tkmov(バイクとローカル線と)

バイクでローカル線を巡るという、少し変なブログ

山口線:徳佐駅(とくさ)

(鍋倉) - 徳佐 - (船平山)                  (訪問日: 2017/07/16)

かつての阿東町の中心地、徳佐。国道9号から分かれて銀行の並ぶ駅前通りの奥が徳佐駅です。下の写真は国道から駅までの様子。

f:id:tkmov:20170806222620j:plain

f:id:tkmov:20170806222623j:plain

f:id:tkmov:20170806222627j:plain

久しぶりの有人駅の徳佐駅(券売所の女性が普段着なので委託販売かも)。自動券売機無く窓口で対面販売、駐車場は駅前に区画が10台分、その他にもスペースはあり。駐輪場は屋根付きで約20台分、駅に売店は無いけど周辺にいくつか店舗あり。

f:id:tkmov:20170806223417j:plain

f:id:tkmov:20170806223422j:plain

改札を出たところがすぐにホームへの跨線橋階段になっています。
f:id:tkmov:20170806223429j:plain

こちらは跨線橋から見た改札口。
f:id:tkmov:20170806223659j:plain

ホームは1面2線。下は津和野方面の景色

f:id:tkmov:20170806223901j:plain

f:id:tkmov:20170806223911j:plain

津和野から入線する列車(普通なら型式とかを書くんだろうけど、でも知らないからなあ)
f:id:tkmov:20170806223905j:plain

f:id:tkmov:20170806224519j:plain f:id:tkmov:20170806224522j:plain

下左の財産標は駅舎のもの、下右はトイレのもの。以前に見た因幡社駅トイレの大正12年より古い。(って何を比べているのか)

f:id:tkmov:20170806224526j:plain f:id:tkmov:20170806224530j:plain

で、こちらが大正7年築のトイレ。
f:id:tkmov:20170806225814j:plain

f:id:tkmov:20170806225952j:plain

 

駅前のお屋敷の屋根の棟飾りは鯱。瓦の飾りもさることながら、名草駅三谷駅とか、旧阿東町では、駅前に大きなお屋敷があるパターンが多い。

f:id:tkmov:20170806230004j:plain

 

 

山口線:鍋倉駅(なべくら)

(地福) - 鍋倉 - (徳佐)                   (訪問日: 2017/07/16)

地福駅から津和野方面の山口線は、再び旧山陰道(国道9号)沿いになり、何度か阿武川を越えながら鍋倉駅へ。

鍋倉集落から山際の県道311へ抜ける踏切脇に鍋倉駅があります(踏切脇というパターンは多いなあ)。ホーム1面1線、ホーム上の待合室のみの無人駅。自動券売機、自販機、改札機はなし。トイレはホーム入口にあり。駐車場、駐輪場は無し。建物財産標は未確認です。

駅の横はリンゴ園で、この駅から県道311にかけていくつかの観光リンゴ園があります。リンゴ生産の南限は広島県北だと聞いていましたが、ここのような温暖低地でもリンゴがとれるんですね。山口産のリンゴをあまり聞かないので、観光消費だけで市場には出ていないのかも。冬になったら販売されているリンゴを気を付けてみてみたいですね。

f:id:tkmov:20170805231703j:plain

f:id:tkmov:20170805231708j:plain

f:id:tkmov:20170805231713j:plain

f:id:tkmov:20170805233148j:plain f:id:tkmov:20170805233151j:plain

綺麗なホームのマーキング。SL(5)というのは、ここもSL停車駅という事?
f:id:tkmov:20170805233155j:plain

鍋倉駅から県道311に出たところで、観光リンゴ園が何軒か続きます。
f:id:tkmov:20170805233500j:plain

 

山口線:地福駅 (じふく)

(名草) - 地福 - (鍋倉)                   (訪問日: 2017/07/16)

