tkmov(バイクとローカル線と)

バイクでローカル線を巡るという、少し変なブログ

小海線:清里駅 (きよさと)

(甲斐大泉) - 清里 - (野辺山)                    (訪問日: 2018/10/13)

松原湖駅あたりから登って来た国道141号が清里高原に出て来たところで、正面に八ヶ岳が迎えてくれます。高原には佐久広瀬駅とか信濃川上駅とかもありますが、この日は先を急ぐので、とりあえず清里駅へ。

f:id:tkmov:20181114012529j:plain

かつては有名人のブランドショップとかペンションで賑わっていた清里ですが、今ではほとんど開いている店は無く、廃墟マニアご用達の地になっているらしいです。とはいえ、清里が流行ってからはや30年経つというのに不思議と汚いわけではなく、まるで廃墟の展示場のような感じ。ここで出会った人とも「廃墟が綺麗なままで残っているのは珍しいね」と話したものです。

f:id:tkmov:20181114012648j:plain

f:id:tkmov:20181114012652j:plain

f:id:tkmov:20181114012656j:plain

f:id:tkmov:20181114012754j:plain

そういう寂れ街の真ん中で意外と(失礼?)賑わっている清里駅。ただ車で来る人は多いけど鉄道利用客は三々五々。(まあ、私なんか非利用者の代表ですけど)
f:id:tkmov:20181114013226j:plain

清里駅は入口にC56を展示する、コンクリート外装、木調内装の平屋の有人駅。チャージ対応の券売機とタッチ式改札機を設置、トイレはホーム内外に、待合室には売店・食堂あり。

f:id:tkmov:20181114013244j:plain

f:id:tkmov:20181114014127j:plain

f:id:tkmov:20181114014131j:plain

f:id:tkmov:20181114014136j:plain

ホームは2面2線でホーム長は97歩。対向ホームには待合室が1棟と標高1274mの標柱があります。標柱の根元の石は八ヶ岳を模しているそうです。

f:id:tkmov:20181114014515j:plain

f:id:tkmov:20181114014519j:plain

f:id:tkmov:20181114014524j:plain f:id:tkmov:20181114014532j:plain

駅前にあるトロリーバス風の普通のバス。
f:id:tkmov:20181114015018j:plain

建物財産標はホーム上の待合所のものです。
f:id:tkmov:20181114015030j:plain f:id:tkmov:20181013101514j:plain

 

f:id:tkmov:20181114015042j:plain

 

小海線:松原湖駅 (まつばらこ)

(海尻) - 松原湖 - (小海)                    (訪問日: 2018/10/13)

小海駅のところで県道2号が北相木村へ曲がるので、ここから南は並走路は国道141になります。そうして野沢高原へ向けて標高が上がり始める入口に松原湖駅があります。

斜面上の国道141から脇道に入って千曲川河畔に降りたところが松原湖駅で、ホーム手前に駐車できる空地があります。このときは待合所の改修中(屋根に落雪防止柵を設置)でしたので、工事車両が何両かはいっています。駐輪場は確認できず。

f:id:tkmov:20181113005139j:plain

こちらが待合所を含むホーム全景。松原湖駅はホーム1面1線でホーム上に待合所が1棟のみの無人駅。券売機、飲料自販機、改札機は無く、トイレは有り。建物財産標は未確認。ホーム長は81歩。周囲に店舗、売店なし。(坂上の国道にはドライブインとかが少しありますが)

f:id:tkmov:20181113005124j:plain

f:id:tkmov:20181113005951j:plain

下はホームから見た小海方向。かつての行き違い用線路が引込線として残されています。まだ使われているかどうかは?ですが。
f:id:tkmov:20181113010038j:plain

名所案内看板では、八ヶ岳、稲子湯には駅からの距離が書いてあるのに、松原湖には距離が書いてありません。ここから2kmぐらいなので、書くまでもないという事かな。

f:id:tkmov:20181113010259j:plain f:id:tkmov:20181113010307j:plain

小海線:小海駅 (こうみ)

(松原湖) - 小海 - (馬流)                   (訪問日: 2018/10/13)

八千穂から旧街道の田園風景を走って来て、小海町の中心部、県道2号線沿いの小海の商店街にやって来ました。といっても9時前なので店はまだ開いてませんが、この雰囲気は小淵沢と似ています。
f:id:tkmov:20181112232436j:plain

で、隣の馬流駅が隠れ家的な駅だったのから一転して、商店街に面して立派な小海駅が建っています。どのくらい立派かと言うと、左手にショッピングセンター、右手に病院とJA、頭には時計塔を頂くぐらい立派です。

