tkmov(バイクとローカル線と)

バイクでローカル線を巡るという、少し変なブログ

姫新線:古見駅 (こみ)

(美作落合) - 古見 - (久世)                   (訪問日: 2018/06/17)

刑部から次の美作落合まで、ずっと集落の中心に位置する駅が続いてきましたが、対照的にこの古見駅は特に大きな集落もない田園地帯の中の無人駅。県道から駅への入口は下の写真のとおり、目立った目印や特に標識は無く、「古見駅前」のバス停が目印変わりです。

f:id:tkmov:20180912233356j:plain

駅への通路はスペースの無い袋小路なので、車で入る時は注意。二輪車なら入れるけれど、駐輪場は県道の反対側に設置されてます。駐車場は無し。

f:id:tkmov:20180912233359j:plain

古見駅は駅舎の無い無人駅。自動券売機、飲料自販機、トイレは無し。当然というか売店、食堂もありません。ホームは1面1線の棒状駅で開放型の待合所を設置、県道からの通路はこの待合所の隣に繋がっています。ホーム長は137歩。

f:id:tkmov:20180912234054j:plain

下はホームから見た新見方向、その次が津山方向。駅前は基本的に田んぼです。
f:id:tkmov:20180912234057j:plain

f:id:tkmov:20180912234103j:plain

 

f:id:tkmov:20180912234726j:plain

建物財産標は待合所ではなくて、その隣にある設備建屋のもので、待合所では確認できず。どうも電線管にぶら下げられてペンキで塗り込められているのが財産票の様な気もしますが。

f:id:tkmov:20180912234729j:plain f:id:tkmov:20180912234732j:plain

 

姫新線:久世駅 (くせ)

(古見) - 久世 - (中国勝山)                   (訪問日; 2018/06/17)

勝山から旭川沿いに国道181をたどって、真庭市の中心の久世市街。国道から少し北の旧道に入った所が久世駅は木造平屋瓦葺の有人駅。真庭市役所の最寄駅になっているとはいえ、勝山駅よりはかなり渋い風貌です。こういっては何ですが、古民家の風情と言うよりは、くたびれた古家という感じです。駅前の空地には車4~5台分程度のスペース、駅左手の駐車場は月極です。駐輪場は駅右手に屋根付きで約60台分、ただし大型二輪には狭すぎて、すいてないと使えませんね。駅と駐輪場の間にあるのは、林業地帯らしく木製の真新しいトイレで、名前も「木テラス」というから休憩所兼用です。

f:id:tkmov:20180912000622j:plain

f:id:tkmov:20180912001709j:plain

f:id:tkmov:20180912001713j:plain

自動券売機は無く対面販売ですが、窓口業務は8:00~16:30です。待合室に飲料自販機あり、売店は駅舎や近くには無いですが、少し歩けば出雲街道=国道181沿いにいろいろあります。

f:id:tkmov:20180912002228j:plain

f:id:tkmov:20180912002231j:plain

f:id:tkmov:20180912002235j:plain

ホームは対面式の2面2線式、対向ホームへ行くには跨線橋を使います。ホーム長は約163歩。

f:id:tkmov:20180912002909j:plain

跨線橋から見た新見方向と津山方向の線路。勝山よりはすこし地形が開けてます。
f:id:tkmov:20180912002913j:plain

f:id:tkmov:20180912002916j:plain

対向ホームには開放型の待合室があり(昭和9年設置)。ホームの端は奥の貯木場からの草叢に浸食されつつあります。
f:id:tkmov:20180912003140j:plain

f:id:tkmov:20180912003144j:plain

 建物財産標はホームの待合室のもの(駅舎では確認できず)

f:id:tkmov:20180912003416j:plain f:id:tkmov:20180912003418j:plain

f:id:tkmov:20180912003420j:plain f:id:tkmov:20180912003423j:plain

f:id:tkmov:20180912003426j:plain

 

 

 

姫新線:中国勝山駅 (ちゅうごくかつやま)

