tkmov(バイクとローカル線と)

バイクでローカル線を巡るという、少し変なブログ。訪問駅のリストは、カテゴリ「事務連絡」の中の「駅名リストのリスト」から辿る事が出来ます。

山陰本線:赤碕駅 (あかさき)

(八橋) - 赤碕 - (中山口)

                      (訪問日: 2019/04/28)

山口駅から山陰道の旧街道を進んで、赤碕の集落で山側に右折して赤坂駅に到着。今までの駅に比べて、駅前ロータリーや駅裏への自由通路も備えた、ちょっとあか抜けた駅です。

f:id:tkmov:20190506223428j:plain

駅舎左手には駅北側への自由通路(でも北側には駐車場しかないですけど)、その前には送迎用の駐車枠が10台程度、駅北側には多数駐車可。駐輪場は駅舎右手に屋根付きで約200台分(ただし大型バイクはちょっと入りません)。トイレは駐輪場近くにあり、外側とホーム側の両方で使用可能。ロータリー周囲には旅館や売店などが点在しています。

f:id:tkmov:20190506223923j:plain

f:id:tkmov:20190506224031j:plain

駅舎は木造平屋トタン葺。待合室には発券窓口機がありますが、お昼は休業で次は12:55から業務再開、ですのでその間は自動券売機(チャージ機能なし、入場券あり)を利用します。 待合室の反対側には、昔KIOSKがあったらしい窪みがありますが、今は飲料自販機の置き場になっています。

f:id:tkmov:20190506224842j:plain f:id:tkmov:20190506224848j:plain

f:id:tkmov:20190506224856j:plain

f:id:tkmov:20190506224903j:plain

ホームは1面1線(駅舎側)+1面2線島式で、各々のホーム長は348歩と275歩で山陰本線としては結構長いほうです。下の写真は島式ホームから見た米子方面と駅舎側ホーム。対向の島式ホームにはスレート屋根とプレハブタイプの待合室が一棟あります。
f:id:tkmov:20190506225250j:plain

f:id:tkmov:20190506225256j:plain

下は駅舎側ホームから見た倉吉方面。右手には自由通路で連絡された駐車場が見えます。
f:id:tkmov:20190506225301j:plain

下は駅舎側ホームから対向の島式ホームと米子方面を見る。
f:id:tkmov:20190506225308j:plain

 

待合室にあったバス路線図。基本的には倉吉のバスエリアの西端に位置することになっていて、ここから西へのバスはないのかもしれない。
f:id:tkmov:20190506230417j:plain

駅舎前の植栽に立っていた「開業百周年記念碑」。因美線では「全通記念」が碑になっていたのに対して、山陰本線は各駅で「駅開業記念」を取り上げているのが特徴ですが、山陰本線は長くて少しづつ開通した事が影響しているのでしょうか。
f:id:tkmov:20190506230758j:plain

赤碕駅は下市や御来屋に比べて、パステルカラーのペンキ塗装やトタン屋根で少し洋風ですが、庇下のこういうところにも飾り付きのバナーハンガーがあったりして、メルヘンタッチを演出しています。もし開業時からの装飾なら、なかなかハイカラなデザインだったと思います。

f:id:tkmov:20190506231524j:plain

 

f:id:tkmov:20190506230354j:plain

f:id:tkmov:20190506230408j:plain f:id:tkmov:20190506230413j:plain

f:id:tkmov:20190506233016j:plain



 

山陰本線:沿線-赤碕 河本家住宅

(中山口) - - (赤碕)

大山北麓の山陰本線沿線を走ると、農村地帯と漁村地帯(近世は海上交通地帯というべきか)が交互に現れますが、御来屋駅から赤碕駅にかけては街道が海から離れて農村地帯になります。そういう農村地帯のかつての繁栄ぶりを残す史跡として、赤碕駅西側の街道筋で古民家の展示を見かけました。

