tkmov(バイクとローカル線と)

バイクでローカル線を巡るという、少し変なブログ。訪問駅のリストは、カテゴリ「事務連絡」の中の「駅名リストのリスト」から辿る事が出来ます。

このBLOGについて

バイクでローカル線をめぐるという、少し変なブログ。鉄分がほぼゼロなので、鉄道趣味的なものは期待しないでください。やってみると駅探訪になってしまいそうですが、あくまでローカル「道」を走るという事が主眼ですから。

訪問後に記事を順次アップするので、記事日付と訪問日はバラバラですし、データベースとして使用しているので後から情報を追記・修正することもあります。訪問した駅名リストは、カテゴリ「駅名リスト」から参照できます

駅名リストのリスト - tkmov(バイクとローカル線と)

 

北松江線:湖遊館新駅駅 (こゆうかんしんえき)

(布崎) - 湖遊館新駅 - (園)                          (訪問日: 2019/08/03)

隣の園駅から西、北松江線干拓地の田畑の中を直進するようになって国道から離れてゆくので、湖遊館新駅駅も田んぼの中を湖岸に向かって南に入った先にあります。でも宍道湖岸にある湖遊館や自然館は、更に南に500mくらい行った先ですけどね。

 湖遊館新駅駅は鉄骨製ホームの上に待合所が1棟のみの無人駅。券売機、改札機はなし。ホームへは踏切脇から直接入りますが、その踏切北側には駐輪場(約10台分)とトイレ、飲料自販機が設置。駐車もできそうですけど、駐車区画ではなさそうです。

f:id:tkmov:20190910003349j:plain

f:id:tkmov:20190910003357j:plain

ホーム上には駅名標はなく、待合所に掲げてある看板が駅名標代わりのようです。トイレの看板といい、全体をパステル調・絵本風に統一しようとしている?
f:id:tkmov:20190910003353j:plain

f:id:tkmov:20190910004526j:plain

f:id:tkmov:20190910004530j:plain

ホームは1面1線で線路の北側(松江から見て右側)に設置、ホーム長は57歩です。下の写真はホームから見た出雲方面
f:id:tkmov:20190910004704j:plain

下は松江方面
f:id:tkmov:20190910004709j:plain

北松江線で唯一、パステル調の駅名標(?)
f:id:tkmov:20190910005308j:plain

f:id:tkmov:20190910005001j:plain

f:id:tkmov:20190910005426j:plain

 

 

北松江線:伊野灘駅 (いのなだ)

(一畑口) - 伊野灘 - (津ノ森)                          (訪問日: 2019/08/03)

松江からたどってきた一畑電車北松江線は、伊野灘駅出雲市に入ります。北松江線はほぼ湖岸の平坦地ばかりを通るのですが、ここの伊野灘前後だけは(松江と出雲の境のせいか)、わずかとは言え尾根越えの登坂になっています。

坂道を下ってきて、国道沿いの線路盛土下のアンダーパスから伊野灘駅に入ります。(もっと松江寄りの尾根筋から線路北の旧道に入れるようですが、今回は入口を見逃してしまいました)
f:id:tkmov:20190908224112j:plain

下写真は線路下をくぐって駅に登る道を移したところ。こうしてみると単車でも入れそうだと思ったんですが....
f:id:tkmov:20190908224117j:plain

道は駅舎のところで行き止まり。道幅狭くてUターンもできないので、結局、単車を押してバックで下の道まで戻る羽目になってしまいました。まあ、瀬踏みもせずに勝手に入ったほうが悪いんですけど。
f:id:tkmov:20190908224401j:plain

伊野灘駅は1面1線のホーム上に待合所が1棟あるだけの無人駅。自動券売機、改札機、トイレは設置されず。駐輪場、駐車場もなし。ホームは線路北側(松江から見て右側)でホーム長は63歩。下写真はホームから見た松江方面。
f:id:tkmov:20190908225028j:plain

下は出雲方面の写真。ここの伊野川沿いは東西を尾根に挟まれた細い谷筋なので、西側もすぐに上り坂になっています。
f:id:tkmov:20190908225037j:plain

