tkmov(バイクとローカル線と)

バイクでローカル線を巡るという、少し変なブログ

北松江線:大津町駅 (おおつまち)

(出雲科学館パークタウン前) - 大津町 - (武志)             (訪問日: 2017/05/01)

バタデンの北松江線出雲科学館パークタウン前駅から山陰本線と分かれ、おおむね斐伊川に沿って宍道湖北岸に向かいます。線路が斐伊川手前で北へカーブするところ、古い街並みの中に大津町駅があります。

f:id:tkmov:20170503234151j:plain 大津町付近の街道筋

 

大津町駅無人駅、券売機あり。トイレは駅舎奥にあり。売店、食堂はなし。付近は基本的に住宅が主なので売店を見つけるのは難しそう。北側のR184に出れば何かあるか? 駐輪場は屋根付きで約50台分、駐車場は駅舎南に20台分の区画がありますが、駅舎北と線路の向こう西側も駐車場になっている様子。

f:id:tkmov:20170503234244j:plain

f:id:tkmov:20170503234248j:plain

f:id:tkmov:20170503234253j:plain ホームは2面で踏切で連絡。写真は出雲市駅方向をのぞむ。

f:id:tkmov:20170503235144j:plain

f:id:tkmov:20170503235146j:plain

 

北松江線:出雲科学館パークタウン前駅 (いずもかがくかんぱーくたうんまえ)

(電鉄出雲市) - 出雲科学館パークタウン前 - (大津町)             (訪問日: 2017/05/01)

北の大津町駅から来た松江北線が西にカーブして、丘陵をかすめて今市の平地へ高架で出るところにあるのが、出雲科学館パークタウン前駅。(一畑電鉄の駅名は長い)

線路わきの歩道との間の壁に引戸つきの入口があり、すぐにホームに入れます。無人駅、券売機なし、飲料自販機有り、トイレと駐輪場(約40~50台)は出雲市駅よりの高架下になります。駐車場は駅様には見当たらず(もしかしたら高架下のどこかにあるのかも)

ホームへの入口(改名前の駅名ー大和紡前ーも併記)。線路の向こうは出雲科学館 f:id:tkmov:20170503225300j:plain

f:id:tkmov:20170503225303j:plain ホームから出雲市駅方向

f:id:tkmov:20170503225256j:plain 北松江線の南側には山陰本線。のぼりの特急が通過中。

f:id:tkmov:20170503225258j:plain 出雲市駅行きが入線するところ。

f:id:tkmov:20170503230107j:plain アルファベット表記が、変に英語が混じっているのが何とも妙な感じ。

f:id:tkmov:20170503230108j:plain

山陰本線:出雲市駅 (いずもし)

(直江) - 出雲市 - (西出雲)             (訪問日: 2017/05/01)

直江駅から国道184号で斐伊川を越えたところで国道から分かれ、北松江線大津町駅の横から掘割に沿った旧街道を通れば、今市市街とその奥にある出雲市駅に出ます。

出雲市駅に向かう途中の掘割と街道筋

f:id:tkmov:20170503200329j:plain

 

ところで、なんで駅名に「市」がつくのか、Yahoo知恵袋には「出雲大社の最寄駅と勘違いさせないため」という説明がありましたが、どちらかというと「出雲××」という国名冠駅名が多いからじゃないかと思います。もともとの出雲今市駅から駅名を変える際に「出雲」という行政地名を外せないし、かといって「出雲駅」だと出雲大東、出雲八川とかたくさんある「出雲××駅」と紛らわしい。そういえば旧国名をそのまま使った駅名を思いつかないから、命名規則で避けていたのではなかろうか。(まあ本当の所は分かりませんが、鉄道ファンの間では常識なんでしょうね)