100m四方はありそうな大きな敷地と、その外からも見える大きな藁葺屋根の主屋が印象的ですが、時間がないので路傍に掲示されている案内板を撮影して、先に進みます。

f:id:tkmov:20190506211917j:plain

f:id:tkmov:20190506211921j:plain

f:id:tkmov:20190506211930j:plain

国指定重要文化財(建造物)
河本家住宅(かわもとけじゅうたく) (指定年月日 平成22年12月24日)
 河本家は尼子氏の家臣であった弥兵隆任を初代とし、寛文年間(1661~1673)、五代弥三衛門のときに当地に移り住んだとされ、以後、代々大庄屋などの要職を務めた。
 河本家住宅の主屋は、寄棟造、茅葺の居室部と、切妻造、瓦葺の客間部からなる。貞享5年(1688)建築の居室部は、寄棟造の屋根に棟石を置くなど、当地方の特徴をよく伝え、宝永4年(1707)建築の客間部のオクノマは、木の皮を残して加工した杉材を多く用いて透彫の欄間を入れるなど、洗練された意匠である。そのほか、文政3年(1820)の離れ、文化3年(1806)の味噌蔵及び米蔵天保13年(1842)建築の新蔵、安永8年(1779)建築の土蔵や、江戸末期から明治にかけて建てられた門及び納屋、米蔵及び大工小屋が残る。
 河本家住宅の主屋は、江戸中期の山陰地方における農家の住宅形式をよく伝える大型民家であり、かつ建築年代の明らかな民家としては山陰地方で最古に属す。また蔵などの付属建物を含めた宅地構成は、当家に伝わる嘉永期の家相図とよく符合し、豪農の屋敷構えをよくとどめるものとして価値が高い。
  平成27年3月 鳥取県教育委員会

 

山陰本線:中山口 (なかやまぐち)

(赤碕) - 中山口 - (下市)                      (訪問日: 2019/04/28)

山口駅から田園地帯を走って、甲川を越えて隣の扇状地に入ったところが中山口駅です。行政的には西伯郡大山町ですが、この中山地区からはかつての東伯郡だったはずで、米子と倉吉のちょうど中間にあたるという事ですね。

地理的にも大山の真北にあたって、屏風のような山体を正面から望むことが出来き、また駅前の県道をまっすぐ登れば大山寺へも通じてます。

f:id:tkmov:20190506141632j:plain

 

山口駅は正面を大山側に向けているので、国道9号から入るときは一度山陰本線をアンダーパスでくぐって南側からアプローチすることになります。山陰本線で大山側を向いている駅は、伯耆大山、大山口、中山口の3駅だけですが、どれも登山口っぽい駅名ですね。

山口駅は下の写真のように、中央に待合室、左右に駐輪場、左手にトイレを備えた木造瓦葺の無人駅とみえますが、この地上施設は駅機能がない(中央の待合室はベンチがあるだけ)ので単なる駐輪場のように思えます。で、駅施設としての待合所はホーム上にあります。(こういう感じでとりあえず思い出すのは、旧三江線香淀駅かな)
f:id:tkmov:20190506142310j:plain

地上施設の駐輪場はこんな感じ。完全に屋内式ですが、一応バイク用の区画も1/4確保されています。(取り回しはちょっと苦しいですけど)  駐輪場は約50台分、駐車場はこの駐輪場の右手奥の線路わきに数台分があります。駅に売店などはなく、近くの簡易郵便局が雑貨店兼業のようにも見えますが、日曜閉店中のため確認できず。
f:id:tkmov:20190506181803j:plain

ホームから地上施設の駐輪場を見下ろしたところ。「JR中山口駅」という看板があるので、一応JRの施設なんでしょうかね。
f:id:tkmov:20190506182307j:plain

 

ホームは1面1線の棒線駅で、ホーム上には屋根と待合所が一棟あり。ホーム長は227歩(棒線駅にしてはちょっと長い)。自動券売機は非設置。下の写真はホームから見た倉吉方面。
f:id:tkmov:20190506182801j:plain

こちらは米子方面の様子。左側のフェンス下に駐車スペースが見えます。
f:id:tkmov:20190506182804j:plain

f:id:tkmov:20190506183539j:plain

f:id:tkmov:20190506183542j:plain



 