地福の集落に入ったところで県道311からも離れて、踏切りを渡って地福駅へ。下の写真は地福集落の駅への道。

f:id:tkmov:20170805101421j:plain

下の写真の奥に映っているのが地福駅
f:id:tkmov:20170805101425j:plain

 

木造平屋瓦葺の無人駅、券売機、改札機はなし。トイレは駅舎右手に構外向きで設置。駐車場は駅前広場に約10台分、屋根付き駐輪場に約25台分。駅前に売店らしきはありますが日曜日のせいか営業しているのかどうかは不明。駅舎の事務所は公民館的に展示室に改装されています。

f:id:tkmov:20170805101602j:plain

f:id:tkmov:20170805101610j:plain

f:id:tkmov:20170805101615j:plain

ホームは島式1面2線(?)、ホーム上に待合所無し。下は山口方面、その下は津和野方面。
f:id:tkmov:20170805103035j:plain

f:id:tkmov:20170805103040j:plain

f:id:tkmov:20170805103402j:plain

駅に散歩に来ていた村松利文さん似のおじいさんに拠れば、駅舎前のクマ木像は近在(たぶん渡川駅の近く)のチェーンソー・アーティストが寄贈との事。このおじいさんから聞けたエピソードのいくつか。

  • ここの地名の読みは「ぢふく」と書いたはずだと思っていたが、駅名表示はいつのまにか「じふく」に変わってしまった。(これは文科省が濁音表現を「じ」に統一するよう指導しているせいと思います。それにとらわれない、観光用の駅名標は「ぢ」のままですから)
  • 数年前の大雨で地福駅の先の鉄橋が落ちた時、ここがSLやまぐち号の終点になった。無人駅なのは変わらないが、SL終点のために滞在客がたくさん来てKIOSK臨時店もできて、一時的だがかつての賑わいが戻ったとの事。*1
  • 中学時代、山口までSLで通っていたが、仁保から篠目の間の急勾配トンネルで止まってしまったことがあった。そういう時、乗客は客車から出て線路脇で休んでいるのだが、津和野から別の機関車が来るとそういう乗客を車掌が一生懸命集めて回っていて大変だった。(たしかにあんな山奥に置いてゆかれては大変です)

f:id:tkmov:20170805105145j:plain f:id:tkmov:20170805105148j:plain

この駅の建物財産標は、改装した壁面の上に貼り直してあります。篠目駅みたいに壁板で隠されたり塗りつぶされたりするところも多い中、貴重(?)
f:id:tkmov:20170805105152j:plain

f:id:tkmov:20170805105156j:plain

*1:地福駅には転車台が無いけど、機関車の方向転換はどうしたんだろう。単に私が気づかなかっただけ? それとも仮設の転車台を作ったとか、まさかバックで山口まで戻ったわけでもないと思うけど。

山口線:名草駅 (なぐさ)

(三谷) - 名草 - (地福)                  (訪問日: 2017/07/16)

三谷駅から県道311で山口線に並走、県道沿いの名草駅に到着。駅舎は無く踏切り脇の駐輪場のところからホームに上がります。ホーム1面1線、ホーム上に待合室1棟(一応扉付)、券売機、飲料自販機、トイレは無し。県道と田畑に囲まれているので店舗などは無く、駐車場も無し、駐輪場は屋根付きで25台分。

f:id:tkmov:20170805090743j:plain

f:id:tkmov:20170805090801j:plain

f:id:tkmov:20170805091408j:plain

f:id:tkmov:20170805091359j:plain

f:id:tkmov:20170805091403j:plain

駅の向かいにあるお屋敷。三谷駅と言い阿東町(阿武郡)の駅前にはこういうお屋敷があるのがお約束かな。

f:id:tkmov:20170805091530j:plain

 

山口線:三谷駅(みたに)

(渡川) - 三谷 - (名草)                  (訪問日: 2017/07/16)

