読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tkmov(バイクとローカル線と)

バイクでローカル線を巡るという、少し変なブログ

このBLOGについて

事務連絡

このBLOGを思い立ったのは2015年夏。元々は別のBLOGに書き込んでいたのですが、雑然としてきたのでもう一つBLOGを起ち上げたものです。*1

ここ数年は距離と時間を稼ぐために高速移動が多くて*2、ローカル道を通っていないと反省。ローカル道といえばローカル線、 ローカル線の駅をたどって行くとちょっと違った風景が見えるかな、と思い立った次第。*3

やってみると駅探訪になってしまいそうですが、あくまでローカル「道」を走るという事が主眼ですから。*4

駅名リストのリスト - tkmov(バイクとローカル線と)

注) 訪問後に順次アップするので、記事の日付と訪問日はバラバラです。

*1:なので、このBLOG開始は2016年頭ですが、記事は2015年からの物があります。

*2:2016/10/28追記 結局遠くのローカル線に繰返し遠征するので高速道路移動は多いままです

*3:2015年の記事は旧BLOGからのインポートなので、リンク先がこのBLOG外になっていることがあります

*4:訪問した駅名リストは、カテゴリ「駅名リスト」から参照できます

呉線:川原石駅(かわらいし)

呉線

(呉) - 川原石 - (吉浦)           (訪問日:2017/03/19)

呉市街地から西進して海岸通りのR31から1本山側に入った旧道から川原石駅にアプローチ。旧道から線路が見えたので、いつものとおり勘で入ってみたけど、階段道なのでバイクを置いて線路沿いに広島方向に向けて歩きです。

f:id:tkmov:20170320235805j:plain f:id:tkmov:20170320235813j:plain 跨線橋から広島方面を臨む。

線路沿いの路傍(というか庭先)にある開駅記念石碑、昭和33年の再設置時のものらしいのですが、川原石駅はここから600mぐらい広島寄り。川原石駅は1999年に500m移動しているとの事なので、以前の駅近くという事なんでしょう。

f:id:tkmov:20170321000038j:plain f:id:tkmov:20170321000042j:plain

 石碑から更に広島方向に、アンダーパスを通って進むと旧駅のホーム(だと思う)に出ます(でもホームにしては高さが足りないような気がする)。写真はちょうど通過する広行き快速。

f:id:tkmov:20170321000852j:plain f:id:tkmov:20170321000859j:plain

旧駅ホーム(?)から現駅までは細道を曲がって、港町小学校の脇を抜けて

f:id:tkmov:20170321001259j:plain f:id:tkmov:20170321001304j:plain f:id:tkmov:20170321001307j:plain f:id:tkmov:20170321001321j:plain

こうしてようやくたどり着いた川原石駅。といってもR31が並走するので、国道からなら50mくらいで着きますけどね。

盛土上のほぼ橋上駅でホーム上に待合室とトイレあり。自動改札機(扉無)と券売機(ICOCAチャージ機能付)設置。売店、自販機はなし。山裾の地形のため駐車場なし、駐輪場は盛土下に約300台分あり。

f:id:tkmov:20170321002903j:plain

ホームから呉方面の景色と海側(下り線)ホームの改札口

f:id:tkmov:20170321003138j:plain f:id:tkmov:20170321003150j:plain

f:id:tkmov:20170321003907j:plain

f:id:tkmov:20170321004016j:plain ホームが防音壁(?)に囲まれているので、手を伸ばしてパノラマを撮ったので、すこし繋ぎ目が変なのはご容赦ください。防音壁がなければ、山裾の家々に囲まれた風景が見えるのに。

 

<おまけ>

f:id:tkmov:20170321004315j:plain 駅前の昭和一桁の風情のある家。

f:id:tkmov:20170321004346j:plain 線路に並走する旧道に面する旧家の蔵

f:id:tkmov:20170321004352j:plain 旧道角地にある旧家。戦時中には漆喰を黒く塗ったのですが、ここまで真っ黒にした家は見たことがない。その左隣の家壁は、昔の海自集会所の壁と同じような装飾です。

 

樽見線:沿線-旧谷汲駅

05:樽見線

(谷汲) - 長瀬          (訪問日:2016/10/02)

