tkmov(バイクとローカル線と)

バイクでローカル線を巡るという、少し変なブログ

若桜線:若桜駅 (わかさ)

(丹比) - 若桜                   (訪問日: 2017/04/16)

因美線から分岐して次は若桜線。訪れたのは桜の季節でしたが、約1月後れの投稿です。

因美線から若桜線に入るには郡家駅で分岐ですが、バイクで行くには河原駅まえの県道を通ってバイパス、とりあえず終点の若桜駅まで国道29号を東進します。正面には氷ノ山に続く山並み、今までのなだらかな中国山地とは少し違って険しい表情。

f:id:tkmov:20170601214604j:plain

 登録有形文化財若桜駅。開業時の雰囲気やSL設備を残す観光名所で、この日も何人もの観光客が訪れていました。駐車場は駅舎右手に約20台位、駐輪場もあるとは思いますが未確認。自動券売機は無く窓口での購入です。ホームに入るには入場券ではなく入構券(硬券)300円を購入し、一緒に入構証をもらうのでそれを付けて入ります。

f:id:tkmov:20170601214712j:plain f:id:tkmov:20170601214856j:plain

f:id:tkmov:20170601214723j:plain

f:id:tkmov:20170601215625j:plain

操車場奥の転車台、給水塔とC12と桜並木。

f:id:tkmov:20170601215855j:plain

f:id:tkmov:20170601221151j:plain f:id:tkmov:20170601221419j:plain

f:id:tkmov:20170601221610j:plain f:id:tkmov:20170601221624j:plain 駅名標国鉄時代の様式のままですな。

若桜町の市街地。播州からの街道筋なので昔の佇まいが残りますが、同じ街道町の東城や矢掛と比べると人通りが少ないのは否めない。

f:id:tkmov:20170601221756j:plain f:id:tkmov:20170601221821j:plain

若桜町では処々でこういう人形が街中に並んでいます。昼間にみるには微笑ましいですが、夕闇夜陰で見るとちょっと心臓に悪いような。若桜線の駅にもそれぞれ置いてありますが、暗がりに置いてあるとギクッとしてしまいます。

f:id:tkmov:20170601221934j:plain

f:id:tkmov:20170601223013j:plain