありませんが、通ってきた駅前の通りに店舗はいろいろあります。 自動改札機は無し。駅舎前に駐車場枠が5~6台(その他に月極駐車場もあるかも)、駐輪場は約150台分(屋根付)。

f:id:tkmov:20200109001727j:plain

f:id:tkmov:20200109002528j:plain

f:id:tkmov:20200109002534j:plain

f:id:tkmov:20200109004106j:plain

ホームはホーム側に1面1線と島式1面2線、その他に側線多数、島式ホーム上には古い待合室が1棟。ホーム長は293歩。
f:id:tkmov:20200109004400j:plain

f:id:tkmov:20200109004039j:plain

下はホーム端から見た焼石駅(高山)方面。
f:id:tkmov:20200109004421j:plain

こちらは下油井駅(岐阜)方面。
f:id:tkmov:20200109004426j:plain

f:id:tkmov:20200109004714j:plain

建物財産票は、駅舎(03-2001)と待合所(05-2016)。
f:id:tkmov:20200109004717j:plain f:id:tkmov:20200109004720j:plain

f:id:tkmov:20200109004724j:plain

下は駅舎内の観光ポスターですが、「筋骨めぐり」というのが気になる。
f:id:tkmov:20200109004728j:plain f:id:tkmov:20200109004732j:plain




 

高山本線:沿線-下原八幡神社

(訪問日: 2019/10/06)

飛騨金山駅に来たついでに、境内を高山本線が通っている下原八幡神社に寄って見ました。(というか、Wikipedia高山本線の項にこの八幡神社の写真があったので、見に来たというのが正確なところ)

下原八幡神社は飛騨川左岸、飛騨金山駅から2km程上流でルートは2つ。行きやすいのは右岸の国道41号から下原小学校へ分かれて、その先の鉄橋を渡って神社参道から行く道。もう一つは飛騨金山駅から飛騨川左岸の高山本線沿いに走って、下原集落の中を通って神社社殿脇に出る道で、最初はこちらでたどりましたが、ちょっとわかりにくくてお勧めできません。

 下写真は下原小学校と下原中津原集落の間にかかる鉄橋(写真は神社中津原側から見た所)
f:id:tkmov:20200105214812j:plain

神社参道から通して神社を見た所。ふたつの鳥居の間を線路が通っていて、参道には踏切があります。ちなみにこの参道は車両通行止めです。
f:id:tkmov:20200105213017j:plain
f:id:tkmov:20200105215201j:plain
f:id:tkmov:20200105221047j:plain
f:id:tkmov:20200105215655j:plain

山沿いに線路がある場合、斜面上の家や寺社への道が線路で塞がれているのは良くあることですが、ここは参道を横切って境内脇を線路が通っています。もしかしたら線路から川側は境内ではないのかもしれないけど、ここの参道は飛騨川の船着場から直接登ってくるようになっているので、昔は神社敷地だったのではないかな。(由緒によると境内は六段=1800坪だそうですから)

やはり参道を横切って境内を列車が通ってゆくのは、ちょっと不思議な光景です。
f:id:tkmov:20200105220600j:plain

f:id:tkmov:20200105210814j:plain

f:id:tkmov:20200107000418j:plain

f:id:tkmov:20200107001138j:plain

 

境内にあった由緒書き。上古からの創立や武振熊の由来などは斐太後風土記 中津原村の項にも同じように書かれています。ところで斐太後風土記では飛騨一宮 水無神社と同じ祭神なので中津原水無八幡宮と称した、としていますが、水無神社は八幡宮ではないように思うんですけどね。あるいは水無神社が位山をご神体としていて、そこは両面宿儺の伝説がある事が関連するのかもしれません。
f:id:tkmov:20200105222951j:plain

下原八幡神社
祭神  応神天皇
創立  仁徳天皇の御代 千六百年前
社格 郷社 下原郷(下原・中原・上原)十七カ村
境内坪数 千九百三十五坪
     上古は、中津原水無八幡宮と称して飛騨八社の第一番であった。
由緒
 斐太後風土記によると仁徳天皇の御代、飛騨の国は「両面宿儺」という首長が治めていた。宿儺は、一つの体に両面があり手足は四本づつあって、走ることは馬の如く左右に剣を佩し強弓を引く豪傑であった。時恰も大和朝廷の全国統一期にあたり、宿儺は天皇の命に反したので、皇弟の「難波根子武振熊命」が勅命を奉じて飛騨へ討入る事となった。
 武振熊は、武内宿祢と共に神功皇后にお供して、三韓に渡り凱旋の後も香坂王忍熊王の軍に勲功のあった名将軍であったので、美濃国高沢山の要塞で両面宿儺の軍を打ち破り、道々心を配りつつ中津原に来て軍勢を宿め、飛騨入国の最初のこの地に仮の斎場を設けて先帝、応神天皇の御霊を奉祀して戦勝祈願された遺跡が下原八幡神社の起源である。武振熊は、どこからともなく舞い降りた一羽の白鳩の道案内によって無事討伐の任を果たした。
 本殿の左側の注連縄を廻らした大岩を、昔から猫の形に似てもいないのに「ねこ岩」といっている。武振熊がこの大岩の上に八幡様を勧請されたので、難波根子武振熊命の「ねこ」から来たものといわれている。「根子岩」の横に国指定天然記念物で直径四米の「神代杉」と、傘の様な大杉で乞食が年中居たという「乞食杉」や、穴がいくつもあってくぐることが出来た「蓮根杉」があったが、昭和二十四年、濃斐中学建設資金として伐倒された。嘉永六年(一八五三)の神木改によれば、目通り一丈以上九本、六尺以上八本、の記録がある。昭和二十一年神祇会となる。神社総代七名 内主管者一名、氏子数六百戸。
文化財 十二点 懸伝・神鏡・御輿・絵馬・山車・高寺権現の神鏡
        花笠踊・御神刀・槍・長刀・狛犬・社叢
境内社 神明神社 祭神 天照皇大神
         創立 安政四年(一九五八) お田植祭りとして、祭日が五月五日であったが平成元年から四月祭と合併。
    春日神社 祭神 武甕槌神(たけみかつきのかみ) 経津主神(ふつぬしのかみ) 天児屋根神(あめのこやねのみこと)
         創立 元亀三年(一五七〇)
歴代神職 中世飛騨守護職、京極氏の一族である京極四郎左衛門尉源高氏の後裔が当村に住み、その五世の孫、細江喜助が元和年間(一九一五)より当八幡神社に奉仕した。代々「若宮太夫」を名乗り、その十三世 細江志津馬に至り断絶

