tkmov(バイクとローカル線と)

バイクでローカル線を巡るという、少し変なブログ。訪問駅のリストは、カテゴリ「事務連絡」の中の「駅名リストのリスト」から辿る事が出来ます。

山陰本線:中山口 (なかやまぐち)

(赤碕) - 中山口 - (下市)                      (訪問日: 2019/04/28)

山口駅から田園地帯を走って、甲川を越えて隣の扇状地に入ったところが中山口駅です。行政的には西伯郡大山町ですが、この中山地区からはかつての東伯郡だったはずで、米子と倉吉のちょうど中間にあたるという事ですね。

地理的にも大山の真北にあたって、屏風のような山体を正面から望むことが出来き、また駅前の県道をまっすぐ登れば大山寺へも通じてます。

f:id:tkmov:20190506141632j:plain

 

山口駅は正面を大山側に向けているので、国道9号から入るときは一度山陰本線をアンダーパスでくぐって南側からアプローチすることになります。山陰本線で大山側を向いている駅は、伯耆大山、大山口、中山口の3駅だけですが、どれも登山口っぽい駅名ですね。

山口駅は下の写真のように、中央に待合室、左右に駐輪場、左手にトイレを備えた木造瓦葺の無人駅とみえますが、この地上施設は駅機能がない(中央の待合室はベンチがあるだけ)ので単なる駐輪場のように思えます。で、駅施設としての待合所はホーム上にあります。(こういう感じでとりあえず思い出すのは、旧三江線香淀駅かな)
f:id:tkmov:20190506142310j:plain

地上施設の駐輪場はこんな感じ。完全に屋内式ですが、一応バイク用の区画も1/4確保されています。(取り回しはちょっと苦しいですけど)  駐輪場は約50台分、駐車場はこの駐輪場の右手奥の線路わきに数台分があります。駅に売店などはなく、近くの簡易郵便局が雑貨店兼業のようにも見えますが、日曜閉店中のため確認できず。
f:id:tkmov:20190506181803j:plain

ホームから地上施設の駐輪場を見下ろしたところ。「JR中山口駅」という看板があるので、一応JRの施設なんでしょうかね。
f:id:tkmov:20190506182307j:plain

 

ホームは1面1線の棒線駅で、ホーム上には屋根と待合所が一棟あり。ホーム長は227歩(棒線駅にしてはちょっと長い)。自動券売機は非設置。下の写真はホームから見た倉吉方面。
f:id:tkmov:20190506182801j:plain

こちらは米子方面の様子。左側のフェンス下に駐車スペースが見えます。
f:id:tkmov:20190506182804j:plain

f:id:tkmov:20190506183539j:plain

f:id:tkmov:20190506183542j:plain