tkmov(バイクとローカル線と)

バイクでローカル線を巡るという、少し変なブログ

姫新線:富原駅 (とみはら)

(月田) - 富原 - (刑部)                (訪問日: 2018/06/17)

刑部駅から峠を越えて美作国にはいると姫新線は、旭川の支流の月田川を縫って真庭に下ってゆきます。富原近くでもまだ「第14橋梁」。

f:id:tkmov:20180904232425j:plain

このあたりは林業地帯なので、田畑が見えない山間にも割と大きな集落があります。ここ富原もそう。
f:id:tkmov:20180904232438j:plain

 

富原駅は木造平屋(一部二階吹抜け) の板葺(木賊葺(とくさぶき)というのか?)、林業の街らしく木材をたっぷり使った造りです。中央の尖塔部分が駅待合室で左手は研修所か物品展示場、右手は事務所やトイレ。委託販売の事務所らしき感じですが今は無人化しているのかも(土日だけ休業の駅も多いのでよく分かりませんが) 自動券売機、飲料自販機は無し。駅舎左手に駐車場が4~5台分、駐輪場は駅舎右手に25台くらい、左手に30台くらい。隣の公民館と共用かもしれません。駅前には雑貨店など数軒ですが、直ぐ近くの富原はそこそこの集落なので、何がしかの店があるのでは?

f:id:tkmov:20180904233231j:plain

f:id:tkmov:20180904233236j:plain

ウッドベースの待合室の内装。待合室奥の扉を抜けて階段を上がるとすぐにホームです。
f:id:tkmov:20180904233956j:plain

f:id:tkmov:20180904234000j:plain f:id:tkmov:20180904234002j:plain

ホームに出らすぐに待合所。ホームは1面1線でホーム長は147歩。反対側には使われなくなったホームが藪に飲み込まれつつあります。

f:id:tkmov:20180904234316j:plain

f:id:tkmov:20180904234321j:plain

f:id:tkmov:20180904234324j:plain

 藪にのみこまれる廃止ホーム上で、朽ちるに任せた案内板。
f:id:tkmov:20180904234633j:plain

f:id:tkmov:20180904234707j:plain f:id:tkmov:20180904234710j:plain

今回建物財産標は未確認ですが、ホーム上待合所の柱には、それらしい跡が。きっとペンキでぬりつぶしちゃったったので捨てたのか。