読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tkmov(バイクとローカル線と)

バイクでローカル線を巡るという、少し変なブログ

このBLOGについて

このBLOGを思い立ったのは2015年夏。元々は別のBLOGに書き込んでいたのですが、雑然としてきたのでもう一つBLOGを起ち上げたものです。*1

ここ数年は距離と時間を稼ぐために高速移動が多くて*2、ローカル道を通っていないと反省。ローカル道といえばローカル線、 ローカル線の駅をたどって行くとちょっと違った風景が見えるかな、と思い立った次第。*3

やってみると駅探訪になってしまいそうですが、あくまでローカル「道」を走るという事が主眼ですから。*4

駅名リストのリスト - tkmov(バイクとローカル線と)

注) 訪問後に順次アップするので、記事の日付と訪問日はバラバラです。

*1:なので、このBLOG開始は2016年頭ですが、記事は2015年からの物があります。

*2:2016/10/28追記 結局遠くのローカル線に繰返し遠征するので高速道路移動は多いままです

*3:2015年の記事は旧BLOGからのインポートなので、リンク先がこのBLOG外になっていることがあります

*4:訪問した駅名リストは、カテゴリ「駅名リスト」から参照できます

因美線:三浦駅 (みうら)

(美作加茂) - 三浦 - (美作滝尾)            (訪問日: 2017/04/16)

 

津山盆地と加茂町の集落の間、加茂川に両側から山が迫る隘路に三浦駅があります。山際なので線路は県道から一段高い集落の中にあり、県道から分かれた旧道で一度斜面を登り、坂を下った先にホームへの入口があります。

駅舎は無くホーム上に待合室とその隣にトイレ、駅建設記念碑があります。駐車場はホーム盛土の下に10台程度(ただし契約車用のようです)、駐輪場は無し。券売機、自販機、食堂・売店などもなし。

f:id:tkmov:20170424005153j:plain

f:id:tkmov:20170424005157j:plain f:id:tkmov:20170424005158j:plain

 

三浦駅ホーム脇には桜が並木に植えてあり、ちょうど桜吹雪となって散り始めた時期でした。

f:id:tkmov:20170424005502j:plain 津山方面の眺め

f:id:tkmov:20170424005509j:plain

f:id:tkmov:20170424005505j:plain こちらは鳥取方向

 

三浦駅は昭和38年に地元要請で設置された駅。待合室裏手にはその時の記念碑がたっています。今の県道6号沿いの集落の中で見ると特段大きな集落とは見えないのですが(失礼)、ここは日本原へ抜ける道との分岐点だし、その先には県境にかけて奥まで林道が入っているようですし、やはり林業の中継地か何かだったのですかね。そういう目で現場を見れば何か発見があったかも、と後から地図を眺めながら思うのでありました。

f:id:tkmov:20170424005842j:plain f:id:tkmov:20170424005837j:plain

昭和三年因美線の開通以来町内一致団結以而
関係方面に長期間請願愈々昭和三十八年四月
大願成就し当三浦駅は開通した此の歓びを記
念して茲に記念碑を建て後世に伝える
 昭和四十一年十月
   三浦町内会一同建之

 

f:id:tkmov:20170424005849j:plain

 

 

因美線:美作滝尾駅 (みまさかたきお)

(三浦) - 美作滝尾 - (高野)            (訪問日: 2017/04/16)

高尾駅を過ぎると因美線はR53から離れて加茂川に沿って北上し、物見峠を目指します。そして津山盆地がきれて加茂川が山を刻む直前に、美作滝尾駅があります。

滝尾駅は昔の風情を良く残した無人駅で、登録有形文化財です。(この先の若桜線の駅も多くが登録有形文化財に指定されています) 多くの無人駅では発券窓口がふさがれて事務室が見えない駅が多いのですが、滝尾駅では窓口も開いていて有人駅の時代の雰囲気が分かります。寅さんのロケ地にもなるのもむべなるかな、というところです。

券売機はなく、トイレは駅舎から少し離れて設置。自販機も駅舎には無く、広場の反対側においてあります。駐車場、駐輪場の区画は無いですが、駅前広場に車なら10台位、自転車も数十台程度なら停められそうです。

