tkmov(バイクとローカル線と)

バイクでローカル線を巡るという、少し変なブログ

このBLOGについて

このBLOGを思い立ったのは2015年夏。元々は別のBLOGに書き込んでいたのですが、雑然としてきたのでもう一つBLOGを起ち上げたものです。*1

ここ数年は距離と時間を稼ぐために高速移動が多くて*2、ローカル道を通っていないと反省。ローカル道といえばローカル線、 ローカル線の駅をたどって行くとちょっと違った風景が見えるかな、と思い立った次第。*3

やってみると駅探訪になってしまいそうですが、あくまでローカル「道」を走るという事が主眼ですから。*4

駅名リストのリスト - tkmov(バイクとローカル線と)

注) 訪問後に順次アップするので、記事の日付と訪問日はバラバラです。

*1:なので、このBLOG開始は2016年頭ですが、記事は2015年からの物があります。

*2:2016/10/28追記 結局遠くのローカル線に繰返し遠征するので高速道路移動は多いままです

*3:2015年の記事は旧BLOGからのインポートなので、リンク先がこのBLOG外になっていることがあります

*4:訪問した駅名リストは、カテゴリ「駅名リスト」から参照できます

伯備線:日羽駅(ひわ)

(豪渓) - 日羽 - (美袋)                (訪問日: 2017/06/18)

豪渓駅から、いよいよローカル線4点セット(川、山、鉄道、国道)が揃うことになります。とは言いながら、日羽集落では伯備線が集落の背後をショートカットして山側に入り込むので、駅は集落内の生活道を抜けた上になります。

下の写真は国道を右折したところ。中央の民家のとこを右折した先に駅があるのですが、ちょっと駅があるとは思わない入口です。

f:id:tkmov:20170625232931j:plain

日羽駅への道。右手奥にかすかに架線が見えますが、あそこが駅。

f:id:tkmov:20170625232939j:plain

日羽駅はトンネルに挟まれて谷間の盛土上にある、ほぼ橋上駅。駅舎は無く上下線双方のホーム上に待合所があります。券売機は上り線側にだけあり(チャージ機能付)、タッチ式改札機は両ホームに設置。トイレは上り線ホームの下、駐車場は下り線側に3台分、駐輪場はたぶん無し。周辺に店舗・食堂は無し。

f:id:tkmov:20170625233438j:plain

f:id:tkmov:20170625233441j:plain

ホームから見た倉敷方面(上)と新見方面(下)。両方ともトンネルに挟まれています。

f:id:tkmov:20170625234109j:plain

f:id:tkmov:20170625234113j:plain

f:id:tkmov:20170625234346j:plain f:id:tkmov:20170625234353j:plain

建物資産標はトイレのもの。伯備線が複線化して日羽駅が移設されたのがS45年9月なので(Wikipedia)、このトイレはその時に作られたものでしょう

 

伯備線:豪渓駅(ごうけい)

(総社) - 豪渓 - (日羽)                   (訪問日: 2017/06/18)

伯備線総社駅から北へ高梁川沿いにゆくと思いきや、川沿いの山中をトンネルで抜けてしまうので、沿道が途中でなくなってしまいます。しようが無いので途中、宝福寺境内を通って高梁川に出て豪渓駅まで北上します。

総社市役所から高梁川まで伸びる直線路で伯備線を横断(この道路、地図で見ると線路跡の様に見えるんですけどね)。通る列車は昔よく山陽本線で見てた通勤列車です。(鉄分が無いんで型式とか分かりません)

f:id:tkmov:20170625223902j:plain

伯備線の沿線で北上中、この先は「生活道につき通行ご遠慮 云々」と看板が出ていますので、左折して山越え、高梁川に出ます。

f:id:tkmov:20170625223906j:plain

f:id:tkmov:20170625224414j:plain 途中の山中にある宝福寺の三重塔。

そんなこんなで高梁川河畔でもう一度伯備線と合流し、国道から旧道に入って豪渓駅に到着します。駅前は観光バスも入れそうな広さで駐車場が30台分くらい(月極めかもしれない)。駅前の建物は民宿風な感じがするしタクシー会社もあって、ちょっと観光地の駅みたいな雰囲気。実際駅名も地名(宍栗)ではなく、上流の観光地の名前を採っているし。駅は待合室のみで自動券売機(チャージ機能付)、飲料自販機、トイレが設置。改札はタッチ式自動改札(扉無し)。建物財産標は未確認。

f:id:tkmov:20170625224716j:plain

f:id:tkmov:20170625224722j:plain

ホームは2面3線。新見方向をのぞむ。

f:id:tkmov:20170625224728j:plain

f:id:tkmov:20170625225918j:plain

f:id:tkmov:20170625225922j:plain

 