 出雲市駅の正面には出雲大社を模した立派な玄関、駅舎内にはコンビニ、食堂、土産物店もあります。当然有人駅で券売機も自動改札機(扉式)も設置(昨年末にICOCAエリアに入ったはずなので、改札機が付いたのはその時期なのかも)。駐車場、駐輪場は電鉄出雲市駅と同様に高架下にあり、こちらは駅西側が使えます。

f:id:tkmov:20170503200429j:plain

f:id:tkmov:20170503200420j:plain 駅舎1F、待合室から改札口をのぞむ

f:id:tkmov:20170503200426j:plain 高架上のホームから松江方面

 

f:id:tkmov:20170503202002j:plain

f:id:tkmov:20170503202003j:plain

 周囲の伝統的風景にそぐわない(失礼!)高架と、高架下の駐車場にはさまれた駅舎、改札前のコンビニという風景が、茶屋町駅(宇野線)と似た印象を受けます。

 

山陰本線:直江駅 (なおえ)

(荘原) - 直江 - (出雲市)             (訪問日: 2017/05/01)

斐伊川の東側、少し丘陵が張り出して線路が迂回して回り込んでいるところに直江駅があります。駅前には出雲に続く旧道が通っていますが、食堂とかの店舗はあまり見当たりません。

街道から少し入った広場の奥に昭和17年建設の駅舎が見えますが、実はこの駅舎は閉鎖中。駅舎右側にある陸橋から、さらに駅構内の跨線橋への入口があり、券売機(チャージ機能付)とICOCAタッチ式改札があります。こういうのも橋上駅というんでしょうか。

駅前に駐車場18台分(半分は月極)、駐輪場は約60台分。飲料自販機有り、トイレは駅舎左側に設置。対向のホーム上には待合室あり。

f:id:tkmov:20170503114919j:plain

f:id:tkmov:20170503114914j:plain

陸橋から跨線橋に入る改札口f:id:tkmov:20170503114916j:plain

 

跨線橋からホームと松江方向をのぞむ f:id:tkmov:20170503175721j:plain

ホームから米子方向をのぞむ f:id:tkmov:20170503175722j:plain

 

f:id:tkmov:20170503180427j:plain

左は駅舎の、右は待合室の建物財産標。駅舎の方が建替えで新しいですね。

f:id:tkmov:20170503180429j:plain f:id:tkmov:20170503180430j:plain

ここも山陰本線に多いJRマークの瓦が葺かれています。f:id:tkmov:20170503180705j:plain

f:id:tkmov:20170503180833j:plain

f:id:tkmov:20170503180835j:plain

 

おまけ:直江駅の隣にあるアパートが、グラデーションと微妙な回転がついていて面白いことになっています。手前3軒は道路に正面を向けてますが、向こう4軒は少しずつ回転しながら壁色も薄くなっています。道路と線路の間の敷地が楔形になっていて、それに合わせて建物を回転させたんだと思います。

f:id:tkmov:20170503181259j:plain

f:id:tkmov:20170503181303j:plain パノラマ写真を撮ってみましたが、こっちからの視線ではちょっと分かり難い。

 

 

北松江線:出雲市駅 (いずもし)

電鉄出雲市 - (出雲科学館パークタウン前)            (訪問日: 2017/05/01)

GWになっても少々肌寒い天気の中、出雲方面に出発。出雲といえば出雲大社がメジャーですが、今回は一畑電車の名前の由来となった一畑薬師を目指します。(あ~、まだ若桜線の記事もアップしていないというのに)

まずは北松江線の始点、電鉄出雲市駅です。(でも確か鉄道を運営しているのは「一畑電車」という名前だったはず。それとも一畑電鉄時代につけられた駅名なんですかね。あと、なんで出雲市駅と「市」がつくのか。昔はJRと電鉄を区別するためかと思ってたんですけど、両方とも「市」が付くんですよね)

出雲市駅の改札と窓口は地上に、ホームは高架上にある橋上駅。券売機はありますが入場券は窓口での購入になります(硬券です。入鋏するかどうかも確認してくれます)。駅舎には売店・食堂はありませんが、隣接して駅ビルがあるのでそちらを利用できます(そもそも一畑百貨店ですし)。高架下が駐車場、駐輪場になっていて、平日昼間とは言えキャパには余裕があるように見えます。ちなみに二輪車は1時間以内なら無料です。