 

山陰本線:下市駅 (しもいち)

(中山口) - 下市 - (御来屋)                       (訪問日: 2019/04/28)

御来屋駅から下市駅にかけて、また国道9号で線路に並走して東進。左手の海岸線に風力発電列柱が見えて下市川の扇状地になったあたりで国道9号が街道筋と別れるので、国道から山側に右折して下市駅に向かいます。

f:id:tkmov:20190505214827j:plain

f:id:tkmov:20190505214904j:plain

f:id:tkmov:20190505214839j:plain

下市駅は木造平屋瓦葺の無人駅。同じようなデザインで右手に大きなトイレ(水洗)を併設。下の写真で駅舎入口に自転車を停めている人も、淀江駅から倉吉駅まで各駅を見て回っていて、ここまでの各駅に行くたびに出会ってきました。自分が一駅に15~20分かけて見ていることもありますが、結構自転車もバイクも同じペースでみて回れるという事ですね。とすると、輪行ができる自転車のほうが遠隔地へ効率よく回れるという事でもあります。

f:id:tkmov:20190505215344j:plain

駅舎左手の空地に送迎用駐車場の区画が10台分、駐輪場は屋根付きが約40台分、そばに飲料自販機もあります。

f:id:tkmov:20190505215352j:plain

f:id:tkmov:20190505215403j:plain

待合室と駅事務所の間はシャッターが下ろされて、自動券売機もなく、ガラーンとした待合室です。
f:id:tkmov:20190505220629j:plain

f:id:tkmov:20190505220633j:plain

ホームは相対式で2面2線で対向ホームへは跨線橋で連絡。対向ホームには半分開放型の待合所が1棟(これも山陰本線ではよく見ます。例えば久手駅とか波根駅とか)。ホーム長は196歩で、駅舎側と対向ホームでは約40歩くらいずれた千鳥配置になっています。
f:id:tkmov:20190505220638j:plain

f:id:tkmov:20190505220643j:plain

下は対向ホームから見た倉吉方面。跨線橋は山陰によくある、駅舎を望める位置に小窓が一つあるタイプです。
f:id:tkmov:20190505221824j:plain

下は対向ホームから見た米子方面。
f:id:tkmov:20190505221830j:plain

ところで下市駅舎の屋根瓦はエンジ色に近く、御来屋駅とかで使っている普通の赤瓦(石州瓦)とは色が違います。色合いや軒端瓦にJRマークがついているところは、岩美駅のものと同じです。
f:id:tkmov:20190505224043j:plain

 

f:id:tkmov:20190505224813j:plain f:id:tkmov:20190505224819j:plain

f:id:tkmov:20190505224829j:plain f:id:tkmov:20190505224832j:plain

f:id:tkmov:20190505224957j:plain

 

追記:下は下市集落の街道筋の写真ですが、ところどころ、軒端瓦に鯱(鯉)の飾り瓦を載せている家が見えます。どうも新しい日本家屋で付けていることが多そうです。
f:id:tkmov:20190505230055j:plain




 

山陰本線:沿線-名和・御来屋の地名と駅名

伯耆地方の山陰本線の駅間距離はおおよそ4~5kmですが、名和駅御来屋駅の間は1.1kmしかありません。この2駅は不自然に近いという事の他にも、駅名と設置場所の地名が合致しないとか、かなり錯綜していて複雑です。

まず御来屋駅があるのは旧御来屋町ではなくて旧光徳村の西坪地区、一方で名和駅があるのは旧御来屋町で、かつての御来屋宿にあたります。では名和という地名がどこかというと、御来屋の山側で名和川を遡った大山山麓になります。御来屋漁港も太平記を見たりすると、かつては「名和湊」と呼ばれていたようです。

更に「みくりや」という地名は通常、馬の放牧地の事ですが、御来屋宿付近は山の迫った港町なので放牧地という風情ではなく、かわりに陸軍省軍馬補充部があったのは御来屋の西隣の旧名和町(更に昔は庄内村)富長という調子で、なかなか複雑でよそ者には分かりにくい。

