tkmov(バイクとローカル線と)

バイクでローカル線を巡るという、少し変なブログ

赤穂線:伊里駅 (いり)

(日生) - 伊里 - (備前片上)                  (訪問日: 2017/11/04)

日生を過ぎると赤穂線は片上に向かって内陸に入ります。というか、赤穂線沿線は干拓が進んでいるので、あまり海沿いに走る部分は無いですね。道路も国道250から離れて、岡山ブルーラインの下の道を北上。日生から片上まで海岸線を通すより、旧街道に近い伊里を通したかったのでしょうね。
f:id:tkmov:20180212102618j:plain

伊里駅に入る線路脇の道路。
f:id:tkmov:20180212102626j:plain

伊里駅はコンクリートブロック製の平屋無人駅。待合室隣の事務所は食堂になっています。食堂のはいっている駅舎は久しぶり。駅前ロータリーに加えて駅北側に駐車場が約10台分、屋根付き駐輪場に約100台分。自動券売機はなし。
f:id:tkmov:20180212104340j:plain

f:id:tkmov:20180212104345j:plain

何か懐かしい、長円形の改札駅員用の立哨枠(正式にはどう呼ぶのだろう)。もともとある程度乗降客のいる駅にしかなかったでしょうし、そういう駅は自動改札に切り替わるので、今ではあまり見かけない。最近見たのは旧出雲駅のものぐらいです。

f:id:tkmov:20180212104351j:plain

ホームは1面1線、片上方面をのぞむ。
f:id:tkmov:20180212105506j:plain

建物財産標は金属製ですが、色合いからするとブリキ製。金属製は普通、黒地白文字なのですが、これは後のアクリル製と同じデザインという点では少し特殊。
f:id:tkmov:20180212105511j:plain f:id:tkmov:20180212105515j:plain

f:id:tkmov:20180212105519j:plain

f:id:tkmov:20180212105527j:plain

駅から川を渡った所にある友延集落の様子。
f:id:tkmov:20180212111329j:plain