待合室には映画「Railways」のポスターあり。この駅も撮影に使われたそうですね。
f:id:tkmov:20190908225651j:plain

f:id:tkmov:20190908225655j:plain

周囲は田畑と民家ばかりの中、駅の下には住宅を改装したような美容院があります。「駅前には散髪屋/美容院あり」という法則はこんなところでも有効なようです。
f:id:tkmov:20190908230714j:plain

f:id:tkmov:20190908231041j:plain

 

北松江線:津ノ森駅 (つのもり)

(伊野灘) - 津ノ森 - (高ノ宮)                            (訪問日: 2019/08/03)

島根半島を横断する県道がいくつかありますが、津ノ森もそういう県道256の分岐点にあります。

津ノ森駅は国道431から旧道に入った所、北向きに建った木造瓦葺の蔵風の駅舎がある無人駅。駅舎の造形やホーム構造などは秋鹿町駅とよく似ています(トイレは少し屋根のデザインがちがいますが)。駐車場は駅舎の左手の空地に約15台分、その向かいに屋根付き駐輪場が約100台分あります。トイレは駅舎前に別棟で設置。駅舎内には自動券売機があります。

f:id:tkmov:20190907233439j:plain

f:id:tkmov:20190907233445j:plain

f:id:tkmov:20190907233450j:plain

駅舎窓口は閉鎖されていますが、朝夕には一時的に駅員が配置されるようです。でも終電は22時ごろまであるのに、なんで自動券売機は19:10までなんでしょう。
f:id:tkmov:20190907233806j:plain

ホームは1面2線で駅舎からは構内踏切を渡って入ります。駅舎のまえの遮断器やホームの屋根とか、秋鹿町駅とよく似てます。(でも構内踏切の先が国道に接続されていない点はちょっと違いますが)
f:id:tkmov:20190907234219j:plain

f:id:tkmov:20190907234225j:plain

下はホームから見た出雲方面、次の伊野灘駅へ向かって岬越えの上り坂。
f:id:tkmov:20190907234232j:plain

こちらは松江方面の景色。
f:id:tkmov:20190907234237j:plain

f:id:tkmov:20190907235337j:plain

f:id:tkmov:20190907235344j:plain


 

北松江線:高ノ宮駅 (たかのみや)

(津ノ森) - 高ノ宮 - (松江フォーゲルバーク)                    (訪問日: 2019/08/03)

北松江線沿線は基本的に、宍道湖北岸から山に向かって湖岸ー国道431-線路ー市街地、という並びになっているので、松江から来るといつも国道を右折して旧道に入って駅に到着することになります。秋鹿町駅までは駅へのアプローチが分かりにくい事が多いのですが、この高ノ宮駅は国道からもよく見えてアプローチしやすいです。

高ノ宮駅へは国道から踏切を渡って、空地横の小路を通って入ります。小路途中には屋根付き駐輪場が20台分、駐車場は無し(手前に見える空地はたぶん休耕地です)。下の写真の左端にホーム上の待合所が写ってますが、Wikipediaの写真に比べるときれいになっているので、最近改装したのかもしれません。ホームはこの写真の右端から待合所あたりまでです。(待合所の壁の駅名看板をきちんと写し損ねてしまいました。やはり鉄道ファンにはなれないな)
f:id:tkmov:20190905234144j:plain

f:id:tkmov:20190905234517j:plain

高ノ宮駅はホーム上に待合所が1棟あるのみの無人駅。自動券売機、改札機、飲料自販機、トイレは無し。売店・食堂なども近隣に無し。ホームは1面1線で線路の北側(松江から見ると右側)に設置で、ホーム長は66歩。

f:id:tkmov:20190905235348j:plain

f:id:tkmov:20190905235353j:plain

ホームの植栽や駅入り口の生垣はきれいに剪定されているし、待合所も改装されているようで、よく手入れされている駅です。
f:id:tkmov:20190905235400j:plain

f:id:tkmov:20190905235405j:plain

f:id:tkmov:20190905235845j:plain

 

 

北松江線:松江フォーゲルパーク駅 (まつえふぉーげるぱーく)

(高ノ宮) - 松江フォーゲルパーク - (秋鹿町)                    (訪問日: 2019/08/03)

