tkmov(バイクとローカル線と)

バイクでローカル線を巡るという、少し変なブログ

只見線:会津桧原駅 (あいづひのはら)

(滝谷) - 会津桧原 - (会津西方)                    (訪問日: 2018/10/14)

会津西方駅から会津桧原駅へは、只見線がもう一度只見川の右岸に渡ってしまって並走路が無いので、会津宮下駅まで引き返して沼田街道(国道252)で東に向かいます。

下は会津宮下駅を過ぎたところで、只見線は川沿いに、沼田街道は段丘上に登って分かれてゆくところです。
f:id:tkmov:20181208235957j:plain

川から離れて国道252が通っているところが高台になっていて、そこからもう1段下りた段丘上に桧原集落と旧街道、只見線が通っています。下は桧原集落と桧原駅の入口。駅は農家の裏庭にひっそりと立ってます。
f:id:tkmov:20181209000557j:plain

f:id:tkmov:20181209001424j:plain

会津桧原駅は駅舎は無く、ホーム脇に待合所待合所が1棟ある無人駅。待合所には券売機、改札機、飲料自販機などは無し。駅前もすぐに畑なので駐車場、駐輪場は無し。(待合所の近くはきつい傾斜なので、バイクも駐輪できないです)

f:id:tkmov:20181209001600j:plain

f:id:tkmov:20181209001605j:plain

丸屋根円筒形で前後対称のメルヘンチックな面白い形の待合所。壁にかかれた注意書きを最初「落雷注意」と誤解したのは、瀬戸内出身者としては許してほしいです。ホームは1面1線で64歩、下の写真はホームから見た会津柳津方向。

f:id:tkmov:20181209001612j:plain

f:id:tkmov:20181209003211j:plain

f:id:tkmov:20181209003122j:plain f:id:tkmov:20181209003126j:plain

駅名標にはかすかに「桧原」を書換えた跡がありますが、檜原から駅名変更したのは1994年とのこと。この駅名標はもっと新しそうに見えますけどね。

ここにもあった多雪型地上栓。木枠には入っていないけど、代わりに消火栓標識が3m位上まで伸びているのを見ると、冬場の積雪量が想像されます。

f:id:tkmov:20181209003943j:plain