tkmov(バイクとローカル線と)

バイクでローカル線を巡るという、少し変なブログ

小海線:八千穂駅 (やちほ)

(高岩) - 八千穂 - (海瀬)                    (訪問日: 2018/10/13)

この日はトランザルプミーティングが昼からなので、午前中は長野県内を走り回る事にして、夜明け前から大門街道を上って白樺湖麦草峠を越え、国道299が国道141と合流するところが佐久穂町八千穂駅です。ちょうど佐久平の南端という感じの所。

国道141から千曲川を渡って旧道を少し入った所にある八千穂駅は、最近建替えられたかリフォームしたらしい木造平屋の有人駅(たぶん委託営業)。駅前ロータリーに送迎用の駐車スペースが数台と、右手奥には市営無料駐車場が数台分、それから道路の反対側には月極駐車場は約30台分です。駐輪場は確認できず。駅舎左手には喫茶レストランがあります(朝早くて営業中かどうかは未確認ですが)。自動券売機は無し、飲料自販機もなかったように思います。待合室には既にストーブが出てました。

f:id:tkmov:20181111010026j:plain

f:id:tkmov:20181111010106j:plain

f:id:tkmov:20181111010111j:plain

f:id:tkmov:20181111010116j:plain

ホームは2面2線で、対向ホームへは佐久側の端から構内踏切で渡ります。ホーム長は119歩。
f:id:tkmov:20181111010935j:plain

下は小海方面。
f:id:tkmov:20181111010943j:plain

こちらは佐久方面
f:id:tkmov:20181111010948j:plain

対向ホームの待合所と水車の模型。
f:id:tkmov:20181111011528j:plain

小海方面行きの普通列車の入線
f:id:tkmov:20181111011532j:plain

こちらは駅舎右手にある駐車場。
f:id:tkmov:20181111012206j:plain

小海線の主要駅の駅名標八ヶ岳デザインの特別製です。あるいは観光列車"HIGH WAY RAIL 1375"の停車駅で変えてあるのかも。ホームには観光列車用の停車位置マークがありますし。
f:id:tkmov:20181111012344j:plain f:id:tkmov:20181111012359j:plain

建物財産標はホーム上の待合所と、駅横の駐車場にある燃料庫のものです。
f:id:tkmov:20181111012407j:plain f:id:tkmov:20181111012414j:plain

これは駅舎横の駐車場にある「北国の春」の記念看板。いではく氏の出身地が南牧村というともっと南ですが、高校は佐久市だったというので、ちょうどその中間地ということで、ここなのでしょうか。
f:id:tkmov:20181111013033j:plain

f:id:tkmov:20181111013042j:plain



 

姫新線:播磨徳久駅 (はりまとくさ)

(佐用) - 播磨徳久 - (三日月)                   (訪問日: 2018/10/12)

上郡から千種川沿いに智頭線をたどってきたら、佐用の近くで智頭線佐用川に乗り換えてしまいます。で、千種川沿いに走って出会うのが姫新線播磨徳久駅。徳佐(とくさ)駅は山口線にもあるので、駅名に国名が付いているのでしょうけど、漢字が違えば別物とされているのでは無かったかな。(あ、でも餘部駅余部駅は読み方がちがったか。つまり、漢字が違っても読みが一緒なら区別が必要という事ね)

出雲街道の国道179沿いの町屋から少し入った所にある播磨徳久駅。駅周辺の商店街は今再開発中です。

f:id:tkmov:20181110223929j:plain

徳久駅は佐用町商工会南光支所*1と併設の無人駅。駅左手に駐車場が40~50台分、駐輪場は屋根付きで約75台分。自動券売機(ICOCA非対応)は設置、自動改札機は無し。トイレ、飲料自販機はあるが売店などは無し、駅前の街道筋にたぶん店がありそうですが、来たのが日没後だったのでよく分かりません。(それに駅前再開発中だし)

f:id:tkmov:20181110224036j:plain

f:id:tkmov:20181110224041j:plain

f:id:tkmov:20181110230048j:plain f:id:tkmov:20181110230053j:plain

ホームは1面1線でホーム長は64歩、姫路側の閉鎖部分を入れると倍ぐらいはありそうです。ホーム反対側には廃止された対向ホームが残っていますが、路盤は駅の津山側で1本分に切り詰められています。(再開発でアンダーパスを作っているようです)

f:id:tkmov:20181110230217j:plain

f:id:tkmov:20181110230226j:plain

f:id:tkmov:20181110232132j:plain

f:id:tkmov:20181110232136j:plain

*1:付近の字名は徳久ですが、「南光」は佐用町と合併する前の町名です。こういう旧町名というのは施設名ぐらいでしか使われないので、だんだん由来が分からなくなってゆくんではないかな。