ハシビロコウがお出迎え、花と鳥の楽園 松江フォーゲルパーク駅です。ここで注目すべきは駅名に「前」がないという事。つまり駅はパークの前ではなくパーク内(正確には駐車場の中)にあるので、一旦駐車場に入らないと駅に入れません。完全にフォーゲルパーク専用駅です。

駐車場には二輪でもゲートを通らないと入れないので、面倒なので手前の歩道に単車を置いて徒歩で入場。でも後でよく見ると2時間以内なら無料なんですね。(まあ、このフォーゲルパークを2時間で見て回るのはちょっと無理と思いますけど)
f:id:tkmov:20190904223426j:plain

f:id:tkmov:20190904223443j:plain

こちらはフォーゲルパークの入口ですが、今回はパス。
f:id:tkmov:20190904223833j:plain

松江フォーゲルパーク駅は神社造りを模した屋根が特徴の無人駅。駐車場から直接ホームに入り駅舎は無し。ホーム上の松江側端にホーム屋根と一体化した待合室が一棟で券売機はなし。飲料自販機やトイレはありませんが、フォーゲルパークにあるからよいか。(ところで神社の千木は本来両端に一対あるだけで、棟の途中にあるのは鰹木のはず。やはり「神社風」ですね)
f:id:tkmov:20190904224253j:plain

f:id:tkmov:20190904230022j:plain

待合室の内装は障子風のサッシ、外装は格子戸になっていて和風の雰囲気。
f:id:tkmov:20190904230114j:plain

f:id:tkmov:20190904230119j:plain

 

ホームは1面1線の棒線駅で、線路の北側(松江からみて右側)にホームがある構造は他の棒線駅と同じです。ホーム長は52歩とかなり短め。

f:id:tkmov:20190904230905j:plain

f:id:tkmov:20190904230911j:plain

 駐車場からの入口にある、昔なつかしい楕円形の改札口(って、これは何というんだろう、ラッチとか?)。無人駅にこのような改札口は不要のはずですが、旧大社駅の改札口へのトリビュートかな。(JRの駅を模するのも変な話ですが、そもそも松江しんじ湖駅にも大社前駅にもこういう改札口は無かったですから。そういえば出雲市駅にはあっただろうか)
f:id:tkmov:20190904231100j:plain

f:id:tkmov:20190904232830j:plain

 

北松江線:秋鹿町駅 (あいかまち)

(松江フォーゲルパーク) - 秋鹿町 - (長江)                   (訪問日: 2019/08/03)

松江からくると線路を越えて駅に入るには右折になるのですが、湖岸の国道431は結構交通量があり、ついつい右折をしそこねて駅を通り過ぎてしまいます。秋鹿町駅も旧道への入口がなかなか見つからず数百m先をUターンしてようやく到着しました。(北松江線はバイク・車で入るには高難度な駅が続きます)

f:id:tkmov:20190901232228j:plain

f:id:tkmov:20190901232235j:plain

秋鹿町駅は酒蔵風の駅舎と藁葺屋根を模したトイレが並ぶ無人駅(たぶん)。待合室には自動券売機が設置、改札機はなし。券売窓口はカーテンで閉鎖中。駐車場は駅舎左手の空地に5~6台分、右手には屋根付き駐輪場が約100台分で売店・食堂は無し。

秋鹿と書いて「あいか」とはちょっと変わった読みですが、それも律令前の神代からの地名由来といえば少し納得。ただ、北松江線が出来た昭和初期は秋鹿「村」だったと思うのですが、松江市と合併した後に駅名変更したんですかね。
f:id:tkmov:20190901233118j:plain

f:id:tkmov:20190901233134j:plain

f:id:tkmov:20190901233139j:plain

改札口からホームへの構内踏切の先は国道からの出入口、ですが国道側はすぐに湖岸で何もないけど、ここを使う人はいるのかいな。

f:id:tkmov:20190901234801j:plain

f:id:tkmov:20190901234929j:plain

ホームは1面2線、ホーム上には屋根付きの待合所が1棟、ホーム長は91歩。

f:id:tkmov:20190901235117j:plain

下はホームから見た出雲方面。その次は松江方面。

f:id:tkmov:20190901235124j:plain

f:id:tkmov:20190901235144j:plain

f:id:tkmov:20190901235510j:plain

f:id:tkmov:20190902000200j:plain