どうも駅舎の昭和前半期の風情を残すため、現代を連想させる自販機や車両等を駅舎から離すようにしているのでしょう。結果として下の写真の様に、駅舎だけ広場の中にポツンと佇むように建っていますが、なんか映画のセットのような感じで、果たして駅として良いことなんだろうか。線路と駅を訪ね歩いていると、確かに古風な駅に出会うのが楽しみではありますが、古風を保つためにこういう孤立した風景になっているとすると、少し違うような気がします。まあ、もしかしたら昔からこういう風景だったのかもしれませんが。 塩屋駅備後矢野駅、亀嵩駅のように生活に密着したままでも風情があると思うんですけどね。

 

f:id:tkmov:20170423003600j:plain

f:id:tkmov:20170423003605j:plain

f:id:tkmov:20170423003609j:plain

 ホームから鳥取方面を臨みます。ホームの先で線路がクランク上に曲がっているので、昔は対面ホームにもう1本線路があったのだと分かります。この日はホームから写生する人あり。

f:id:tkmov:20170423005944j:plain

 

f:id:tkmov:20170423010201j:plain

因美線の駅にはいくつか、鉄道開業70年(S17)の記念碑の立っています。

f:id:tkmov:20170423010306j:plain

 

滝尾駅には木製の建物財産標が残っていました(木製を見たのは4つめですが、書式は亀嵩駅とおなじです)。このタイプは皆(亀嵩駅三保三隅駅も)、ホーム側の駅舎軒下についています(備中神代はたぶん移築されている車寄せに付いているので例外)。

f:id:tkmov:20170423010307j:plain

f:id:tkmov:20170423010311j:plain f:id:tkmov:20170423010259j:plain

 

 

f:id:tkmov:20170423011926j:plain

f:id:tkmov:20170423011931j:plain

因美線:沿線-屋根瓦

因美線沿線                        (訪問日:2017/04/16)

前から旅先では屋根棟端の飾り瓦(いわゆる鯱)を観察していますが、因美線の岡山側には、広島加茂盆地と同じようなりっぱな鯱を付けた家がいくつか見られます。こちらの特徴は皆黒瓦であること、羽飾りタイプが半分くらいを占めること。

鳥取市内にも魚タイプの瓦があったので、ここから因美線沿いは飾り瓦の領域という事になります。

 

高野駅付近の国道53号沿いの「魚タイプ」+「羽飾りタイプ」

f:id:tkmov:20170422010134j:plain

高野駅北の「羽飾りタイプ」

f:id:tkmov:20170422010135j:plain

三浦駅手前の「魚タイプ」

f:id:tkmov:20170422010129j:plain

三浦駅前の「魚タイプ」+「羽飾り」

f:id:tkmov:20170422010131j:plain

 

 

 

因美線:高野駅(たかの)

(美作滝野) - 高野- (東津山)              (訪問日: 2017/04/16)

高野駅から県道345、R53で北上して加茂川にぶつかる所に高野駅があります。駅舎はきれいな赤瓦葺き、舎内は無人駅で券売窓口は板で閉鎖されています。券売機、自販機は無し。駅前津山側に10台程度止められそうな空地の駐車場があり、駐輪場はなさそう。トイレはホーム内。周囲は田園地帯なので売店、食堂もなさそうです。

駅舎の屋根瓦の雰囲気は伯備線等で使っている青瓦と似た雰囲気です。もしかしたらJRマークのある鬼瓦が乗っていたのかも、と思うとちょっと後悔です。

f:id:tkmov:20170422001200j:plain

駅舎内部

f:id:tkmov:20170422001453j:plain f:id:tkmov:20170422001501j:plain

ホームから鳥取方向を臨む

f:id:tkmov:20170422001710j:plain f:id:tkmov:20170422001714j:plain

f:id:tkmov:20170422002312j:plain f:id:tkmov:20170422002315j:plain

f:id:tkmov:20170419214656j:plain

 

下は駅からみたR53と加茂川に架かる橋。

f:id:tkmov:20170422002330j:plain

因美線:東津山駅(ひがしつやま)

(高野) - 東津山 - (津山) (訪問日: 2017/04/16)

 