 

吉備線:沿線-備中国総社宮 (びっちゅうのくにそうじゃぐう)

(服部) - - (東総社)                (訪問日: 2017/06/18)

東総社駅から国道180沿いに東へ数百m進んだところにある、備中総社宮。総社市の地名由来になったお宮です。

実は国道から入ると社務所裏の駐車場から入ることになるので正面参道がよくわからず、南側の回廊が正面かと勘違いしてしまいました。正しくは庭園のある東側が正面参道だったようです。

ということで、下は南側参道にある回廊入口。ここから拝殿に進んでゆきます。

f:id:tkmov:20170625194353j:plain

 後楽園築庭の元となったと言われる、回廊東側にある三島式庭園。この右側には天満宮があります。

f:id:tkmov:20170625210900j:plain

回廊西側から見た本殿と拝殿。

f:id:tkmov:20170625210904j:plain

 

拝殿正面。この拝所の天井には天岩戸神楽の面が飾ってあります。

f:id:tkmov:20170625211257j:plain

f:id:tkmov:20170625211304j:plain

f:id:tkmov:20170625211310j:plain

 

吉備線:東総社駅 (ひがしそうじゃ)

(服部) - 東総社 - (総社)                (訪問日: 2017/06/18)

伯備線ルートで総社に来たついでに吉備線東総社駅に寄ってみました。総社の街中は線路沿いに走ることは叶わないので、旧市街を抜けて国道180沿いの東総社駅へ。日曜の朝であれば、旧市街にあまり人がいないのはしようが無いか。

f:id:tkmov:20170625185643j:plain

 

東総社駅はコンクリート製1階建ての無人駅。自動券売機(チャージ機能付き)、自動改札機(扉無)、飲料自販機設置。トイレは駅舎内でホーム側と待合室側両用です。駅前に送迎用駐車場が5~6台分、屋根付き駐輪場。駅に売店はないですが国道沿いなので周囲に店舗あり。東隣にはちょっと大きなパン屋もあり。

f:id:tkmov:20170625185728j:plain

f:id:tkmov:20170625185732j:plain

ホームは2面2線。岡山方面をのぞむ。駅名標は「桃太郎線」の愛称通り桃色。

f:id:tkmov:20170625185738j:plain

f:id:tkmov:20170625190331j:plain

f:id:tkmov:20170625190336j:plain

駅の南には旧家らしき大きな屋敷。その対面には、朝から行列のできる大きなパン屋さんという対比。

f:id:tkmov:20170625190549j:plain

f:id:tkmov:20170625191008j:plain

吉備線:駅名

JR吉備線の駅名リスト

(山陽本線:岡山)
備前三門 - 大安寺 - 備前一宮 - 吉備津 - 備中高松
足守 - 服部 - (東総社)
(伯備線:総社)

 

その他の記事

吉備線:沿線-備中国総社宮 (びっちゅうのくにそうじゃぐう) - tkmov(バイクとローカル線と)

伯備線:清音駅(きよね)

(倉敷)(川辺宿)- 清音 - (総社)                (訪問日: 2017/06/18)

倉敷から伯備線に並走するには県道24号で高梁川沿いに北上します。(新見までは高梁川に沿ってゆくわけです)

途中、高梁川を越えて井原線のトラス鉄橋が合流してきます。この錆色は古いんじゃなくて、無塗装の耐候性鋼材とのこと。

f:id:tkmov:20170625001010j:plain

伯備線井原線清音駅総社駅間で重複区間になるので、清音駅にはJRと井原鉄道の二つがあります。下の写真はJR側、井原鉄道はこの右側の跨線橋を越えた先になります。(井原線清音駅)

有人駅らしいのですが、訪れた時は駅員不在 (この時は、次は12:25からの営業)。自動券売機(チャージ無)設置、改札はタッチ式の自動改札。トイレはホーム内にあり。駐車場は駅前広場に14台分(ただしこの内8台は駅前のパン屋さん専用)、駐輪場はこちら側には無く、東側にあります。

f:id:tkmov:20170625001127j:plain

f:id:tkmov:20170625001133j:plain

f:id:tkmov:20170625001137j:plain

ホームから倉敷方面をのぞむ。井原線のホームは島ホームの先、陸橋の向こう側になります。

f:id:tkmov:20170625002401j:plain

下は新見方向の風景

f:id:tkmov:20170625002407j:plain

f:id:tkmov:20170625002606j:plain f:id:tkmov:20170625002611j:plain

f:id:tkmov:20170625003204j:plain

清音駅に売店・食堂はありませんが、駅舎左手にパン屋があり、日曜朝から途切れることなくお客がいます。店のおすすめは黄粉パンだそうです。(もちもち生地ですが外側が少し硬すぎ?)