(久世) - 中国勝山 - (月田)                  (訪問日: 2018/06/17)

富原、月田と月田川ぞいに下って来て、旭川と合流するところが勝山です。街道筋でいえば、津山から松江に抜ける出雲街道=国道181に合流することになります。下は国道181号に合流した交差点。街道筋だけあって、道端の民家も立派になって交通量も増えます。

f:id:tkmov:20180910230437j:plain

中国勝山駅はコンクリート製瓦葺の有人駅(委託業務らしい)で、新見駅以来の街中の駅です。自動券売機は無く窓口での対面販売。待合室には自販機、トイレあり。待合室隣は土産物店で、その奥はうどん屋。周囲は勝山市街地なので売店・食堂などあり、昔ながらの「鉄道駅」という雰囲気があります。

駅前には送迎用駐車場が何台分かあり、駅左手にも駐車スペースと駐輪場(屋根付で約50台分)があります。(ただし駐輪場は観光客用で、通勤通学者用は確認できず)

f:id:tkmov:20180910230746j:plain

f:id:tkmov:20180910230750j:plain

f:id:tkmov:20180910230754j:plain

f:id:tkmov:20180617134417j:plain

 ホームは相対式2面2線ですが、島式ホームの駅舎反対側には保線用の線路と車庫があります。ホーム長は約157歩。駅舎側ホームの新見側に構内踏切があったので、何気なく通って対向ホームに渡りましたが、案内が無いので旅客用ではなかったのかも。

f:id:tkmov:20180910231826j:plain

下は構内踏切から対向ホームへの通路。どうみても旅客用ではないですね。
f:id:tkmov:20180910231831j:plain

で、こちらが旅客用の跨線橋。下は跨線橋から見た新見方面と津山方面の線路の様子。
f:id:tkmov:20180910231835j:plain

f:id:tkmov:20180910232616j:plain

f:id:tkmov:20180910232621j:plain

建物財産標は、対向ホーム上の待合所と、保線路の向こうにあった詰所のもの。
f:id:tkmov:20180910232904j:plain f:id:tkmov:20180910232907j:plain

f:id:tkmov:20180910232910j:plain f:id:tkmov:20180910232912j:plain

f:id:tkmov:20180910233842j:plain

 

 

境線 駅名

境線の駅名リスト

(山陰本線:米子)
- 博労町 - 富士見町 - 後藤 - 三本松口 - 河崎口
- 弓ケ浜 - 和田浜 - 大篠津町 - 米子空港 - 中浜
- 高松町 - 余子 - 上道 - 馬場崎町 - 境港

 

境線のその他の記事

境線:沿線-水木しげるロード - tkmov(バイクとローカル線と)

境線:沿線-水木しげるロード

(訪問日: 2018/09/07)

境港に、かわった和菓子があるというので、台風と秋雨前線の隙をぬって走ってきました。境港の近くのバス待機場に駐輪後、東へ向けて水木しげるロードを散策して、東端の水木しげる記念館のとなりの妖怪食品研究所が目的地です。

f:id:tkmov:20180909021410j:plain

f:id:tkmov:20180909021413j:plain

 

ここで売っている「目玉おやじ」はこし餡と練り切りで出来た、リアルな目玉おやじです。お土産用には体はついてませんが、食べ歩き用に、体を模した串がついたのも売られてます。
f:id:tkmov:20180909021416j:plain

f:id:tkmov:20180909021419j:plain

店名がキャッチ―で店内には骸骨がひかえてますが、お菓子自体はお茶うけに合う上品な味で、お使い物にもピッタリです。見た目さえ受け入れられるならば、ですが。

f:id:tkmov:20180910001700j:plain

f:id:tkmov:20180910001705j:plain

f:id:tkmov:20180910001812j:plain

 

一つだけ見れば一人の目玉おやじですが、15個入詰め合わせもあって、15人の目玉おやじに見つめられると、百鬼夜行図の格子戸に宿る目玉の妖怪を思い出してしまいます。