渡川駅からは県道313で山口線と並走します。三谷の集落まで来て民家や商店が増えたなと思うと県道脇に三谷駅があります。

三谷駅駅舎は一度焼亡したそうで、今の待合室は再建したものですが、駅の設備ではなさそう。時刻表や連絡掲示板はわざわざ待合室の外、露天にあります。(ここが昔の駅舎のあった場所?) 露天にさらすぐらいならホーム上の待合所にいれても良いんじゃないかと思うんですけどね。

券売機なし、トイレは開業時からと思しきものがあり。駐車場は駅前に4台分の他、月極が10台分、駐輪場は屋根付きで30台。飲料自販機は無いが道路反対側のスナックにあります。その隣には旅館がありますが、やっているのかいないのか気になる。(神西駅でもこんな旅館があったような)

f:id:tkmov:20170804230723j:plain

露天に掲示されている時刻表
f:id:tkmov:20170804230751j:plain

f:id:tkmov:20170804232707j:plain

ホームから山口方向をのぞむ。これはホーム1面2線といっていいのか?
f:id:tkmov:20170804232713j:plain

ホーム上の待合所、津和野方向。下の建物財産標はこの待合所の物。
f:id:tkmov:20170804232721j:plain

f:id:tkmov:20170804233047j:plain f:id:tkmov:20170804233051j:plain

f:id:tkmov:20170804233057j:plain

三谷駅の向こう側にみえる大きなお屋敷。このあたりの駅裏には、こういうお屋敷が付いていることが多い様です。
f:id:tkmov:20170804233600j:plain

 

山口線:渡川駅(わたりがわ)

(長門峡) - 渡川 - (三谷)                  (訪問日: 2017/07/16)

渡川駅山口線は国道9号と離れて阿武川蛇行部分の対岸に移るので、こちらも県道で迂回。川沿いの県道は下のような感じ。
f:id:tkmov:20170803235545j:plain

渡川の入口にある古風な公民館。
f:id:tkmov:20170803235554j:plain

渡川駅はホーム1面1線、ホーム上に待合所(建物財産標は未確認)があるだけで、券売機、自販機、トイレは無し。駐車場は見ての通り待合所下のスペースに停めようと思えば停められます、未舗装ですけど。駐輪場は無し。周囲は売店・食堂は無く、人家もまばらですが、見ている間にも乗客の行き来があり。

f:id:tkmov:20170803235721j:plain

ホームより山口方向の景色。
f:id:tkmov:20170803235727j:plain

f:id:tkmov:20170804000330j:plain

 

山口線:長門峡駅(ちょうもんきょう)

(篠目) - 長門峡駅 - (渡川)                  (訪問日: 2017/07/16)

山口線篠目駅あたりから、阿武川沿いの盆地の中を山陰線と並走。地形的にはこの長門峡駅あたりから少しずつ上りになって、津和野手前で峠を越えることになります。阿武川はといえば、ここで日本海側に流れ出ていて、そこが長門峡というわけ。

長門峡駅はスレート葺き平屋の無人駅。出札窓口の跡があるので、昔は駅員がいたのでしょう。自動券売機、飲料自販機、トイレ無し。売店はありませんが近くの国道沿いに道の駅があります。駅舎前スペースに10台分くらいの駐車スペースあり。(駐輪場は確認忘れ)

f:id:tkmov:20170803224829j:plain

f:id:tkmov:20170803224836j:plain

f:id:tkmov:20170803224842j:plain

ホームから津和野方向をのぞむ。
f:id:tkmov:20170803225121j:plain

f:id:tkmov:20170803225132j:plain f:id:tkmov:20170803225140j:plain

山口線の各駅に貼られている山口駅長の絵手紙
f:id:tkmov:20170803225145j:plain

国道9号から見た長門峡駅
f:id:tkmov:20170803225810j:plain

f:id:tkmov:20170803225923j:plain

で、結局、時間の関係で長門峡へは入らず。