智頭線:久崎駅 (くざき)

(河野原円心) - 久崎 - (佐用)                    (訪問日: 2018/10/12)

先の河野原円心駅でも書きましたが、智頭線は高架とトンネルを多用するので基本的に駅でしか線路に出会えません。河野原円心駅から久崎駅にかけても、駅手前で少し国道373と並走するだけです。

国道から川沿いに分かれた県道で久崎集落に入った所に久崎駅があります。ここには高架下の待合所は無く、代わりに駐輪場と契約駐車場が並びますが、これは井原線沿線でよく見た風景です。トイレは階段下にありますが今は工事中。食堂、売店は無し。

f:id:tkmov:20181110000035j:plain

f:id:tkmov:20181110000045j:plain

ホームは2面2線で両側のホームに待合室が設置。見た通り無人駅で自動券売機、自動改札機は無し。ホーム長は51歩。下の写真は上郡方面。
f:id:tkmov:20181110000849j:plain

下は佐用方面の写真。駅からすぐにトンネルになって、このトンネルを抜けると佐用に着くはずです。
f:id:tkmov:20181110001221j:plain

f:id:tkmov:20181110001336j:plain f:id:tkmov:20181110001350j:plain

 

ところで、ここでも特急通過中の振動と風圧が凄い。苔縄駅では駅がカーブしていて、ホームがカーブの外側になっているので振動・風圧が凄いのかと思いましたが、直線路の久崎駅でもあまり変わりません。ホームが狭くて柵もないので、新幹線の通過よりも怖いくらい。

f:id:tkmov:20181110003154j:plain

 

 

 

智頭線 駅名

智頭線の駅名リスト

(山陽本線 上郡)
- (苔縄) - (河野原円心) - (久崎) - 佐用 - 平福
- 石井 - 宮本武蔵 - 大原 - 西粟倉 - あわくら温泉
- 山郷 - 恋山形 -
(因美線 智頭)

智頭線のその他の記事

 

智頭線:河野原円心 (こうのはらえんしん)

(苔縄) - 河野原円心 - (久崎)                    (訪問日: 2018/10/12)

 千種川は結構、蛇行がきつい川ですが、智頭線は高速化路線だけあって最短経路を橋とトンネルで抜けてゆきます。そのおかげで線路に沿って走る道が無く、河野原円心駅にも対岸の国道373から橋を渡って行くことになります。

対岸からの道から見た駅の遠景
f:id:tkmov:20181109000321j:plain

河野原円心駅は高架上の無人駅、高架下には待合室(中はギャラリーとトイレ)が、駅前ロータリーには5~6台分の駐車スペースあり。駐輪場は確認できず。券売機、自動改札機はなし、周囲は田園地帯のため食堂売店もなし。
f:id:tkmov:20181109000457j:plain

ホームは2面2線でホーム長は50歩、両側ホーム上に待合所が設置。下はホームから見た下郡方面。
f:id:tkmov:20181109001059j:plain

ホームに登る階段の途中には、近くの白旗城にちなんだ「絵馬掛所」とたくさんの合格祈願絵馬が掛けられてます。赤松円心新田義貞軍を引き受けて2ヶ月抗戦、落城しなかった故事に由来するそうです。 (でも城の名前が白旗というのは、ちょっとどうかな)
f:id:tkmov:20181109002149j:plain

f:id:tkmov:20181109002447j:plain f:id:tkmov:20181109002455j:plain

 

 

智頭線:苔縄駅 (こけなわ)

(上郡) - 苔縄 - (河野原円心)                    (訪問日: 2018/10/12)

上郡駅山陽本線から分かれ、千種川沿いに北上する智頭線国鉄時代末に新設された路線なので、このあたりは単線ながら高架になっていいます。単線、非電化、高架線という組合せは、同時期に建設された井原線と似た雰囲気です。

f:id:tkmov:20181107234540j:plain

 