 

電鉄出雲市駅を北側駐車場から見たところ。でも入口はこちら側には無くて西側のJR駅につながる通路から入ります。

f:id:tkmov:20170503004559j:plain

電鉄出雲市駅入口。JRと比べると、少々ひっそりとしています。そういえば駅舎内を撮るのを忘れました。(きっと鉄道ファンの方がたくさんネットにあげているでしょう)

f:id:tkmov:20170503004602j:plain

 北松江線は隣の出雲科学館パークタウン前駅までの間が高架になっており、ホームは高架上。高架化が2000年頃のせいか、高架下は駅隣接地も含めてほぼ駐車場になっています。もっと昔であれば店舗が入っているんだと思いますね。

f:id:tkmov:20170503004604j:plain

f:id:tkmov:20170503004607j:plain

 

f:id:tkmov:20170503010530j:plain f:id:tkmov:20170503010531j:plain

電鉄駅の右側に見えるホテルの向こう側がJR駅です。

f:id:tkmov:20170503010533j:plain

北松江線 駅名

一畑電鉄 北松江線の駅名リスト

(電鉄出雲市) - (出雲科学館パークタウン前) - (大津町) - (武志) - (川跡)
(大寺) - (美談) - (旅伏) - (雲州平田) - (布崎)
湖遊館新 - (園) - (一畑口) - 伊野灘 - 津ノ森
高ノ宮 - 松江フォーゲルパーク - 秋鹿町 - 長江 - 朝日ヶ丘
松江イングリッシュガーデン前 - 松江しんじ湖温泉
 

その他の記事

北松江線:沿線 一畑薬師 - tkmov(バイクとローカル線と)

北松江線:沿線 屋根瓦 - tkmov(バイクとローカル線と)

 

f:id:tkmov:20170503010530j:plain  f:id:tkmov:20170503230107j:plain  f:id:tkmov:20170503235144j:plain f:id:tkmov:20170514224626j:plainf:id:tkmov:20170514224627j:plain  f:id:tkmov:20170514234201j:plain

f:id:tkmov:20170516233541j:plain f:id:tkmov:20170517215533j:plain f:id:tkmov:20170519012540j:plain  f:id:tkmov:20170520005054j:plain  f:id:tkmov:20170528001303j:plain f:id:tkmov:20170528001259j:plain

<湖遊館新> f:id:tkmov:20170527231311j:plain f:id:tkmov:20170521234011j:plain <伊野灘> <津ノ森>

<高ノ宮> <松江フォーゲルパーク> <秋鹿町> <長江> <朝日ヶ丘>
<松江イングリッシュガーデン前> <松江しんじ湖温泉>

 

因美線:知和駅 (ちわ)

(美作河井) - 知和 - (美作加茂)            (訪問日: 2017/04/16)

加茂町の盆地から県境へ向けて川沿いに進む中、県道から川を渡った先が知和駅です。訪れた日はちょうど町内マラソン大会の日で、知和駅前も選手運搬車(自動車学校の練習車ですけど)の待機場になっているし、桜を写真に撮る人も居て結構な人手です。

知和駅は木造平屋の無人駅で券売機、飲料自販機はなし。売店も周囲にはありません。駅前広場に4~5台程度の駐車スペースあり、駐輪場は屋根付きで約10台分、トイレは駐輪場横。

f:id:tkmov:20170430232429j:plain

f:id:tkmov:20170430232432j:plain

単線ホームから智頭方向を臨む。

f:id:tkmov:20170430232449j:plain

f:id:tkmov:20170430233025j:plain

建物財産標はたぶん建設時のままの金属製。 ここには鉄道七十年の記念碑はありませんが、因美線開通の経緯を書いた説明板が掲示されています。これは那岐駅にあったものと同じ、やはり因美線全通というのは記憶すべきイベントだったのですね。

f:id:tkmov:20170430233027j:plain f:id:tkmov:20170430233028j:plain

f:id:tkmov:20170430234031j:plain

f:id:tkmov:20170430234033j:plain