駅前広場には特に送迎用の駐車スペースはありませんが、左手のSC(アルル)の裏に駐車場があり、トランザルプもそこに停めて廻りました。駐輪場は確認できず。

f:id:tkmov:20181112233622j:plain

駅員はいますが(委託業務かも)、業務は7:00~16:30でみどりの窓口はこの9月に閉鎖されています。自動券売機あり、自動改札は無し。隣のSCと繋がっているので、買物、食事にはそちらを利用できます。トイレもあり。建物財産標は確認できず。
f:id:tkmov:20181112233632j:plain

f:id:tkmov:20181112233640j:plain

f:id:tkmov:20181112233648j:plain
待合室にはストーブが待機中。この日の朝は10℃を割ってたと思いますが、まだ稼働しないんですかね。

ホームは2面3線で、千鳥配置の島式ホームへは構内踏切で渡ります。いずれのホームも長さは83歩。
f:id:tkmov:20181112235040j:plain

f:id:tkmov:20181112235046j:plain

f:id:tkmov:20181112235051j:plain

駅名標は臨時快速"HIGHT RAIL 1375"仕様の横長のものと、松原湖の写真をあしらった2つ。写真付きのものは甲斐小泉にもありましたね。

f:id:tkmov:20181112235453j:plain f:id:tkmov:20181112235457j:plain

f:id:tkmov:20181112235500j:plain

小海線:馬流駅 (まながし)

(小海) - 馬流 - (高岩)                    (訪問日: 2018/10/13)

高岩駅から南へ、千曲川右岸の小海線を県道2号で並走すると東馬流の集落につきますが、ここにある馬流駅がなかなかの隠れ駅で、駅名の難読さよりもバイクでの入り難さの方が印象的な駅です。

f:id:tkmov:20181111164037j:plain

馬流駅は東馬流の集落の奥にある訳ですが、下の写真にあるように路地を右左に分け入った先に、ようやくたどり着く事ができます。曲がり角ごとに駅への道案内があるので迷う事は無いのですが、だんだんと細い路地に誘い込まれてゆくのが少し怖い。

f:id:tkmov:20181111164047j:plain

f:id:tkmov:20181111164055j:plain

f:id:tkmov:20181111164110j:plain

f:id:tkmov:20181111164118j:plain

ここまでは軽自動車なら何とか入って来そうですが、それもここまでで、駅に入る最後の道が下の写真。(これはトランザルプを何とか切り返した後に、駅のホーム側から見返したところ。次の写真でも分かるように、撮影で立っている場所が既にホームですから) 
f:id:tkmov:20181111165441j:plain

この細い道が直接ホームにつながっているので、狭いホームでトランザルプを切り返すのも一苦労でした。(間違えてトランザルプを線路に落として列車を停めたら、明日の地元紙に乗るだろうな、とか、ここで列車が来て見られると恥ずかしいな、とか思いながらーーー 実際、久代駅では運転手に睨まれたこともあるし)

f:id:tkmov:20181111165524j:plain

馬流駅はホーム上に待合所があるだけの無人駅で単式1面1線、ホーム長は84歩。自動券売機、改札機、飲料自販機、トイレは無し。上に見たように集落の裏側にあるので、駐車場、駐輪場も、売店などもなし。待合所は建物財産票に拠れば昭和10年築ですが、改装をしているせいか、かなりきれいな外観・内装です。下はホームから見た小諸方面。
f:id:tkmov:20181111170732j:plain

f:id:tkmov:20181111170739j:plain

f:id:tkmov:20181111171056j:plain

f:id:tkmov:20181111171102j:plain f:id:tkmov:20181111171105j:plain

入口の道の分かり難さは諸寄駅飯浦駅船平山駅に似ていて、道がそのままホームに直結しているという点では備後三日市駅所木駅(今は廃止)、久代駅と同じです。でも両方を兼ね備えていて、しかもホームでの切替しの難しさでは一番、入りたくない駅ですね。(いや、トランザルプなんかで入る方が悪いんですけど)

 

小海線:高岩駅 (たかいわ)

(馬流) - 高岩 - (八千穂)                    (訪問日: 2018/10/13)

八千穂駅から線路沿いに県道2号を走ると、県道沿いの踏切り脇に高岩駅があります。

集落のすぐ裏にあるので駐車場、駐輪場は無し。ホームには県道から入った脇道にある踏切りから入ります。(下の写真で右端に踏切りがあります。踏切りを過ぎたところにある空地にバイクを停めて撮った写真が下で、左側が小淵沢方向)

f:id:tkmov:20181111134213j:plain

駅舎は無くホーム上に待合室が1棟のみ。ホームは小淵沢方向に見て右側に単式1面1線、ホーム長は84歩。無人駅で自動券売機、改札機は無し。飲料自販機もトイレもなし。

f:id:tkmov:20181111134225j:plain

下は小淵沢方面の線路
f:id:tkmov:20181111134230j:plain

下は小諸方面。ホーム入口の踏切りとバイクを停めた空地はこちら側。
f:id:tkmov:20181111134236j:plain

f:id:tkmov:20181111134319j:plain f:id:tkmov:20181111134322j:plain

f:id:tkmov:20181111134326j:plain