苔縄駅は高架上に1面1線ホームをもつ無人駅。高架下は待合室、トイレになっています。待合室前のロータリーに送迎用駐車場が4~5台分で、駐輪場は確認できず。自動券売機、改札は無し。下の写真は下郡方面行きの普通列車が入線した所。
f:id:tkmov:20181107234748j:plain

ホームは1面1線でホーム長は51歩。下はホームから見た佐用方向。
f:id:tkmov:20181107235105j:plain

こちらは下郡方面から通過する特急。ホームがカーブの外側に位置しているせいか、通過列車の振動と風圧が物凄い。因美線で見た通過列車とは迫力が違うのは、高架線路のせいでしょうか。
f:id:tkmov:20181107235113j:plain

f:id:tkmov:20181107235934j:plain f:id:tkmov:20181107235937j:plain

f:id:tkmov:20181107235944j:plain 普通列車はだいたい1本/時間のペース。

f:id:tkmov:20181107235948j:plain

 

山陽本線:上郡駅 (かみごおり)

(有年) - 上郡 - (三石) (苔縄)                  (訪問日: 2018/10/12)

三石駅から要衝、船坂峠*1を越えて播磨に入り最初の駅が上郡駅智頭急行智頭線との分岐駅です。上郡と言えば古代山陽道の駅家、室町時代守護大名 赤松円心の根拠地、と言うぐらいしか印象が無いのですが、沿道には下の様な遺跡案内がいくつかあり、中世から街道町として栄えていたようです。

f:id:tkmov:20181028223435j:plain

JR西 上郡駅

そういう街道町にふさわしく、下郡駅は木造平屋瓦葺の有人駅(みどりの窓口あり)。財産票に拠れば大正7年築、入口両脇のランプ風街灯もそういう時代を感じさせます。自動券売機(ICOCAチャージ機能)、タッチ式自動改札機設置*2。駅前ロータリーには送迎用の駐車スペースが数台分あり、その他には有料駐車場になります。駐輪場は確認できず。売店・食堂は構内に無く、駅前に数軒の店舗あり。トイレはホーム内にあります(外にもあった様な気がする)

f:id:tkmov:20181028224047j:plain

f:id:tkmov:20181028224054j:plain

f:id:tkmov:20181028224100j:plain

ホームは2面3線、智頭急行(普通)のホームは島式ホームの岡山側にあります。下は駅舎前から見た岡山相生方面。ホーム長は幹線路線にしては少し少ない306歩。智頭急行ホームが50歩なので、その分短いのかも。
f:id:tkmov:20181028225520j:plain

下はホームから見た岡山方面。
f:id:tkmov:20181028225531j:plain

跨線橋から見た岡山方面。ホーム端にある跨線橋智頭急行ホームへの入口です。
f:id:tkmov:20181028225543j:plain

f:id:tkmov:20181028225600j:plain

 

f:id:tkmov:20181028230613j:plain

f:id:tkmov:20181028230620j:plain f:id:tkmov:20181028230626j:plain

f:id:tkmov:20181028232621j:plain

 

智頭急行 智頭線 上郡駅

島ホームの岡山側端に智頭線への乗換駅があります。JR改札を経由して入っても良いし、右に見える跨線橋で直接入っても大丈夫です。

f:id:tkmov:20181028230951j:plain

f:id:tkmov:20181028231019j:plain

JRを経由せずに直接奥の跨線橋から入った場合は、この窓口で切符を購入します。入場券が無いか尋ねたら特に無いようで、フリーパスで入場させてもらいました。

f:id:tkmov:20181028231025j:plain

f:id:tkmov:20181028231841j:plain

ホーム端の切欠き部分が智頭線のホームで、約50歩。
f:id:tkmov:20181028231851j:plain

こちらはJRを通らない場合の智頭線ホームへの入口。
f:id:tkmov:20181028231900j:plain

f:id:tkmov:20181028232333j:plain f:id:tkmov:20181028232407j:plain

(Spring-8って、このあたりにあったんだ)

 

*1:ついつい国道2号のトンネルを通ってしまったので、旧道で峠越えをすればよかったと少し後悔

*2:ICOCA対応はついこの間の9月に開始されたとの事