 

f:id:tkmov:20200105225712j:plain

 

おまけ:この八幡神社の前の道はサイクリングロードになっている様で、国道から橋を渡って飛騨川左岸を登ってゆく自転車を何台も見たんですけど、この先は川沿いの道は行き止まりのはず。もしかして峠越えで木曽街道まで行ってたんだろうか。

 

高山本線 駅名

高山本線の駅名リスト

(東海道本線:岐阜)
- 長森 - 那加 - 蘇原 - 各務ケ原 - 鵜沼
- 坂祝 - 美濃太田 - 古井 - 中川辺 - 下麻生
- 上麻生 - 飛水峡信号場 - 白川口 - 鷲原信号場 - (下油井)
- (飛騨金山) - 福来信号場 - 焼石 - 少ヶ野信号場 - 下呂
- 禅昌寺 - 飛騨萩原 - 上呂 - 飛騨宮田 - 飛騨小坂
- 渚 - 久々野 - 飛騨一ノ宮 - 高山 - 上枝
- 飛騨国府 - 飛騨古川 - 杉崎 - 飛騨細江 - 角川
- 坂上 - 打保 - 杉原 - 猪谷 - 楡原 - 笹津
- 東八尾 - 越中八尾 - 千里 - 速星 - 婦中鵜坂
- 西富山
(北陸本線:富山)

 

高山本線の他の記事

高山本線:沿線-下原八幡神社 - tkmov(バイクとローカル線と)

 

 

f:id:tkmov:20200111104314j:plain

- f:id:tkmov:20200109004714j:plain

 

身延線:市川本町駅(いちかわほんまち)

(市川大門) - 市川本町 - (芦川)                           (訪問日: 2019/10/05)

身延線は芦川を渡って市川大門の市街地に入って、すぐに市川本町駅があります。沿道は市街地の一番南側の南線通りですが、役場とか店舗はもう少し北側の通りにあるようですが、商店街としては少しまばらかな、という印象。
f:id:tkmov:20200104234639j:plain

駅へ入る脇道は、まっすぐ進むと古刹宝珠院の山門に続きます。(というか、鉄道以前はこの脇道が参道だったという事ですよね)
f:id:tkmov:20200104234644j:plain

上の踏切脇からスロープで駅前に入れますが、こちらからは車両は通行止め。もう一つの駅正面からの路地からなら狭いながら入れるかもしれませんが、駅前は単に路地なので駐車場は無く、屋根付き駐輪場が25台分のみ。
f:id:tkmov:20200104235932j:plain

市川本町駅は身延線の例の通り、コンクリート打ちっ放しの駅舎にその地に合わせた外装になっていて、市川本陣にちなんでか、和風の外観です。ただ、駅舎は無人駅仕様で駅事務所がないので、待合所と呼ぶべきかも。自動券売機、自動改札機は無し。トイレは駅舎左に別棟になります。
f:id:tkmov:20200105000634j:plain

f:id:tkmov:20200105000642j:plain

待合室は甲斐上野駅とか他の駅舎に比べて少し広い。
f:id:tkmov:20200105002836j:plain

f:id:tkmov:20200105002841j:plain

ホームは1面1線で待合所が直結、ホーム長は149歩。下はホームから見た市川大門駅方面。
f:id:tkmov:20200105003114j:plain

f:id:tkmov:20200105003118j:plain

ホームから見た、段丘上にある宝珠院と市川小学校。ここまで身延線甲府盆地の平地の中を通ってきましたが、ここからは河岸段丘とか山間を縫ってゆくことを予感させます。
f:id:tkmov:20200105003817j:plain

駅南側に気になる物件が一つ。蔵付き駅前という条件にしても借り手がつくのか心配な物件です。
f:id:tkmov:20200105004721j:plain

f:id:tkmov:20200105005125j:plain f:id:tkmov:20200105005128j:plain

f:id:tkmov:20200105005130j:plain f:id:tkmov:20200105005133j:plain

f:id:tkmov:20200105005138j:plain f:id:tkmov:20200105005144j:plain

 

おまけ:待合室内に貼られていたご当地アニメのポスター。そういえば舞台は身延線沿線でしたね。
f:id:tkmov:20200105010108j:plain