まあ、御来屋駅が御来屋の東端外側に作られたというのは地形を見れば想像できて、山がちの御来屋宿では終着駅のためのスペースを確保できなかったという事だと思います。その代わりに御来屋宿のすぐ近くに名和駅が遅れて設置されたとは想像できますが、その由来を調べるのは郷土史調査の領域ですね。(個人的には、名和長年と後醍醐帝史跡めぐりのアクセス駅というアイデアも捨てがたいですが)

f:id:tkmov:20190505155344j:plain  (c) googlemapより

山陰本線:名和駅 (なわ) - tkmov(バイクとローカル線と)

山陰本線:御来屋駅 (みくりや) - tkmov(バイクとローカル線と)

山陰本線:沿線-御来屋漁港 後醍醐帝史跡 - tkmov(バイクとローカル線と)

 

山陰本線:御来屋駅 (みくりや)

(下市) - 御来屋 - (名和)                        (訪問日: 2019/04/28)

御来屋漁港の後醍醐天皇史跡を見た次は、また国道9号を山側に越えて御来屋駅を訪問です。

御来屋駅は山陰線開通当時からの木造駅舎を残す無人駅で、待合室にはかつての発券窓口や料金表が残り、由来紹介等の掲示がされています。券売機(チャージ機能なし)を設置、事務所跡は「みくりや市」という直売所・喫茶店になっていますが、訪問した日曜日は定休日。駅舎左手には駐車場が10台分、駐輪場は屋根付きで30台分。トイレはホーム側と郊外と両方から利用できます。

f:id:tkmov:20190505151257j:plain

f:id:tkmov:20190505151301j:plain

f:id:tkmov:20190505151306j:plain

f:id:tkmov:20190505151310j:plain

以下は待合室の掲示物各種。
f:id:tkmov:20190505171449j:plain f:id:tkmov:20190505171454j:plain

f:id:tkmov:20190505171243j:plain

ようこそ 山陰最古の駅・御来屋へ
 明治の文明開化とともに全国各地で鉄道の敷設を求める声が高まっていた中、待望の陸蒸気(おかじょうき=SL)が境港~御来屋間を走ったのは、明治三十五(1902)年十一月一日。明治五(1872)年に新橋~横浜間に日本で最初の鉄道が敷設されてから、三十年目のことでした。
 当時の運賃は、境港~御来屋間が三十八銭(当時コーヒー一杯二銭)で、約一時間三十分をかけて走りました。
 境港~御来屋間が山陰地方で最初の工事区間になった理由は比較的平坦地で、現在の名和町富長に大山軍馬補充部があったためだと言われています。
 依頼百年、鉄道開業同時の駅舎が老朽化による建て替えで次々と消えていく中、御来屋駅の木造平屋建て駅舎は、明治期の建築様式を現代に伝える貴重な存在です。
 特に駅舎内の荷物受け渡し台・切符の発券台や窓枠などは、当時の面影を色濃く残しています。
 山陰鉄道発祥百周年にあたり、先人が守り伝えてきたこの貴重な遺産を次世代に継承すべく、駅舎の整備を行いました。
 この駅舎が皆様に愛され大切にご利用いただき、すべての方にとっていつまでも「ほっとする空間」でありますように願っております。

 

下は昭和10年代の小荷物運賃表。重量はkgと匁が併記されていて、運賃はたぶん銭単位。例えば24kgで1280kmだと2円25銭、インフレ率が2800倍*1だとすると6300円相当です。今の宅配便だと25kgで東北(約1400km)までだと1300~2400円なので、少し高めですね。
f:id:tkmov:20190505165631j:plain

 

