tkmov(バイクとローカル線と)

バイクでローカル線を巡るという、少し変なブログ

境線:沿線-水木しげるロード

(訪問日: 2018/09/07)

境港に、かわった和菓子があるというので、台風と秋雨前線の隙をぬって走ってきました。境港の近くのバス待機場に駐輪後、東へ向けて水木しげるロードを散策して、東端の水木しげる記念館のとなりの妖怪食品研究所が目的地です。

f:id:tkmov:20180909021410j:plain

f:id:tkmov:20180909021413j:plain

 

ここで売っている「目玉おやじ」はこし餡と練り切りで出来た、リアルな目玉おやじです。お土産用には体はついてませんが、食べ歩き用に、体を模した串がついたのも売られてます。
f:id:tkmov:20180909021416j:plain

f:id:tkmov:20180909021419j:plain

店名がキャッチ―で店内には骸骨がひかえてますが、お菓子自体はお茶うけに合う上品な味で、お使い物にもピッタリです。見た目さえ受け入れられるならば、ですが。

f:id:tkmov:20180910001700j:plain

f:id:tkmov:20180910001705j:plain

f:id:tkmov:20180910001812j:plain

 

一つだけ見れば一人の目玉おやじですが、15個入詰め合わせもあって、15人の目玉おやじに見つめられると、百鬼夜行図の格子戸に宿る目玉の妖怪を思い出してしまいます。