tkmov(バイクとローカル線と)

バイクでローカル線を巡るという、少し変なブログ

山陰本線:仁万駅 (にま)

(五十猛) - 仁万 - (馬路)                   (訪問日: 2018/06/09)

鳴き砂で有名な琴が浜は馬路駅前でしたが、そこの砂を使った大砂時計があるのは、ここ仁万サンドミュージアム。仁万の街が少し内陸に入り込んでいるので、ミュージアムも浜辺から離れた所にあるんですよね。

f:id:tkmov:20180613235438j:plain

サンドミュージアム前の国道9号を少し進んだところで、線路を越えて海側から仁万駅に入ります。下の写真は仁万駅前通りの様子。
f:id:tkmov:20180613235957j:plain

この地域はかつて「邇摩(にま)郡」「仁摩(にま)町」ですが、小字名は「仁万」なので駅名は「仁万駅」。ああ、ややこしい。仁万があまり大きい街というイメージが無かったのですが、意外なことに(失礼!) 仁万駅は有人駅(営業時間は7:00~18:00)。木造平屋瓦葺で、瓦は山陰でよく見るJRマーク付きの青瓦。自動券売機あり、トイレあり。駅前に送迎用に2~3台の駐車スペースあり、駐輪場は駅舎左手に屋根付きで約100台。駐輪場の先には(たぶん契約車用の)駐車場あり。建物財産標は確認できず。

f:id:tkmov:20180614000145j:plain

f:id:tkmov:20180614000151j:plain

待合室にあったらしいキオスク跡には自販機と、仁摩タクシーの事務所がはいっています。その他に売店・食堂は無く、駅前の売店も閉店中の様子。まあ国道9号まで出ればロードサイド店がいくつかあります。

f:id:tkmov:20180614000157j:plain

f:id:tkmov:20180614001542j:plain

ホームは島式ホーム1面2線、ホーム上には木造待合室があり。ホーム長は179歩。下の写真は江津方面と大田市方面。

f:id:tkmov:20180614001537j:plain

f:id:tkmov:20180614001549j:plain

f:id:tkmov:20180614002356j:plain f:id:tkmov:20180614002402j:plain

f:id:tkmov:20180614002407j:plain