ホームは2面3線で跨線橋で連絡、ホーム長は150歩。跨線橋は山陰でよく見かける小窓がひとつだけ付いた例の形式。 対向ホームには車掌車を再利用した待合室が設置されています。(この待合室の中を見忘れたのがちょっと残念ですが、まあそこは鉄分がないのでしようがありません)

f:id:tkmov:20190505164811j:plain

屋根瓦は珍しく赤瓦で、他の駅では軒端瓦にJRマークがついているパターンですが、この駅ではマークなし。待合室の掲示によると駅舎整備が2002年らしいので、その時期にはもう作ってなかったという事でしょうかね。*2
f:id:tkmov:20190505164815j:plain

f:id:tkmov:20190505164821j:plain

f:id:tkmov:20190505164827j:plain

保線用引込線に止まっていたマルチプルタイタンパー(最近、よく目につくような気がします)
f:id:tkmov:20190505173001j:plain

f:id:tkmov:20190505171625j:plain f:id:tkmov:20190505171630j:plain

f:id:tkmov:20190505171927j:plain

直売所「みくりや市」の入口にかかれた案内掲示。訪問した日は日曜で定休日。
f:id:tkmov:20190505171832j:plain

 

*1:当時の初乗り運賃が5銭に対して現在が140円なので。食品物価で比較するともう少し低くて2000倍くらいです

*2:1994年に行幸でリニューアルした岩美駅にはJRマーク付きの赤瓦(もう少し濃いエンジ色)が使われているので、1994~2002年の間に境界があるのかもしれません

山陰本線:沿線-御来屋漁港 後醍醐帝史跡

(訪問日: 2019/04/28)

名和駅のホームに「後醍醐天皇御着船所」という碑がありましたが、実際の場所はもう少し御来屋駅に寄ったところにある御来屋漁港にあります。位置的にはちょうど名和駅御来屋駅の中間ですが、たぶん後醍醐天皇に味方した名和氏の本拠地が名和町で、そこに出来た名和駅に紹介の碑が建てられたんだと思います。

 

後醍醐天皇元弘の乱隠岐に配流された後、隠岐を脱出して再興を果たした故事は有名ですが、まずは「後醍醐天皇御腰掛岩」と御製和歌の碑が、ちょうど漁港の真ん中にあります。太平記に「伯耆の国名和湊に着にけり」とある所です。
f:id:tkmov:20190505010538j:plain

そして、港から一本山側に入った街道筋には「元弘帝御着船所」を示す石碑があります。崩し字が分からないので、安政三年建立の銘しか読めないのが情けない。とはいえ、幕末には元弘の乱の印象がよほど強かったのか、元弘帝と呼ばれていたのですね。

f:id:tkmov:20190505011206j:plain

 

隠岐との連絡港といえば島根半島七類港が主だと思うし、伯耆でも主な港は他にも淀江、赤崎も有るのですが、太平記を読むと「伯耆の国へ漕もどる商人舟の有けるを」見つけて、「出雲・伯耆の間に、何くにてもさりぬべからんずる泊へ、急ぎ御舟を着てをろし進せよ。」と言っているところからすると、たまたまこの港に引き上げる船に便乗したという事らしい。でも、上陸した地の名和長年が味方して船上山で挙兵という歴史を見ると、実際のところは名和氏の手引きだったような気もしますけど、物語としては偶然を演出しているというところでしょうかね。

 

今にして名和駅の写真を見返せば、海岸から登ってくる駅前の道の先には名和長年を祀る名和神社があって、あの急坂は神社への参道と見えます。それに名和駅御来屋駅の間がやたらと近いなと思っていたけど、名和神社と後醍醐帝史跡へのアクセス駅と考えれば納得できそう。名和神社自体が明治初年に鳥取県から別格官幣社に推薦されて改築されたものだそうだし、名和駅が最初は仮停車場だったという事からも、そういう想像をしてしまいます。*1

そういう意味では、「後醍醐天皇御着船所」の案内は名和駅に有るべきなのでしょう。

山陰本線:名和駅 (なわ) - tkmov(バイクとローカル線と)

 

*1:名和神社は明治に拡張された神社と思って素通りしてしまいましたが、こうして帰ってから調べなおしたら、寄って見てもよかったとは思います。ですが立ち寄れる史跡、寺社はごく一部なので、こういう後悔はしようがない、せめてこうして調べることで少しは知見が広がれば良し、と考えることにしています。