谷汲口駅から西に、揖斐川とR303へ抜ける県道40沿いにある、旧谷汲線谷汲駅へ寄り道。谷汲線は2001年に廃線になってますが、今でも県道沿いには軌道跡の盛土が見られます。

f:id:tkmov:20170205182758j:plain

駅舎ホーム跡には往時の列車が静態保存されていて、駅は昆虫館に。(駅現役時代から併設だったんですけどね)

f:id:tkmov:20170205183218j:plain

f:id:tkmov:20170205183222j:plain

f:id:tkmov:20170205183227j:plain

駅舎内に掲示されていた沿線図を見て思う事は、濃尾平野の鉄道の充実ぶり。揖斐川両岸に樽見線と谷汲線が並走するし、真桑のあたりでは揖斐線と樽見線の交差。地形のせいで鉄道経路が限られる広島あたりの人間から見ると、濃尾平野は鉄道インフラを作るのに敷居が低いのだなあと思います。(まあ、そういう目で見たら関東や大阪あたりも同じ様なものか)

もう一つは、谷汲線華厳寺への参拝客用に設置されたという点。一畑電車は一畑薬師の、琴電は金毘羅さんの参拝者のために始まった事を考えると、かつて(だいたい大正頃)は、今の観光道路をつける様な感覚で鉄道を敷設していたんだろうと思います。それにしても、これらの目的地の寺社がみんな山上にあるというのも面白い共通点です。

f:id:tkmov:20170205183431j:plain

 

樽見線:谷汲口駅 (たにぐみぐち)

05:樽見線

(木知原) - 谷汲口 - (神海)            (訪問日: 2016/10/02)

神海駅付近で樽見線は左岸へ渡ってしまいますが、県道255は一貫して右岸をたどりますので、県道沿いにバイクを走らせた結果、今回は神海駅に行きそびれてしまいました。

下の写真は県道から谷汲口駅へ入る脇道ですが、路傍に建てられている造成住宅は白壁、焼杉黒板で古民家風。そういうデザインを狙った造成なんでしょうね。

f:id:tkmov:20161230235248j:plain

谷汲口駅は無人駅、駅舎には待合室設置。自動券売機は無し、飲料自販機とトイレは設置。駐車場は約10台、駐輪場(屋根付)も約10台分。周囲に売店・食堂なし。

f:id:tkmov:20161230235411j:plain

f:id:tkmov:20161230235355j:plain

ホームは1面1線だが、駅舎との間に昔の線路跡のスペースが残されています。下の写真は本巣方向、次のは樽見方向の景色。

f:id:tkmov:20161230235359j:plain

f:id:tkmov:20161230235400j:plain

大垣行き列車の入線。少し前に日当駅で見た列車が折り返してきたのではないかな。

f:id:tkmov:20161230235404j:plain

駅構内に展示された車掌室付客車。かなり損傷が進んでいるので屋根とか追設した方が良いんじゃなかろうか。

f:id:tkmov:20161231001118j:plain

客車の説明板

f:id:tkmov:20161231002517j:plain

オハフ33形客車のあゆみ

オハフ33形車掌室付客車は、昭和14年から昭和18年にかけて346両、21年から24年にかけて35両製造された客車で全国各地で活躍したのち、昭和59年10月樽見鉄道の発足に当たり、当時の国鉄から3両購入しレールバスと同一色に模様替えし、オハフ500形と名付けて運行された。
平成2年3月老朽化のため営業運転を終え、そのうち1両を平成2年5月谷汲村へ寄贈され展示保存している。
現在の車体色は、昭和初期の色に復元したもので、赤のラインに白線3本は三等客車を示し、当時は一等車・二等車とあり特別料金が設定されていた。
製造年 相和22年 寸法 長さ 20.00m
定員    68名    高さ 4 .04m
重量   31.8t     幅  2.90m

 

f:id:tkmov:20161231002603j:plain f:id:tkmov:20161231002605j:plain 

f:id:tkmov:20161231002749j:plain 駅舎前のバス停時刻表。「揖斐川町公共交通試行運転事業」「平成29年3月まで火・金運行」とあるので、試験運用中という事らしい。

 

谷汲口駅入口の県道脇にある村社 七社神社。集落の中心に駅と神社という組み合わせはここから北の大半の駅で同様です。(鍋原駅は集落から離れているので、神社からも離れてますけど)

f:id:tkmov:20161231003537j:plain

 

 

樽見線:高科駅 (たかしな)

05:樽見線

(神海) - 高科 - (鍋原)            (訪問日: 2016/0/10/02)

県道255は根尾川右岸をたどる一方、樽見線は根尾川を渡りながら両岸を通ります。鍋原駅は県道と反対側でしたが、高科駅は県道と同じ右岸側。鍋原駅の方からくると根雨川沿いの山道から急に平地集落に出たところに高科駅があります。

f:id:tkmov:20161229234016j:plain

f:id:tkmov:20161229234018j:plain この道の先の左カーブの所を左折したところが駅。

f:id:tkmov:20161229234347j:plain 県道から川へ向かう脇道の先、桜の木の下が高科駅。春になれば桜花がきれいなんでしょう。

 高科駅はホーム上にログ小屋風の待合室がある無人駅。券売機、飲料自販機、トイレは無し。駐輪場は約10台分、駐車場区画は無いけど駅前広場に20台位は停められそう。田畑に囲まれて店舗・売店の類は無し。待合室の横には他にはない灰皿付。(と思ったら日当駅にも有りました)