春の嵐のすきをついて、昨年行きそびれた若桜線因美線の残りを走ってきました。

まずは津山駅の隣、東津山駅。国道53号に面して結構街中にあります。駅前の駐輪場は自転車で一杯なので隣の大型書店の駐車場に駐輪。この駐車場は地元ライダーの集合地点なのか、20~30台が入ったり出たりしていて、すぐ近くに津山ICがあって使いやすいのかもしれません。

駅舎は珍しい薄緑色の瓦葺。駐車場はタクシー用が4台分で自家用の区画は無し(隣の本屋の駐車場がつながっているので、実際はあまり困らないかも)。駐輪場は露天で約60代。自動販売機は設置、売店・食堂は無いけど、目の前がR53なので飲食店にはこまらず、コンビニも本屋の向こう側にあります。

駅は無人の様子、券売機はなし、改札口に切符回収箱。トイレは駅舎に隣接してホーム側に面して設置。 因美線はこの駅が終点ですが、実際には姫新線の一部のような格好で、ホームも対面2面2線だけです。

f:id:tkmov:20170418005254j:plain

f:id:tkmov:20170418005257j:plain

f:id:tkmov:20170418005301j:plain

f:id:tkmov:20170418005304j:plain

f:id:tkmov:20170418005308j:plain ホームから駅舎を臨む(高野駅方向)

f:id:tkmov:20170418005528j:plainf:id:tkmov:20170418005529j:plain

f:id:tkmov:20170418005619j:plain

f:id:tkmov:20170418005621j:plain

 

呉線:川原石駅(かわらいし)

(呉) - 川原石 - (吉浦)           (訪問日:2017/03/19)

呉市街地から西進して海岸通りのR31から1本山側に入った旧道から川原石駅にアプローチ。旧道から線路が見えたので、いつものとおり勘で入ってみたけど、階段道なのでバイクを置いて線路沿いに広島方向に向けて歩きです。

f:id:tkmov:20170320235805j:plain f:id:tkmov:20170320235813j:plain 跨線橋から広島方面を臨む。

線路沿いの路傍(というか庭先)にある開駅記念石碑、昭和33年の再設置時のものらしいのですが、川原石駅はここから600mぐらい広島寄り。川原石駅は1999年に500m移動しているとの事なので、以前の駅近くという事なんでしょう。

f:id:tkmov:20170321000038j:plain f:id:tkmov:20170321000042j:plain

 石碑から更に広島方向に、アンダーパスを通って進むと旧駅のホーム(だと思う)に出ます(でもホームにしては高さが足りないような気がする)。写真はちょうど通過する広行き快速。

f:id:tkmov:20170321000852j:plain f:id:tkmov:20170321000859j:plain

旧駅ホーム(?)から現駅までは細道を曲がって、港町小学校の脇を抜けて

f:id:tkmov:20170321001259j:plain f:id:tkmov:20170321001304j:plain f:id:tkmov:20170321001307j:plain f:id:tkmov:20170321001321j:plain

こうしてようやくたどり着いた川原石駅。といってもR31が並走するので、国道からなら50mくらいで着きますけどね。

盛土上のほぼ橋上駅でホーム上に待合室とトイレあり。自動改札機(扉無)と券売機(ICOCAチャージ機能付)設置。売店、自販機はなし。山裾の地形のため駐車場なし、駐輪場は盛土下に約300台分あり。

f:id:tkmov:20170321002903j:plain

ホームから呉方面の景色と海側(下り線)ホームの改札口

f:id:tkmov:20170321003138j:plain f:id:tkmov:20170321003150j:plain

f:id:tkmov:20170321003907j:plain

f:id:tkmov:20170321004016j:plain ホームが防音壁(?)に囲まれているので、手を伸ばしてパノラマを撮ったので、すこし繋ぎ目が変なのはご容赦ください。防音壁がなければ、山裾の家々に囲まれた風景が見えるのに。

 

<おまけ>

f:id:tkmov:20170321004315j:plain 駅前の昭和一桁の風情のある家。

f:id:tkmov:20170321004346j:plain 線路に並走する旧道に面する旧家の蔵

f:id:tkmov:20170321004352j:plain 旧道角地にある旧家。戦時中には漆喰を黒く塗ったのですが、ここまで真っ黒にした家は見たことがない。その左隣の家壁は、昔の海自集会所の壁と同じような装飾です。