待合室の造りは日当駅や高尾駅、水鳥駅とほぼ同じ。(鍋原駅だけはホームの幅が狭いせいか、奥行き半分の開放型ですが) どうやら、神海駅以北の後から開通した駅は同じ設計で作ってあるという事か。(そういう事なら、神海駅を見ずに終わったのは少し残念)

f:id:tkmov:20161229234534j:plain

f:id:tkmov:20161229234539j:plain

f:id:tkmov:20161229234524j:plain

f:id:tkmov:20161229234528j:plain

 駅名標の広告にある「ぎふジビエ」というのは、店名ではなく岐阜県の事業の一つの様ですね。

f:id:tkmov:20161229235849j:plainf:id:tkmov:20161229235850j:plain

f:id:tkmov:20161229235846j:plain

樽見線:鍋原駅 (なべら)

05:樽見線

(高科) - 鍋原 - (日当)            (訪問日: 2016/10/02)

日当駅から鍋原駅まで、樽見線は蛇行する根尾川を串刺すように直進しますが、旧道は根尾川右岸を山越えしながら川沿いをたどります。

f:id:tkmov:20161225231236j:plain 日当駅で渡河したら直ぐ峠越えでこんな道。

f:id:tkmov:20161225231239j:plain

根尾川右岸の県道255からは一度川と線路を渡って、Uターンする感じでもう一度川へ向かって斜面を下った所が鍋原駅。写真ではよくわからないけど、駅前広場は結構な斜面なので、駐輪するのに気を使います。ホームは駅名看板の後ろの階段下になります。

f:id:tkmov:20161225231426j:plain

ホームから本巣方面の眺め。駅舎は無くホーム上に待合室一棟、無人駅、券売機、飲料自販機、トイレ無し。駐輪場は屋根付きで約10台分、駐車も10台位はできそう。周囲には店舗なし(国道157まで出れば何かあるかもしれないけど、走ってきた右岸の旧道は店舗どころか人家さえほとんどない)

f:id:tkmov:20161225231429j:plain

f:id:tkmov:20161225233003j:plain f:id:tkmov:20161225233005j:plain

鍋原駅の向かいには鍋原温泉水という看板を掲げる温泉施設(らしきもの)があり。駅から見える看板には「がんが治る湯治湯」「うつ病がなおる温泉水」とか、少し妖しい雰囲気。

f:id:tkmov:20161225233119j:plain

日当駅と鍋原駅の中間にある金原発電所。取水口は何処になるかというと、日当駅の上流にある金原ダム。二万五千分の一地形図には、ダムから発電所への取水トンネルが、蛇行する根尾川を迂回して掘ってあるのが描いてあります。こういうところはネット地図では分からないので、ちゃんと地形図に当たらないといけません。

f:id:tkmov:20161225233432j:plain

f:id:tkmov:20161225233434j:plain

 

 

 

可部線:大町駅 (おおまち)

可部線

(古市橋) - 大町 - (緑井)            (訪問日: 2016/12/25)

古市橋から大町を経て緑井まで、安川が太田川に流れ込むあたりは旧国道は可部線は並走する道路もなく住宅地の中を横切って進みます。昔は安川沿いの田畑の中だったと思いますが。今はモノレールのアストラムラインや山陽自動車道、主要地方道の県道298とかが可部線を横切る形なので、一層、線路に沿って進みにくくなっています。

写真の右側がJR大町駅、左側の3階部分がアストラムライン大町駅。その下の1,2階部分が屋内駐輪場で、2つの駅に囲まれた中がバスターミナル。たぶん駐車場は無し。可部線は盛土上なのでJR大町駅は2階になり、その階下が自動二輪駐輪場です。

f:id:tkmov:20161225222432j:plain

JR大町駅は有人駅、みどりの窓口有り、自動券売機(ICOCAチャージ)、自動改札(扉方式)。トイレは階下のバスターミナル部分にあります。この写真の後ろ側にセブンイレブンがあり、その向こうがアストラムラインへの改札になります。

f:id:tkmov:20161225222436j:plain

下はバスターミナルにある案内図。見れば分かるように線路沿いの道路はありません。ちなみに左側に見える「国道54号」は今は国道183号です。

f:id:tkmov:20161225222441j:plain

f:id:tkmov:20161225223737j:plain

f:id:tkmov:20161225223742j:plain